「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/03/17 (Sun) 米米CLUB 大天然祭 ~大漁歌い込み~ 其の三

daitennneisai.jpeg
2013年3月9日、10日 大阪城ホール


「米米CLUB 大天然祭 ~大漁歌い込み~ セットリスト」
「米米CLUB 大天然祭 ~大漁歌い込み~ 其の一」
「米米CLUB 大天然祭 ~大漁歌い込み~ 其の二」

これ以上書けまへん、と言っときながら、やっぱりちょこっとだけ書いてみよう。

「男は女を愛していた、女も男を愛していた、道ならぬ恋だった。ココロもずれ、カラダもずれ、カツラもずれ、ズ~レズレ……」という感じの石井氏の前フリの後、あの懐かしのイントロ……。かつて、小野田商事社長の小野田平八郎と経理部ミナコの道ならぬ恋を描いた、迷曲「愛ズレー恋ズレー」。……と言えば、あの竹馬に乗ってチャチャを入れていた、新入社員の石井君の姿が浮かぶ。
今回、史上初!歌とお能のコラボが見られるとのことで、頭の中、?マークを交錯させながら見守った。
歌の途中から能装束で女面のシテ方(?)が上手から滑るように登場して、二人に絡む。お能のようでいて動きにブレイクダンスが入っていたりして、絶妙のパフォーマンス。中に入っているのは、新メンバーのマー坊か?
「汗がしたたる」「AH~」というところで、ミナコちゃん、官能のため息かと思いきや、ムチを振り回しながら素っ頓狂な叫び声(笑)。それが、魔の三角、四角関係の世界への入り口だった(笑)。

笑いすぎて記憶が定かでないが……。
JOが持っている棒(女ゆすり棒というらしい 爆)でミナコちゃんのウェストあたりをキャッチ。その棒で揺すられるミナコ。……かなり危ないネタやん(爆)。
ところが、「実は異性はダメ」だというJOの告白にミナコちゃん、愕然……。
そこへ現れた、オカマ口調の石井兄。実は兄もJOと出来ていたのだ。「ヒドイわ、妹の夫が見ている前で兄弟そろって串刺しってワケ? これじゃ“だんこ三兄弟”じゃない! “君がいるだけで”が“だんご三兄弟”に(シングルの売り上げが)抜かれたのも道理だわ(爆)」
ちなみに、これが千秋楽になると、魔の三角関係に、夫・金ちゃんが加わり“だんご四兄弟”になっていた(笑)。
ミナコちゃんはショックのあまり走り去ってしまう。が、タダではハケない。振り回すムチを縄跳びにようにして兄弟縄跳びパフォーマンスで会場を笑わせてから駆け出していった

ひどいじゃないの、ジェームス。」と、すねる石井を宥めようとするJO。そんな最中にも、石井氏はJOの持っている女ゆすり棒を手に取って「これ、持ってたら次の展開に行けないでしょ。そういう細かいところが気になるの、アタシって」と、おとめ座ぶりを発揮していた(笑)。
石井が奔放にアドリブを仕掛けて、戸惑うJOに「困ってるわね、ジェームス。」「すごい顔だわ」とか、言うもんだからメッチャ笑えた。
JOは今度は石井兄を揺らしにかかる。身悶える石井。恍惚とした表情になり「許すわ……(笑)。“ゆする”と“ゆるす”、なんか似てない? ゆすられると、ゆるせるのっ(爆爆爆)」……この展開で次の曲はやっぱり「ひっぷくらっしゅ」? なんて思ったわ。

JOは「お詫びにプレゼントを」という作戦に出る。石井は「え?ダイモンド?」と返して、プリプリのダイヤモンドを歌い出す始末。「いや、メンバーからプレゼントがある」ということで、「あのアカペラの曲に伴奏をつけた」らしい。……ここで愛の歯ブラシセット?と思った人が多数いたハズ。

濃厚なムード歌謡のイントロが流れ、ミラーボールが回り、とってもいい感じ。昭和歌謡がここまで似合うバンドは他にはあるまい(笑)。
気分よく歌いだし♪オン・サ・ロックを……♪。
おお!「オン・ザ・ロックをちょうだい」だったか~(嬉)。往年の名曲に客席が沸く。
「ウレシイわ~。もう ♪チャッチャラ~(口伴奏)♪ なんてやらなくていいのネ~」と喜ぶ石井。
ところが、歌いだそうとした瞬間、音が止み、チープなパーカッションだけになってしまう。またろうが奏でる木魚みたいな楽器(名前は何ていうんだろう)の音色が、可笑しさ倍増~!(笑) 千秋楽ではまたろうの遊び心がエスカレートし、チンドン屋風のリズムを刻んでは、石井氏に「ヤメテちょーだい!」と怒られていたっけ(笑)。

そして、1番を歌い終わると、しれ~~っとあの伴奏が重ねってきて大爆笑。この息の合い方が絶妙だと思う。ツアー直前にメンバーがインフルエンザにかかったりして十分なリハーサルが出来なかったらしいけど、とてもそんなことを感じさせない。
今回、席が遠目だったのでボンの表情がよく見えなかったのが残念だけど、メンバーが楽しんでいるのがこちらにも伝わってきて、やっぱりお米はいいな~と思った。
結局、いつものように口で ♪チャチャラ~♪ と伴奏をつけながらアカペラで歌うオンザロックだった(笑)

其の四へつづく
「米米CLUB 大天然祭 ~大漁歌い込み~ 其の四」へ
スポンサーサイト

4米俵 | trackback(0) | comment(0) |


<<米米CLUB 大天然祭 ~大漁歌い込み~ 其の四 | TOP | 米米CLUB 大天然祭 ~大漁歌い込み~ 其の二>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/639-8a134880

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。