「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/06/29 (Sun) 河野談話の真実

6月20日に政府が進めてきた河野談話の検証結果が発表された。
安倍総理は、「河野談話の見直しは行わない。」と明言したものの、検証は進められていた。
何故だろう? 見直さないけど真実を明らかにするとう絡めてに出たのか? などとといぶかったものだ。

その検証が発表されたが、同じタイミングで東京都議会の塩村議員に対するセクハラ野次問題がマスコミを賑わせたことで、検証結果についての報道は掻き消された。検証結果を発表されたらまずい勢力による工作活動ではないかとの見方が流れたが、あながち間違えではないだろう。
彼女が実は都議会議員の資質を疑われるような経歴の持ち主だったことも粗末の限りだった。

img13229_140625-01mail.jpg

話を河野談話に戻し……
この件に関しての6/25関西テレビ「ニュースアンカー」の青山氏の解説が秀逸だった。

それにしても、私はこれまで、「河野談話」のことを誤解していた。
日本政府が、韓国の要望を聞いて、愚かにも、強制連行と日本の責任を認めたのだと思っていた。

実は、そもそも河野談話に強制連行の事実は書かれていない。

談話発表後の記者会見で、「強制性を認めるのか」という質問に、河野洋平氏が「Yes」と言ってしまった
この会見での受け答えが、河野談話として独り歩きしているものだという。

なんたることか……。

もう一つ意外だったのは、実は今回の河野談話の検証というのは、歴史的事実関係の検証でなく談話が作られた過程を検証するものだった。

その報告書全文がこれ(URLをコピーして新規ページで開いてください)
http://www.mofa.go.jp/files/000042173.pdf#search='%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%82%92%E5%B7%A1%E3%82%8B%E6%97%A5%E9%9F%93%E9%96%93%E3%81%AE%E3%82%84%E3%82%8A%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%AE%E7%B5%8C%E7%B7%AF+%EF%BD%9E%E6%B2%B3%E9%87%8E%E8%AB%87%E8%A9%B1%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%9F%BA%E9%87%91%E3%81%BE%E3%81%A7%EF%BD%9E'

河野談話作成の過程で、何度も韓国側から「強制連行があったということにしてほしい」との要望がされ、日本側は一定の表現上の譲歩を見せても、韓国側は「それでは韓国の世論が納得しない」と承服せず……、「表現をこう変えてくれ」……「この言葉を入れて」……といったやりとりが繰り返されたことが延々と書かれている。
先ごろ国会で証言した石原元官房副長官が、「慰安婦全体について「強制性」があったとは絶対に言えない」という発言があったことも報じられている。

img13238_140625-10osawagi.jpg

結局、日本側がある程度歩み寄って、日韓合作によりまとめられた「河野談話」以下のような文章となった。
日本軍の「関与」が述べられているが、強制連行されたという文言は一つもない
むしろそれをやったのは、業者であると言っている。

「慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。」

この「関与」の内容は、今回の報告書にまとめられている。
「慰安所の設置」,「慰安婦の募集に当たる者の取締り」,「慰安施設の築造・増強」,「慰安所の経営・監督」,「慰安所・慰安婦の衛生管理」,「慰安所関係者への身分証明書等の発給」等
つまりは、無理やり慰安婦を連れてきたということはなく、日本軍はむしろ業者が不法な募集をしないよう取り締まりや、公共衛生、福利厚生に関することに関与していた。

また、河野談話本体で、慰安婦募集に加わった「官憲」というのは警察官で、当時の警察官は韓国人であったとか。

img13241_140625-13mitomezu.jpg

河野談話を取りまとめた当時の政府役人は、韓国に譲歩しながらもギリギリのところで、日本を貶めることはしなかった。
それなのに、いとも簡単に会見で不用意な受け答えをした、河野洋平氏の責任は重い。

今回の検証では、河野談話そものは見直さずして、朴政権の動きを封じるためのカウンターパンチを繰り出したものだった。
安倍総理が河野談話継承を唱えた時は、かなり失望したが、「よくぞ手を打ってくれた!」と安倍総理、菅官房長官、その他関係者の方々に拍手を送りたい。

外交オンチの日本にしては、かなり高等な反撃だと感心し。
しかし、これにはアメリカ側のアドバイスもあったとか。。

アンカーでは、このほかにも
アメリカ オバマ大統領の意向があったことや
アジア基金設立のいきさつと、慰安婦を生み出したのは娘を売らなければならなかった貧困問題があったこと。
韓国の反日宣伝として利用している、日本軍の性的虐待を含めた蛮行を伝える「独立記念館」にも触れている。
もちろんそこで展示されていることはすべて嘘であることは言うまでもない。

関西テレビニュースアンカー水曜日は、良心や矜持をもつマスコミがあることを示す数少ない番組だと思う。
この番組が続くことを切に願うとともに、検証チームの功績をたたえたい。


※6/25アンカーの書き起こしは、「こちらのぼやきくっくりさんのサイト」で見ることが出来ます。
今回番組の画像もこちらのサイトから借用させていただきました。



スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<すべての国に与えられた「固有の権利」 | TOP | 「玉突き」その後>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/761-7d0b0cf7

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。