「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/06/14 (Sun) 着物de歌舞伎

4月に都おどりを見に行った3人組で、「今度は着物を着て歌舞伎に行こう!」という話が盛り上がり、さっそくに大阪松竹座、六月歌舞伎、恋愛スキャンダルでマスコミを賑わせている愛之助さんの公演を観に行ってきた。

一重の時期ということで、何を着たらいいのやら、着付の先生のアドバイスをもらいつつどうにか着物を決め、帯を決め、小物を揃えてこの日に臨んだ。中には洗える一重の着物を買ったという人や、袷を仕立て直したという人など、みんなそれぞれ苦労したみたいだ。

少しでも楽に観られるようにと、チケットも2階席の最前列の通路よりを取った。
長時間着物を着て芝居が見れるだろうかと心配したが、それも取り越し苦労で十分楽しむことができた。

部隊は愛之助さんが何役をもこなし、あっと言わせる早変わりや宙乗りがあり、客席での芝居があり、最後は本物の水槽を使った大立ち回りで会場を楽しませてくれた。
それにしても何とも旺盛なサービス精神だろう。会場を縦横無尽に駆け回りよく息がきれないことだと感心してしまった。
芝居の奥深さというのとは違うけれど、気軽に歌舞伎を楽しむにはちょうどいい作品だったと思う。

IMG_1989ss.jpg



スポンサーサイト

3芝居・コンサート | trackback(0) | comment(0) |


<<花火 | TOP | 歴史的な演説>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/797-473cbce7

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。