「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/02/11 (Mon) ひょうたん柄の手ぬぐい

何故かひょうたんに心惹かれる。酒飲みが高じてかな?(笑)
ネットであれこれ調べてみると、ひょうたんは末広がり。3つで3拍子揃い(三瓢)、6つで六瓢(無病)との語呂合わせもあり、非常に縁起のいいものとされてきた。ひょうたんは健康を守り、家を繁栄させ、邪気を払う効果があるとか。


tenugui hisago 20130209_01s

昨年我が家でも瓢箪を植えていたけれど、1つ1つ大きさや形が違い、非常に愛らしくて心和んだものだった。
「ひょうたん」というと愛嬌のある漢字だけど、「ひさご」という呼び方は趣を感じる。青瓢のみずみずしい姿から夏の季語かと思ったら、「ひさご」は秋の季語らしい。

ということで、ひょうたん柄の手ぬぐいを3点。

kamawanu hyotan 20130209_01s
かまわぬ「ひょうたんつなぎ(白)」
生成りの生地に、朱、藍、鶯色のひょうたんが連なっている。折り方やものの包み方によって見え方が違って面白い。

todaya hyotan mini 20130209s
戸田屋商店「瓢箪(ひょうたん)」
一見、ひょうたんと気づきにくいが、数珠つなぎで連なって変わり縞模様になっているのが面白い。簡素化し様式化する日本の文様の美しさを感じる。

todaya hyotan 20130209s
戸田屋商店「瓢(ひさご)」
同じひょうたんでもデザインが違うと、まるで玉暖簾のよう(笑)。ころんとした丸みのあるひょうたんが連なる様子が愛らしい。

スポンサーサイト

6手ぬぐい | trackback(0) | comment(0) |


<<今年の自分チョコ ~其の壱~ (2/17編集) | TOP | 南部鉄瓶>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/631-d2d47b09

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。