「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/04/09 (Thu) ペリュリュー島

天皇皇后両陛下が4月ペリュリュー島へ行幸啓された。
日本軍1万名もの兵隊が玉砕した激戦の島は、今は青く美しい空と海が広がるばかり。

当時日本軍の兵士は島民を戦闘に巻き込まないために、全員パラオ本当などに疎開させたそうだ。
中には日本軍とともに戦う決意の島民もいたそうだが、日本軍はそれを許さなかった。

そのためか親日で知られるペリュリュー島では、頻繁に島に来ることが出来ない日本の遺族に変わって、日本軍の兵士の慰霊碑を守り続けてくれていたそうだ。慰霊碑を守る日本語の歌まであって、「そこまでしてくれるのか!?」と島の人の思いに心打たれた。

今回の天皇皇后両陛下が来られることが決まり、その日を祝日に制定されたと聞いて本当に驚いた。

各地で大歓迎を受ける両陛下の映像は本当に心温まるものだった。
玉砕した兵士の御霊に祈りを捧げられるお姿に、英霊も救われたのではないだろうか。

今回のご訪問は天皇陛下が20年越しで実現されたものだそうだ。
当初は、警備が整った宿泊施設がないということで見送られた。陛下はご訪問の希望をずっと持ち続けておられ、今回はどうしてもという強いご希望で、宿泊場所も初めて海上保安庁の船を使われることになり、ようやく実現することができたという。

天皇皇后両陛下の国民を思うお心の深さに改めて頭が下がる。
そして、悲惨な戦いで倒れた人々の御霊も慰められ浄化される、両陛下の「徳」というものを感じさせられた。


天皇皇后両陛下ペリュリュー島ご訪問20150409_02 s

スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<「包む」「結ぶ」文化の極致 | TOP | 大活躍のla.f(ラ・エフ)ダンガリーシャツ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/793-88943d65

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。