「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/09/13 (Sun) 安全保障関連法案の速やかな可決を願う。

参議院で安全保障関連法案の採決が迫ってきた。
野党とマスコミが反対を煽り、国会前の反対集会がさも民意を反映しているかの報道がなされ、激しい妨害が行われている。もちろんこの法案は必要だし、むしろ日本が真に独立するためには足りないくらいだと思う。相変わらず自衛隊への制限は多く残っているがまずは成立させることが大切なんだと思う。
また、民主や維新などは採決欠席など姑息な手段を取りそうな雲行きだが、無責任は論争はやめて実のある議論をして速やかに可決してもらいたいと切に願う。(ちなみに多数決は民主主義の原則であり、これを衆議院の時のように「強行採決」などと批判するのは民主主義を否定することに他ならない。)

反対の理由はいくらでもあるがどれもこれも的外れなものばかり。
「日本が戦争する国になる」
「憲法違反だ」
「アメリカの戦争に巻きこまれる」
国民の不安が払しょくされない中で「もっと時間をかけるべき」

これらのワンパターンのフレーズをしつこく繰り返すことで国民に判断させないようにしているように思えてしまう。


「日本が戦争する国になる」のか?
なるわけがない。この論を展開する人は歴史の流れ、現在の国際状況が見えていない。
当時は帝国主義があり、欧米が東南アジアやアフリカなどを次々と植民地にして国力を競ってきた。
今は、多くの国が独立し(その流れに貢献したのは日本だが)他国を支配することはできなくなった。
核兵器が各国に配備された今、戦争は国の滅亡と直結する。
だから、軍備を整えその武力を背景にして外交を行うという時代になった。
そこへ、覇権主義を丸出しにした中国という存在が出てきた。
アメリカの国力が相対的に低下し、いつまでもアメリカに頼ることができなくなった。
そんな中で、一国で自分の国を守るのは難しく、他国と連携しなければならない。
他国と連携するために集団的自衛権は必要不可欠で、日本以外の独立国は当たり前に持っている権利であり、今更議論していることは他国にとっては「ハァ?」と首をかしげることだろう。


「憲法違反だ」とはよく言えたものだ
憲法をより厳格に当てはめれば、自衛隊も違憲であるし日米安保も違憲になってしまうのだと思う。
これを認めた時点ですでに憲法に違反している。
では、今更自衛隊を解体できるのか? 日本の安全保障を守ってきた日米安保を破棄できるのか? 出来るわけがない。
今更、それに憲法を当てはめて議論するのは詭弁であり、法案つぶしの姑息な手段としか思えない。
さらに言えば、日米安保とはまさに手段的自衛権にほかならず、その前文ですでに集団的自衛権に言及されている。
要するに、すでに持っている権利についてあーだこーだとごねているに過ぎない。
それを、さも国民の不安を代弁して国会で戦っているかのように振る舞う野党は卑怯である。

だいたい70年前に占領軍によって押し付けられた憲法を後生大事にし、制定時とは国際情勢も日本を取り巻く安全保障環境も激変している中で憲法9条を堅持するなど正気の沙汰ではない。
「国破れて9条あり」でいいのか。憲法を守るために日本に滅びろというのは全く以て本末転倒だ。
そもそも憲法は制定時から、変更できないように「タガ」がはめられている。
その時々で解釈を変えて運用することで日本は国際状況に対応してきた。
安全保障法案は違憲というのなら、自衛隊を解体し、日米安保を解消し、スイスのように国民皆徴兵制を採用し、徹底抗戦した上で負けるとなるや国土を焼き尽くして敵に何も残さないということが義務付けられた国にすればいい。
その覚悟が彼らにあるとは思えないが。


「アメリカの戦争に巻き込まれる」というのは本当か
中国や北朝鮮の戦略は日米同盟の分断化だ。これは兵法のイロハであって、日本弱体化のためにはアメリカとの仲を裂くことが一番効果的、ということで案の定この議論が出てきている。
しかし、この法案は安全を脅かされている日本が自国を防衛するために他国と協力連携していくということであって日本が生き残るためのものだ。アメリカの戦争に巻き込まれるというのはあまりも幼稚だ。

たとえ話でいうと、ヤクザや泥棒が家の周りにたむろしていて、たびたび裏庭に入ってくる。
当然備えは必要。鍵をかける、警報機をつける、……でもそれだけで守れるだろうか。
となり近所と協力してアヤシイ人がいれば情報共有をし、隣の人が難儀をしていたら互いに助け合う。
でも自分がヤラレそうなときは助けてと言い、隣がヤラレそうなときに助けないというのは近所づきあいが破たんする。
反対派の論理はまさにコレであって無責任極まりないものだ。


「時間をかけている」間に侵略されたら反対派は責任を取れるのか?
何だかよく分からないから「もっと時間をかけるべき」。とか「急いで決めなくてもいいのでは。」というのは、賛成反対入り乱れる中で判断できないからだと思うが、ある意味無責任だと思う。
今回の鬼怒川の災害では堤防の補強の必要が指摘されて工事をしようとしているときに50年に1度という大水害が起こった。これと同様のことが安全保障上起こればどうなるか。容易にイメージできることだと思うのだが。


マスコミへの怒り
安倍総理はたとえ支持率を落とすことになっても、国民の命と国を守る大切な法案を通そうとされている。
これでも十分ではないが大きな前進であることには違いない。

9月初めの週末に国会前で行われたデモは、産経以外のマスコミが12万人と報道したのに対して警察発表では3万人程度だった。この数字の盛り方は虚偽報道と言われても仕方ないのではないか。共産党をはじめ左翼政党が旗を振り、その中には中核派などの過激派は中国系、南北朝鮮系の外国人も多数参加していたと言われる。
逆に各地で賛成派のデモも数多く行われたがマスコミの報道は一切なかった。
このデモが民意を反映しているとはチャンチャラ可笑しい。左翼に汚染されたテレビや新聞は自分たちに都合の悪い事実を無視し、少しでも役に立ちそうなことは誇張して報道するという報道の自由を大いに謳歌しているが、いい加減化けの皮が剥がれかけている。マスコミの偏向を知る少なからぬ国民の怒りは頂点に達していると言っていい。マスコミはこのことを真摯に認めて報道姿勢を改めた方がいいだろう。

スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<祝!安全保障関連法案可決 | TOP | 京都永楽屋の手ぬぐい>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/802-10215b44

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。