「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2004/06/05 (Sat) TATUYA ISHII 2004 CONCERT TOUR 「NYLON CLUB DELUXE」 2004. 6. 5 愛知厚生年金会館<レポート①>

■開演前

初日に観にいくのは久しぶり。
この日を目指して来た客は多分みんな同じ思いだったことだろう。親戚を見守るようなキモチ。
ただ私はファンとしてのテンションがかなり落ちていたので内心フクザツなものがあった。
それなら、名古屋まで行くなよと自分に突っ込みたくもなるが(苦笑)。

まあ、何というか、石井さんを見守ろうとするファン仲間の気持ちやら、スタッフの必死の思いを知って、久しぶりの小遠征を楽しみに出かけたのだった。

今回の遠征、メインは櫃まぶし。(爆)
急遽櫃まぶしツアーをすることになり、開園前に栄にあるとある老舗に行ってきた。
久しぶりのびゅー友たちと再会。何だかそれだけでもテンション上がる(笑)。
そのお店、黒光りするような古くて磨き上げられた柱や、きれいにお掃除された座敷が風格を漂わせている。
さらに中庭には鯉も泳いでいた。お味もおいしくて、石井さんを肴にしてライブ前の小一時間を和気あいあいと楽しんできた。

■第一部

さて、肝心のライブ。

席はラキチケで確保したもので、ラッキーなことに下手の8列目くらいのところ。
譲ってくれた方も隣にいて、しばらくお喋りして開演を待つ。

5分前を告げる合図は鐘の音だ。
緞帳は白い布製。NYLON CLUB DELUXE の文字が浮き上がる。
ステージにも NYLON CLUB と書かれた、プレート(?)があって、ランプやオブジェも付けられている。

そして、キンコンカンコン キンコンカンコンキン・コン・カンというのど自慢の合格の鐘音で、緞帳が一部分だけ引き上げられ、出てきたのは東海林小太郎だった(爆)。
車椅子に座り、点滴をつけられ、横手には医者(佐々木さん)と看護婦。
この看護婦がファンによるお手伝いというわけだ。

純愛
毒ひよこ
ドロンパ


「なるほど、こう来たか~。」
最初ニヤリとしたものの、う~ん、このハズし、どうなんやろう……?
堂々とゴージャスに真正面からやったらええのに。

問題曲「毒ひよこ」は、最初の衝撃が大きかった~。
次回アルバムに入る曲目のタイトルを見たときに既に嫌~な予感はしていたが、笑えやしない……。
声も出ず、手拍子も出来ず、ただただ、言葉を失っていた。
でも温かい目で見るとすれば、本編ではなくて前座に持ってきてくれてまだヨカッタのかも?

そんな凍り付いている私とは違って、この日の客席は温かい雰囲気だった。
恐らく6割は"ポカーン"組だったような気がするけど、4割くらいの人たちは温かく手拍子をしていた。

2曲終わってMC。
「本日は、更正した青年のお集まりになられる会に……」
佐々木医師慌てて耳打ち。
「 あ? 厚生年金?(笑) ……年金問題については私も……」
時事ネタに会場からドドっと拍手が起こる。

石井氏は「この人たち、何で集まってんの」だの、「本日はお日柄もよろしく」だの、ボケをかましながら次の曲、「ドロンパ」へ。
ドロンパ、ドドンパ、ドサンコ、など言葉遊びがほのぼのとした曲だ。

さて、このオープニング3曲には賛否慮論あると思うけど、私にはちょっと疑問だった。
キャラが前回と同じだし、新鮮味もない。
笑いを取るために衣装や小道具を使って作り込んできたけど、逆にヤリ過ぎで痛々しささえ感じる。
昨年からの石井氏のプライベートに端を発したゴタゴタを踏まえて見てしまうから、自分の落とし方が卑屈に見えてしまった。そこまで自分を落とさなくても、もっと堂々とやればいいのではないのか。
この3曲だけで帰りたくなってしまった。

後になってふと思ったのだが、同じやるなら、東海林小太郎が、ジョーンズ・武藤が年をとった姿ということにして、
若かりし頃を回想するという設定にするとか、そこまでストーリーを作りこんでたら感想も違っていたかも知れない。


■第二部

緞帳が締まった後、司会者姿で登場した佐々木さんにより第二部の開演が告げられる。
シャネルのエゴイストの香りをプンプンさせて、出てくるのはもちろんあの男^^

その前に、ここはとあるラスベガスのホテルの一室。
幕前に従業員に扮した藤浦さん登場。スタアの登場を待ちわびている様子。
支配人役の谷口さんも苛立ち気味。
……やがて、あたりに香水の香りが漂い始め、二人は気配であの男の登場を知ることになる。
「……今、声が聞こえました~」
「え、何と?」
「"サイコー" って。……彼が楽屋入りするとき"サイコー"って言ったときのショーは決まって─」
「どうなるの?」
「乱れるんです。(笑)」
二人はちょっと変体チックに身悶えながら退場。
緞帳が開き、白いマントをまとったスター、ジョーンズ・武藤登場。
手には白いトランク。
横手から差し出された契約書らしきものにスラスラとサインしながら階段を降りてくる。

トランクを下手へ置き、大げさな身振りで中なら取り出したものは、マイク?? ではなくて、大人の〇△□◎×であった。(爆)
ここで演奏されている音楽はナイロンクラブのテーマみたいな曲。
コーラスに合わせて、ジョーンズ・武藤が、デラーーーックスと囁き声で応じる。(ポーズ付)
このコテコテの展開に進むに及んでようやく私も機嫌が直った。

NYLON CLUB のテーマ(仮)
LIFE IS WONDERFUL
気まぐれ恋懺悔
君はランバダンバンバ


君はワンダホーーー!と叫んで次の曲。恐らく新曲の「LIFE IS WONDERFUL」
イントロで「名古屋大好きーーー!」
明るく晴れやかな感じのスタート。これはなかなかグッドだ。
続く「気まぐれ恋懺悔」はステージでやると一際光っていた。
シャウトした歌い方がカッコいい。テッペイちゃんの男の魅力全開~という感じ。
テンポもよく、ノレる曲です。
事実、第一部でシュンとしていた連れのサヤカ嬢が一転、ノリノリになってたし……(笑)。
この曲はもう少し後半に持ってきても良かったかも?

「君はランバダンバンバ」では巻き舌全開。
タイトルだけが"どうよ?"と思うけど、曲調は大好き。
こっちをよく見てくれたので尚更盛り上がり、「カッコええ~」を連発していた。
何だかんだと言っても、「このカッコよさの前ではすべてが消えてしまうわよ。」「この路線で行くべきよ。」

ん? してみるとこれも石井氏の計算づくだったのかな?


スポンサーサイト

4米俵 | trackback(0) | comment(0) |


< | TOP | TATUYA ISHII 2004 CONCERT TOUR 「NYLON CLUB DELUXE」 2004. 6. 5 愛知厚生年金会館<Set List>>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/604-33af2036

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。