「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/05/25 (Sun) 官兵衛が幽閉された有岡城

伊丹駅前にある有岡城跡公園は、かつて黒田官兵衛が荒木村重に幽閉された有岡城があった場所だ。
ちょうど大河ドラマが前半のクライマックスを迎えているので、ちょっと足を延ばしてみることにした。

JR伊丹駅のインフォメーションコーナーで有岡城と荒木村重に関するパンフレットを見つけた。
有岡城の城壁の跡などもあって分かりやすい。それを片手に歩くことにした。

itami 20140524_04_arioka castle 15
有岡城跡公園 入口


驚いたのは、有岡城の本丸跡がJR伊丹駅のすぐ目の前にあるということ。
駅から陸橋を渡るとすぐそこに有岡城跡公園がある。
残念ながら天守閣などは全くなくて、遺構が残っているのみだったが、それでもとても興味深かった。
地元の人が集まっている中で、私と同じようにあちこち写真をっているお父さんがいた。
官兵衛が幽閉された城を見に来たのだろうか。ちょっと親しみがわく。


itami 20140524_07_arioka castle 15
礎石の跡


ここで、有岡城の造りについて少し勉強しておこう。

有岡城は元は伊丹城と呼ばれ、南北朝時代、摂津国人の伊丹氏によって建築された。
戦国時代によく見られる山城とは違い、「惣構(そうがまえ)」と言われる。
惣構(そうがまえ)とは、城下町一帯も含めて堀や石垣、土塁で取り込み城郭一体を防御する構造のことをいう。


itami 20140524_08_arioka castle 15
井戸跡

有岡城の囲いは南北1.7km、東西0.8km。その中に侍町や町屋が含まれていた。
東側を流れる伊丹川との間が崖となり、その東側には駄六川と猪名川が天然の要害となって城を守った。
宣教師フロイスによると、「甚だ壮大にして見事なる城」だったらしい。


itami 20140524_10_arioka castle 15
石垣の跡

その防御の構造としては、東側は自然の地形(段丘)を城郭に取り込み、西には「上臈塚砦(じょうろうづかとりで)。
北には、現在の稲名野神社内に、「きしの砦」と言われる土塁が守りを固め、南には「鵯塚砦(ひよどりづかとりで)」が大阪方面へ向かう街道の守りにあたっていたそうだ。


itami 20140524_12_hiri of arioka castle 15
内堀跡


有岡城跡公園を見てから、稲名野神社へ向かう前に、古い酒蔵などを保存している伊丹郷町を楽しんだ。
伊丹駅から駅前に続く道はきれいに石畳が整備され、両側には感じのいい飲食店が並ぶ。
街歩きにはもってこいだ。
伊丹と言えば、「飛行場」というイメージしかなかったけれど、歩いてみるとこんなに素敵な町だったのかと驚いた。
有岡郷町付近は江戸時代には貴族である近衛家の直轄地だったらしい。
あたりには数多くの寺社が立ち並んで、昔から開けてきた土地であることがうかがえた。
伊丹郷町については、長くなるので後でくわしく書くことにしたい。


itami 20140524_62_inanojinja 15
稲名野神社の境内


有岡城跡公園から寄り道せずに歩けば、15~20分ほどで稲名野神社へたどり着く。
神社近くの宮ノ前は「みやのまえ文化郷」と呼ばれて、「ことば蔵」というユニークな名前の市立図書館があったり、美術館があったりして、とても文化的な雰囲気だ。

本殿にお参りをしようとしたら、地元の女性が熱心にお祈りをしていたので、しばらく待ってみる。
その姿を見ながら、「この人はどんな人生を背負ってここでお祈りしているんだろう。願いが叶うといいな。」と思わずにはいられなかった。

itami 20140524_65_inanojinja 15
裏手にある土俵 


お参りを済ませて境内の裏手にまわってみると、土俵があるではないか。
今でも神前相撲が行われていたのだろうか。

さて、「きしの砦はいずこに?」
北側に歩いて行くと、木の茂みとこんもりとした土手がある。
ここが、きしの砦の土塁の跡だった。
思ったより低いように思ったが、長年の年月の間に雨で洗われたのかも知れないな。


itami 20140524_67_inanojinja 15
稲名野神社北側の土塁跡


やはりここにも、歴史の遺跡めぐりのお父さんがいて、同じポイントで写真を撮っている。
賤ヶ岳や木之本を訪れた時にも思ったことだけど、歴史は財産だ。
昔の歴史を大切にすることは本当に大事だと思う。
遺跡は過去と現代をつなぐタイムカプセルのようなものだし、町を魅力的にし、地元の人に郷土への愛着や誇りをもたらす。


itami 20140524_75 15
黒染寺


有岡城の戦いで、信長軍の調略により城壁が破られるのが、西の要であった「上臈塚砦」という。
地図を片手に歩き回り、伊丹シティホテルの南側にやってきたが、それらしき史跡が見当たらない。
辺りをぐるぐる回って、近所の人やホテルのフロントに聞いてみたけどみんな首を振るばかり。
地図を見ると、この辺りしか考えられない!という場所が、写真の「黒染寺」付近なので、仕方なくここの入り口の写真を撮ってきた。


itami 20140524_78 15 
伊丹市のマスコットキャクター「たみまる」と荒木村重がコラボした「村重たみまる」


そんなこんなで、たっぷり3時間半ほど歩き回り、いい感じの疲労感だった。
大河ドラマではちょうど官兵衛が有岡城に幽閉されるところで、グッドタイミングだった。
荒木村重は、厳重な信長の囲みを破って数人の家臣と脱出をはかり、その後、神戸元町の花隈城にも立ち寄っている。
そして、千利休に師事し、やがて秀吉に茶の道で仕えることなるというのだから、歴史は不思議だ。

歴史を知り、その土地を訪ねて古の昔に思いをはせるのは本当に楽しい。
前王朝の文書や文化を破壊し尽くす「焚書坑儒」の中国ではこうはいかない。
そう考えると日本は素晴らしい国だと思う。

スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<日本最古の伊丹の酒蔵 | TOP | 黒田氏発祥の地 木之本と賤ヶ岳>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/753-87ddbde3

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。