「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2008/08/09 (Sat) 北京オリンピック開会式

凄い演出だったなー。まずはその演出にど肝を抜かれ。
08年8月8日午後8時8分という8こだわりは、まるで米米CLUBみたいだなぁと思ったりしてたけど、映画監督・張芸謀氏の演出で繰り広げられたオープニングセレモニーは圧巻だった。
マスゲームの手法をうまく使って1000人規模のアトラクションがこれでもかと続き、人口の多さ国土の広さを感じさせられた。大勢の人間が整然と現れては引いて行く。その段取りの良さにはびっくりだ。
そして、中国の歴史の深みを見せつけられた。絵巻物や筆といった日本の文化と思っていたものが、ああ、実は中国伝来だったか?ということを嫌というほど分った。
その古い文化、伝統を、モダニズムで味付けしてスタイリッシュに見せた演出は本当にすごい。内紛、地震、大気汚染と悪いイメージ先行だった五輪を、一気にあの開会式で払拭しようとするかのようだった。こんな凄いパワーを持った中国という国の底知れない力を感じされられた……わけだけど、何故か釈然としない。

演出だけをとらえれば凄いの一言なんだけど、素直に感動できないしこりが残った。
国家の威信を賭けて、その力を全世界に誇示したいという意図が見え見えで、いやらしく感じる。

テレビで言ってたけれど、あの開会式に4兆円を超える予算がつぎ込まれているんだそうな。
日本の一年間の国防費に匹敵するとか。
チベット問題、ウィグル自治区の問題、鳥インフルエンザ、広がる格差に不満を募らせる国民、官僚の腐敗……さまざまな問題が噴き出ている中国の負のイメージをあの開会式で中国の凄さを全世界に見せつけたかのようだったけど、逆に時間がたつほど違和感が膨れてきているんじゃないだろうか。
この北京五輪を頂上に一気に崩壊へ向かっていくのではないか……とそんな予感もさせる開会式だったな。


ともあれ、幕は切って落とされた。
どんな戦いのドラマが待っているのか、期待と不安が交錯している……。

スポンサーサイト

2スポーツ | trackback(0) | comment(0) |


<<リスタート | TOP | 北京五輪応援ツアー?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/95-c6892702

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。