「よもやま日記」

身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペリュリュー島

0   0

天皇皇后両陛下が4月ペリュリュー島へ行幸啓された。
日本軍1万名もの兵隊が玉砕した激戦の島は、今は青く美しい空と海が広がるばかり。

当時日本軍の兵士は島民を戦闘に巻き込まないために、全員パラオ本当などに疎開させたそうだ。
中には日本軍とともに戦う決意の島民もいたそうだが、日本軍はそれを許さなかった。

そのためか親日で知られるペリュリュー島では、頻繁に島に来ることが出来ない日本の遺族に変わって、日本軍の兵士の慰霊碑を守り続けてくれていたそうだ。慰霊碑を守る日本語の歌まであって、「そこまでしてくれるのか!?」と島の人の思いに心打たれた。

今回の天皇皇后両陛下が来られることが決まり、その日を祝日に制定されたと聞いて本当に驚いた。

各地で大歓迎を受ける両陛下の映像は本当に心温まるものだった。
玉砕した兵士の御霊に祈りを捧げられるお姿に、英霊も救われたのではないだろうか。

今回のご訪問は天皇陛下が20年越しで実現されたものだそうだ。
当初は、警備が整った宿泊施設がないということで見送られた。陛下はご訪問の希望をずっと持ち続けておられ、今回はどうしてもという強いご希望で、宿泊場所も初めて海上保安庁の船を使われることになり、ようやく実現することができたという。

天皇皇后両陛下の国民を思うお心の深さに改めて頭が下がる。
そして、悲惨な戦いで倒れた人々の御霊も慰められ浄化される、両陛下の「徳」というものを感じさせられた。


天皇皇后両陛下ペリュリュー島ご訪問20150409_02 s

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/793-88943d65
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。