「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2004/06/05 (Sat) TATUYA ISHII 2004 CONCERT TOUR 「NYLON CLUB DELUXE」 2004. 6. 5 愛知厚生年金会館<レポート②>

MC

ジョーンズ・武藤になりきってのMCは、やっぱり年金の話題だった(笑)。
「年金問題も大変だよな……俺はいいよ、だってお金いっぱい持ってるモン。」
会場「笑い」
「でもお前ら気の毒だよなぁ。まあ、真面目に払ってりゃそのうち何かいいことあるから…(笑)」

そして、──
「昨年はみんなにいろいろと心配かけてすまなかったナ。」
会場「拍手」
この反応でテッペイちゃんも吹っ切れたかも。
実際、客の方もそんなことに拘ってたらこの会場に来てないわけだし、"応援しよう" という雰囲気がみなぎっている。

「俺の名はジョーンズ・武藤。ラスベガスでショーをやってるんだ。
みんな俺のことをジョーンズって言ってくれ。
だた大きい声を出しゃいいってもんじゃないぜ。
心がこもってなきゃいけねぇ。
"ジョーンズ(愛する人に囁きかけるような言い方)"
こういう風に言わなくちゃ。じゃあ、みんなで言ってみてくれ、ハイ。」

会場「ジョーンズ」

「うーん、うーん、いいねぇ」と、一人悦に入る。
「……ビショビショになっちゃった。(爆)」

ということでメンバー紹介。
金ちゃんが私たちの席からは見えない。(泣)
よしえ姐さん人気は相変わらず。
キーボード柿崎さんがえらく体格よくなってる?
ドラム、ベースなどスキンヘッドの人が多く、「今日は皆さんご利益がありますよ。これを見たら怪我をしません。
怪我がない…毛がない、ハッハッハ(爆)」
ということで、「バンドは東京ベロベロマンチョス」
ここでバンドがチラっと演奏してくれるもんだけど、今回はテッペイちゃんの口演奏。
チャッチャラッチャラッチャーー(知ってる人は知っている、大昔の番組"ウィークエンダー"のテーマ)
このチープさがいい。

コ・ウ・カ・イ
DOROBOW
IMITATION GUY


この3曲はすべて、前回のナイロンでもやった曲。
ピーストル、ハンパチーフなど小道具使いもバッチリ揃った客席だった。
「DOROBOW」の♪君のカラダを盗ませて~♪は、やり過ぎ感がなくてよかった。

MR.MOON
?(曲名不明)


ここで、花王のマークのような三日月顔のキャラクターが登場。
Mr.シアトルに続く、新キャラクターで名前を Mr.Moonという。
このキャラクターと絡んで、藤浦さん、よしえ姐さんとで、ミュージカルナンバーのような曲を披露。
ピンクのフリンジ付衣装で歌う、姐さんがとってもキュート。
この曲、かなり気に入った。

トランペットの高らかな演奏に呼び出されるように出てきたのは、青ラメ衣装に身を包んだジョーンズ・武藤。
いやぁ、ド派手な衣装にビックリ。
聞いたことはあるんだけどタイトルが分からない外国の曲。
床に置かれたミラーボールがゆっくり回り、ジョーンズの背後から放射線状に照明を投げかける。
青ラメ衣装と一緒になってなかなかの美しさだ。
ベガスのショーという雰囲気を狙ったものか。しかし思いっきり日本人発音だった(爆)。
まだまだ個人レッスンが足りないようで(爆)。

小芝居
ミス・駒込


佐々木さんのMC。
ラスベガスのホテルの一室、椅子に縛り付けられたジョーンズ・武藤がいた。
しかし、さすがは世紀の大スター、この絶体絶命の状況にたじろぐ気配もない。

逆に、ホテルの支配人と従業員の正体を暴き始めた─。
ジョーンズ・武藤、またの名を 笠木健一こと、愛原錠、人呼んで薔薇拳のジョーによると(ハァ~、ややこし~)、
ここは国際的な秘密結社"ミラクル団"のアジトであり、二人はそのリーダー、ミラクル1号、ミラクル2号だというのだ~(爆)

そこへ、一人の女が現れる。愛原探偵事務所の千鶴子だった。
彼女の放った一発で、ロープを解かれたジョーは、なおも二人を追い詰めようとする。
しかし、"宇宙から声がした"だの、"UFOがどうの"、と、言うことがおかしい。
「お前なんかおかしいんじゃないのか?」
という従業員にジョーの自信に満ちた態度はたちまち消え失せ、
「お前も、先生とおんなじことを言う……」
「ハ? 先生?」
「僕のかかりつけの医者のことだよっ。」

テッペイちゃんの演技が、格好つけた探偵から情けな~いものになっていくところが可笑しい。
とうとう千鶴子にまで、「頭のネジが緩んでる。」
と言われる始末(爆)。
「そっか、やっぱりボク、頭のネジが緩んでいるのか……」
と、子供のように素直にナットクする。
「じゃ、そういうお前はどうしてここにいるんだ?」

ここで、千鶴子があれからの出来事を語り始める。
貨物船へ乗って消えてしまったジョーを追って単身イギリスへ渡った千鶴子はジョーに会いたい一身でそこで訓練を受け、イギリスの秘密情報部員として生まれ変わったという。

「もう、昔の千鶴子じゃないの。今の私は、イギリスの秘密情報部員、ミス・駒込よ!(爆)」

ミュージックスタート。
「ミス・駒込」(大爆笑)

スポンサーサイト

4米俵 | trackback(0) | comment(0) |


< | TOP | TATUYA ISHII 2004 CONCERT TOUR 「NYLON CLUB DELUXE」 2004. 6. 5 愛知厚生年金会館<レポート①>>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/605-aac1f303

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。