「よもやま日記」

身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべての国に与えられた「固有の権利」

0   0

このほど、ようやく集団的自衛権憲法解釈の閣議決定がまとまった。

例によって左傾化マスコミはこぞって大反対。
その中でも、「日本は戦争する国になる」的論調には辟易だ。

そもそも、「集団的自衛権」という概念は、日本以外の国にはない。
「自衛権」があるのみだ。
日本が集団的自衛権を切り離して考えるのは、憲法9条の存在があるからだ。

そもそも現在の憲法は、日本を二度と自分たちの脅威にならないよう弱体化するために占領軍に押し付けられたものだ。
ところが、朝鮮戦争が起こると前言撤回とばかりに警察予備隊を作らせた。
そして、自衛のための戦力はOK(合憲)とした。
随分と虫のイイ勝手な話だが、そのおかげで自衛のための戦力を持つことが出来たわけだ。

そもそも、自衛権はすべての国に認められている。
自衛権には個別的自衛権も集団的自衛権の区別はない。
国連に加盟している国で自衛権の中の一部しか持てないといっているのは日本だけなのだ。
自衛のための戦力が認められた時点で憲法は9条を改正しなければならなかった。

平和は、戦力の均衡によって保たれる。
「やってみろ、お前もただでは済まないぞ。」それが抑止力だ。
決して平和憲法が守っているわけではない。

日本はアメリカの核の傘に守られてきただけに過ぎない。
普通の独立国家なら、当然自分で自分を守らなければいけないところを、憲法と日米安保を盾にして、その現実から目をそむけ、怠慢を続けていた日本は極めて危険な状況にある。

アメリカは「アジアへのピボット」を主張しながら、実は財政悪化のために徐々にこの地域から手を引こうとしている
もはや日本を守ろうとしないアメリカを頼っているわけにはいかなくなってきている。

なぜ、今この議論をしなければならないのか?
と反対派は言う。
冗談じゃない。今だからこそやらなければいけないのだ。
憲法改正まで待っている時間があるわけはない。

安倍総理はその重要性をよく知っているから急いだのだ。
集団的自衛権の考え方について、戦争するためでなはないことは安倍総理が十分説明しているが、マスコミ各社はわざわざ捻じ曲げ、手を変え品を変え……、中韓の援護射撃にいそしんでいる。まったくもって日本のマスコミではない。

ついでに言うと、集団的自衛権に異を唱えヒステリックに叫んでいるのは、中国と韓国と日本のマスコミのみ
その他の国はすべて歓迎しているのだ。
だから日本のマスコミは中国や韓国の情報戦という工作に加担し、共産勢力、中核派など反日勢力を守護していると言われても仕方がない。

一方、安倍総理の示された15事案というのには反対だ。
どこの国に、「この時は反撃します。」「この場合は攻撃しません」と、わざわざ教えてやる馬鹿がいるのだ。
敵はその隙間を攻めてくるに決まっているではないか。

反対派が叫ぶ、「自衛隊が血を流す可能性」、「他国の人の命を奪う可能性」についてだが、集団的自衛権を認めたから血流れるというのはどうだろう。
平和ボケに浸ってきた国民の感情論に訴えようとする姑息な議論と言える。
むしろ認めない方が、自衛隊だけでなく国民の命が奪われる可能性が高まるのではないのか

今後、関連する法律の改正では、野党とマスコミの妨害が予想されるが、ぜひ安倍政権には踏みとどまってもらいたい。

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/762-81074022
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。