「よもやま日記」

身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靖国、さらにその後

0   0

あれだけ大騒ぎしていた靖国問題がここへきてフェードアウトの感じだ。
先週のニュースアンカー(水曜日)で、青山さんがこのことを取り上げていて、その解説を聞いてほっとした。

実は、昨年12月に日中間で、今年秋に北京で開かれるAPECで、首脳会談を行うことが水面下の交渉で決定しているのだとか。
安倍さんが突然に靖国を参拝したのは、年が明けると事務レベルでの調整が始まるため、このタイミングしかチャンスがなかったためらしい。
中国は報道では激しく非難しているものの、実際には反日デモを封鎖しており、またそれを察知した韓国の朴大統領の発言がここへきて軟化しているのはそのためとか。
アメリカの表明した「失望disappointed」は外交的に避難のニュアンスはないのだとか。
実際に記者会見で、この発言の意味を正した日本の記者に、アメリカの報道官は「辞書を引いたらどうだ」と言ったらしい。

さて、それもこれも普天間問題に解決の糸口が見えたことが非常に大きかったようだ。
その解決に、青山さんも尽力されたことが分かった。本当に頭が下がる。

この正月三が日に靖国神社を訪れた人は、統計を取り始めてから過去最高だったらしい。
靖国が本当の意味で、敵味方関係なくすべての人の霊を祭る、平和の象徴となる日がくることを願わずにはいられない。

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/697-3594f702
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。