「よもやま日記」

身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3台玉突き

0   0

car accident

6月の初めの通勤途中に、車3台の玉突き事故に遭った。
私の前の車が、横道に右折しようと停車していた。私は、アクセルを緩め、ブレーキをやんわり踏んだ。

事故が起こったのはその瞬間だった。
ガシャーン!! と大きな衝撃。
後ろからの車に追突された。
足がブレーキから離れて私も前の車に当たってしまった。
前との距離が少しあったので、ブレーキを緩めたのかも知れない。
ブレーキを強く踏みなおそうとしたが、アクセルと踏み間違ったらいけないと短い瞬間にグルグル考えたのだけはよく覚えている。

車を寄せようとしたら、ガリガリと凄い音がした。
何とか道の端に車を寄せたものの、はて、どうすればいい?。
まず察を呼ぶ? 保険会社に電話?
初めてのことで、どうしたらいいか分からない。

後ろの車の運転手が誤ってこられた。警察は既に呼んだという。
私もようやく落ち着いて、上司と自宅に連絡し、保険会社に一報を入れた。

警察が来て、全員の免許証と自賠責保険を確認した。
それぞれから事情を聴いて、けが人がいないことから物損扱いとされあっという間に手続きは終わった。
「あとは3人で話し合ってください」
といういことで警察は立ち去ろうとした。

ええ? これで終わり。
補償はどうするの?


私たちの疑問を察するように、警察は「あとは保険会社同士で話をすることになります。」
と説明してくれた。

レッカー車が到着するまで、警察は待っていてくれた。
幸いにも5分でレッカー車がやってきて、愛車は近くの修理工場へドックインした。

けが人がいなくて本当によかった。
みんないい人のようだったし、不幸中の幸いだった。
よかったよかった。

と思ってその日は終えたのだったが、
車の修理に140万かかると言ってきた。相手の保険では100万しか出ないらしい。
買い替える場合は50万のみ。

何ですって?!

お金が絡んできた途端に、納得できない思いが噴出。
こうやって事故がもめていくんだわ。
相手の保険会社担当者の奥歯にものの挟まった言い方にも腹が立った。
平謝りする割には納得いく説明はしてくれない。

こうなったら、何としてもふんだくってやる。
まるで守銭奴のような有様になってしまった。。


関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/759-dcf6c4a0
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。