「よもやま日記」

身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ISIL報道で現れた病巣

0   0

ISILが邦人2名の人質を殺害した一連の事件は日本中を震撼させた。
残虐かつ狡猾なISILは要求をどんどん変化させ、日本の世論をあざ笑うかのようだった。

このような残忍な事件で家族を失いながら、懸命に冷静さを保ち、政府に謝意を述べ、迷惑をかけたことを謝罪しされたご家族の凛とした態度には涙が出た。誘拐されてからの日々どれだけ心張り裂ける日々だっただろう。
また政府のテロに屈しない姿勢は世界からも理解と賞賛を得たし、打ち手が乏しい中で相当の努力をされたと思う。

そんな中で気になったのはマスコミの報道のあり方だ。
早いうちから安倍総理の中東訪問での発言が引き金になったとこれを非難する論調が続いた。
これは、結果的に日本の世論を分断し、本来テロリストと戦い人質解放に向けて必死で対応に当たる政府に対して攻撃の矛先を向けるもので、テロリストの思うつぼとなる結果になった。

キャスターが政府批判の方向へ水を向けようとするのに対し、各テレビ局が承知した専門家は慎重な発言が多かった。
その場では収まるのだが、また次の日には同じことを質問し、専門家に否定されて沈黙する。
一旦は黙るものの、また次の場面では、飽きもせずに「政府の対応に問題はなかったのか」の問いを繰り出す……。

報道ステーションではゲストコメンテーターとして出演した元経済産業省の古賀茂明氏が、こともあろうに「I am not Abeのプラカードを掲げて現地を歩きたい」という趣旨の、自国の政権を貶めテロリストにすり寄る発言をして、多くの国民の反感を買ったが、当の番組側は意に介する気配もない。また同番組では、中東の日本人学校の場所と邦人数を地図入りで発表するなど、テロリストへ情報提供するかのような愚かさを露呈した。

日本は残忍卑劣なテロさえも政権批判のプロパガンダに利用する異常な国になっている。
その背景にあるのは左傾化したマスコミの報道や左翼政治家の活動に他ならない。
後藤さん解放を訴えて官邸前に集まった人々が主張するのはなぜか「憲法9条を守れ」「集団的自衛権反対」であり、この人々はなぜか北朝鮮の拉致被害者には無関心だということが指摘されている。
日本の病巣は根深いものがある。

産経新聞「イスラム国」事件で本性があぶりだされた人たち 妄言、事実誤認、不見識…」

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/787-8c1df2a7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。