「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2004/12/19 (Sun) SKETCH ~Book of GROUND ANGEL~ 2004.12.19 Zepp Osaka <レポート④>

(一人芝居モード)
冬の…… 冷たい、埠頭ですよ。
大阪にも埠頭があるけど、えっと、…… どこでもいいや(笑)

「で、どうするんだよ。」男が言う。女はだまってうつむく。
「どうするんだよ。」、二度聞く。
「私だって分からないわ。」
…… 別れ話だったんですねー。
男は、何とか止め、っていうんですか?こんな形の……
鉄のおち〇ちんみたいなやつですね、そこにこう、足をのせてタバコを吸う。
(ここで思わずマドロスさんを連想)

「帰ろうや。」
「ひとりで帰って。」
「どうやてこんなところから帰るって言うんだよ!」
「歩いて帰るわ!」
「乗れよ。」
「嫌よ。」
男が女を追う、女が逃げる、車のまわりをこうやってクルクル回る(笑)。

男はさっさと車に乗ってしまう。
女は何か独り言をいってる。
何を言ってるか聞こえず、口だけが動いている。
気になって、窓を開けてみた。

女は、「愛してる…… 愛してる…… 愛してる…… 」
と、繰り返していた。

思わず外へ出て、…… クルクル回りながら(笑)、女を追う。
そして──、(抱きとめようとする仕草)

じゃ、次の曲──(爆)
(客)ええーーーー!
へへへへっぇ (むっちゃ嬉しそう。)── 『SCENRIO』

この曲は嬉しかった。

SCENARIO
悲しい色やね


「SCENARIO」は大好きな曲だが、聴くのはART NUDE2002以来かな?
間奏でフィンガースナップがマイクを通し聞こえてくるのがイイ。

曲の余韻が残る中、音に紛れるようにして石井さんが何か言っている。
「アカン、負けたらアカンて。」 一瞬、KAMAKAMAを連想(笑)。

そこへ情感溢れるイントロが、もしや…… ?
その予感的中~! 上田正樹の名曲「悲しい色やね」ではないか?!

もうこれは絶品でしょう!この日のかすれ声が曲にピッタリではないか。
視線もよくて気持ちが曲に乗ってきてる感じ。
照明はグリーンとオレンジで、これも素敵だった。

曲が終わった後も、尚も言っている、
「逃げたらアカン、アカンで(笑)。」すごく可愛い言い方。

MC
LINE
GARDEN ROSE
OH MY ANGEL
ソーゼツ


MCではニューアルバムに収められた曲の紹介。
石井さんの声が涙声に聞こえる。

「LINE」は50年代の歌謡曲風といった趣き。後ろの映像は英字新聞の映像だった。

「GARDEN ROSE」はロック調。 白バラの映像。
シャウトしたり、ぴょんぴょん跳んだりと激しかった。
この2曲、ともに歌詞はほとんど分からず、ノリにもついていけず(悲)。

「ここから、ノレる曲が2曲続きます。みんな大いにノッて下さい。」
というわけで──、
聞こえてきたイントロは「OH MY ANGEL」

《ひゃー、嬉しい。》
ここで、ようやくモヤモヤ発散できた。
進歩がないと言われようが、深みがないと言われようが、
石井さんのステージには、やっぱりどこかでコレを求めてしまう。
華麗で激しい脳ミソ100グラムの世界を(爆)。

そして、「ソーゼツ」で畳み掛ける。
横浜、名古屋ではやらなかったらしい。そのためノリが尻切れトンボ状態だったのをきっちり修正してきた模様。
ダンサーが欲しいと思ったけど、もちろん客席は関係なしにガンガン踊っていた(笑)。
ラストに、客席に身を乗り出すようにしてサングラスを取り、ギラギラの眼光をサービスして退場。

即座にアンコールの手拍子。

(アンコール1)
テンシノササヤキ
未完成の自画像
カーテンコール


メンバー登場。
暗い中にポツポツと明かりが点り、星空のイメージ。

そして石井さん登場。
茶色のコートを脱ぎ、代わりに黒いジャケットを。背中には小さめの白い羽。黒の帽子。そしてその帽子の両サイドにも羽の飾りがある。
(エンジェルショーのいでたちと比べると、羽が小ぶりに、ホンモノ仕様になり、天使の輪っかがなくなっていた)

手に光の玉を持って、ゆったりとおでましになる。
ヨン様もかなわない麗しいそのお姿──(爆)
サングラスはなし。羽がそよぐ映像をバックに切々と歌う表情がよく分かる。
サビが高音域なので、どうだろう……と心配したが、そこはさすがに歌いきってくれた。
歌が終わり、客席に背を向けた石井さんは、二歩三歩と中央のオブジェへ近づいていき、手に持った光の玉をそっとオブジェの足元へと転がす。戻って一礼。

拍手の中、石井さんは下手から、額縁の枠だけのオブジェを引っ張ってくる。

石井さん:
「ええ、次の曲なんですけども、僕、米米の頃からいっぺんこういうの(額縁で歌うことか?)やってみたかったんですね。
自画像っていうのはとても難しくて、自分の顔はね、いくら描いてももっと違うハズだ、ってなかなか納得できるものを描けないもんなんです。
まあ、人間っていうのはねぇ、こうやって幾つになっても七転八倒するわけですよ。
そんな自分への応援歌ということで、今から歌うはね、きっとみんなにとっても心の応援歌になるんじゃないかなー、と思ってます。
それでは聴いてください。」

額縁のオブジェの後ろに立ち、自分を自画像に見立てる。
歌詞はよく覚えてないのですが、明るめの曲調でいい感じの曲だった。
歌う石井さんも客席を隈なく見渡しながら、想いを込めて歌っているのが分かる。この曲はすごくよかった。

「今日はスタンディング・オベーションはないかな~」と思っていたが、歌が終わり、客席がみんな立ち上がったので、私もそれに促される格好に。

メンバー整列。礼。そして退場。

客席の反応が嬉しかったのか、引っ込み際、意外なところで、生声「サンキュー!」
再びアンコール。

(アンコール2)
MC
心の言葉


石井さん登場。
出てきたと思ったら、額縁を引っ張ってすぐに退場するそぶり。

「ええーーーー」

すぐに戻ってきて、「ダブル・アンコールありがとう!」と拍手に応える。

「大阪大好き~! 大阪はいつもあったかく迎えてくれて本当にありがとう。」
石井さんの表情が何かホッとしたような、じーんとしているような、そんな雰囲気が感じられる。

「ええと、この後ね、8月にライブをやります。
俺、こういう(ステージと客席が近い)関係が大好きなんで、またライブハウスでやってみようと思ってます。
その後でね、秋冬に大きなところでパーーーっとやってみようかなと思ってますんで。ま、期待していて下さい。

それとね、今横浜の赤レンガ倉庫というところではGROUND ANGEL を開催中ですんで、東京方面へ遊びに行く機会があったら是非足を伸ばしてみて下さい。

えっと、アンコールなんですけど、曲を用意してないので、2回目になるんですけど、「心の言葉」を。
次のシングルになる予定の曲ですので、是非聴いてください。

俺、長渕とかのコンサート行ってさー、こういうの、ちょっとやってみたくて。
ということで、「左右に手を振る」のと「拳突き上げ」を客席にリクエスト。
練習までしてスタンバイOK。

曲が始まると同時にもう手を左右に振り始める。
ちょっとガニ股ぎみ。オヤジっぽい仕草(笑)。
ひとしきり、手を振らせておいて、その手を休める石井さん。
顔は、ニマーーっと笑っている。

ん?と思ったら、サビに突入すると同時に、「拳」にチェンジ。
恥ずかしそうな嬉しそうな表情がオチャメだ(笑)。

サビが終わるとまた左右に戻る。
しかし、案外キツイ(笑)。
途中、痛そうに顔をしかめてて、ブルン腕をと振り、肩を回す石井氏に爆笑。

こっちはちゃんとやってるっていうのに、石井さんはと言えば、ところどころ休みがちになり、ちゃっかりサボっている。
で、肩より上へ手を上げるのが嫌になったと見えて、どうするかと思ったら、五木ひろし風"コブシ"を繰り出した~(大爆)。
会場はほのぼのとした笑いに包まれて幕となった。

スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<不運のピッチャー 西武 西口 | TOP | SKETCH ~Book of GROUND ANGEL~ 2004.12.19 Zepp Osaka <レポート③>>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/600-7522ee71

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。