「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/06/01 (Sun) 日本最古の伊丹の酒蔵

有岡城跡を巡る街歩きの際に、かなり時間をかけて散策したのが伊丹郷町だ。
JR伊丹駅から西側の一帯は、石畳の道が整備されていて、伊丹郷町へと連なっている。

ゆっくり歩いて10分くらいだろうか。
伊丹郷町には昔の酒蔵や古い屋敷をそのまま残していて、とてもいい雰囲気だ。
なんでも、江戸時代に栄えた酒造りの町で、灘に取って代われるまでの間、お酒といえば伊丹のお酒を指すほどだったらしい。


itami 20140524_01_ekimae 15
雰囲気のいい駅前通り


一際大きな酒蔵は、白雪酒造の「長寿蔵」。
しっくいの白と焼きを入れたこげ茶色の壁の対比が美しい。
この中にはレストランがあり、隣接した店舗ではお酒の販売もしている。

少し歩くと、「老松」という小さなお酒の店舗があった。
いかにも雰囲気のある地元の銘酒というお店だったので、入ってみることにした。
店員さんと少しばかり立ち話。
江戸時代から続く老舗で、江戸時代の番付で1位に輝いたことがあるらしい。
店内にはその時の番付の写しが飾られていた。


itami 20140524_16_itamigomachi 15
白雪の「長寿蔵」


早速にもお酒を買いたかったけど、これから歩き回るので、「後でまた来ます」と、一旦失礼することにした。
ふと見ると、店の外に水道があって、人々がペットボトルを持ってお水を汲んでいる。
お酒に使う井戸水を無料で市民に開放しているようだった。
こんな街に住めてる人々が羨ましいと思った。


 itami 20140524_25_itamigomachi 15
旧岡田家住宅


それから、老松で教えてもらった「旧岡田家住宅」を見てみることにした。
旧岡田家住宅が建てられたのは、江戸時代延宝2年(1674年)、古くは酒蔵だったようで、大きなお酒を醸造する甕や、お酒を絞るための装置だけでなく、衣類や調度品の数々まで当時のままに保存されていた。


itami 20140524_35_itamigomachi 15
店にかかる暖簾

itami 20140524_37_itamigomachi 15
土間の裏天井(小屋組)


広々とした屋敷内には、当時の設備だけでなく、パネルや紹介ビデオを流す部屋もある。
じっくりと見て回るとかなりの時間を過ごすことができた。

何より興味深かったのは、昔ながらのお酒を絞る設備や古い甕など。
また、太い柱や梁など昔の家屋は本当に立派な作りをしている。
自分の町にこんな古い文化財があればいいだろうな。

itami 20140524_50_itamigomachi 15
洗い場

itami 20140524_52_itamigomachi 15
釜場

itami 20140524_54_itamigomachi 15
搾り場


ここの酒蔵は現存する日本の酒蔵の中では最古のものだとのこと。
伊丹が日本酒発祥の地だったら嬉しいな。
それにしても身近な町にこんなお宝があったとは。
私たちの祖先が大切に築き上げてきた歴史は大切にしないといけないなとしみじみ思った。


スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<電撃の日朝交渉進展 | TOP | 官兵衛が幽閉された有岡城>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/754-5ba23085

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。