「よもやま日記」

身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慰安婦問題の日韓合意

0   0

日韓

地上波のニュースが信用に値しないのでBSやネットの方がよほど信頼できる。
その中で昨年からよくチェックするようになったのは「虎ノ門ニュース8時入り」。
日本がどれほど本当の歴史やニュースからブラインドを下ろされて真実を隠されているのかをつくづく感じさせられるけれど、こうやって真実に触れる機会が生まれたのはネットのおかげだろう。

年末の大きな話題に、慰安婦問題の日韓合意があった。
岸田外相が安倍総理の指示を受けて急きょ訪韓し、慌ただしく発表されたその内容には愕然とした。
これでは、「未来に謝罪する宿命を背負わせてはならない」という戦後70年の総理談話にまったく矛盾するではないか。
岸田外相が勝手に進めたわけではないことは明らかだ。

安倍さん一体どうしてしまったの?

あまりに情けなく腹立たしい合意に、思わず官邸に抗議メールを打とうとしたが、
いや待て。これには何か総理の深い考えがあるのだ……
という説も流れてきて様子を見守ってきた。

安倍総理の真意、政権の意向を知るのにはこの人の解説しかない。
ということで虎の門ニュース8時入り 木曜日の青山繁晴さんの放送を心待ちにした。

その前から官邸には獅子身中の虫、つまり韓国の工作に加担する外務省出身の大物がいて、盛んに安倍総理に圧力をかけていることも知った。
一旦は安倍総理も、それを突っぱねたことも聞いた。
そのことで安倍総理は財務省のみならず、外務省とも戦わなければならない過酷な立場にあるとも。

安倍総理は譲歩してしまったのか?

青山さんの解説によると、
今回アメリカがかなり激しく、叱責に近い調子で韓国側に日本との関係改善をせよと圧力をかけてきたらしい。
日本には、随分と丁寧な要望という形で慰安婦問題の解決をお願いしてきたそうだ。
安倍総理は、アメリカと日本の関係を対等に近い形に持っていくために、一旦アメリカからの要望を受け入れ、それまでずっと日本にボールが突きつけられていたのを逆に韓国にボールを投げるという戦略を、独自で考えに考え抜いて実行されたのだという。

しかしその結果、全世界に日本が20万人の少女を強制連行し性奴隷にしていたという誤報が流れることになった。
政府が毅然として、歴史の事実の発信を世界に発信していただくことを願うばかりだ。


関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/806-789e64ac
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。