「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2004/12/19 (Sun) SKETCH ~Book of GROUND ANGEL~ 2004.12.19 Zepp Osaka <レポート②>

■開演前

この日はビュー友、ごま嬢と鑑賞した。
ごま嬢は開演前の化粧室で、初スケッチの私に意味ありげな一言を──。
「メイクはちゃんとしとかなアカンで。」
「え?別にステージからは見えへんけどなー。」
「分からへんでー。」
そして謎の微笑み。
何なん? そのいわくありげな笑いは(笑)。
問い詰めてもごま嬢は笑うのみ。

■開幕

席は1階のやや下手。ほどよくステージから距離があって、絶好の"勘違い席"だ(笑)。
開演前、インストゥルメンタル「SORA」の曲が流れる中、ゆっくり会場が暗くなっていく。
客席の後方から一筋の光がステージに差し込み、「空へのオマージュ」の台座に据えられた男の顔に光があたる。
それまで穏やかだった表情が、一転、険しい怒りを含んだ表情に変わる。

GROUND ANGEL
ANGEL THINK


ゆっくりと曲が流れ出す。
石盤に曲タイトル「GROUND ANGEL」の文字が映される。
更に赤レンガ倉庫で行われた"GROUND ANGEL"の天使の映像が編集して投影されていた。
最初の頃はなかったらしいですが、なかなかニクイ演出だ。
終わりに差し掛かってきたところで、後ろのカーテンが揺れ始め、徐々に大きくなる。

次の曲のイントロが流れる。今回のライブのための書き下ろしと思われる「ANGEL THINK」(インストゥルメンタル) 。
ライトUPして、メンバー登場。位置につく。

そして、たっぷり間をとって石井さん登場。
茶色のサングラス、キャメルより少し濃い茶色のトレンチコートに、白いシャツをさり気なく胸元を開けて着ている(襟は立ててなかった)。
胸元にはシルバーのアクセサリー。羽モチーフだったかな?(よく覚えてない)
こげ茶の鍔広ハットを背中に垂らし、流木を思わせる杖のようなマイクスタンドを持っている。
石井さんの長めの髪が、そのスタイル、セットの感じとよく合っている。
前評判ではこの長い髪があまり芳しいものではなかったが、なかなかどうしてカッコイイ。

登場早々、いきなりこちら側に視線が。目が合った~と思った人多数。
早くも"勘違い席"の効用が(笑)。

上手下手に挨拶をして、中央へ立ち、流木のような形のマイクスタンドをステッキのように斜めに流しながら、最後の部分だけ歌われた。
♪ANGEL TEHNK~♪
麗しいお姿に会場の雰囲気も一気に高揚していく感じだ。

せつない気持ち
RIVER
抱いて


1曲目は懐かしいところで、「せつない気持ち」T-STAGEのファイナル以来か?
ステッキのようなマイクスタンドを横に(ギターを持ってるつもり)、ギターのフレーズにあわせてさり気に上下に動かすのがかっこいい。

続いては「RIVER」。
高音域の張るところで喉で歌っているのが気になる。
石盤には照明が当たり"満月"のようになる。それが月食のように欠けていき、やがて満ちてくる。
最後のフレーズ♪夢が叶うまで~~~~♪の伸ばしでのビブラート、いつもより強く長い。

さらに「抱いて」。
♪おぉ~ というセクシーボイスは健在。
それを聴いても、自分の中に『ヒューーーー!』という気持ちが湧いてこない。
どうしてやろ?バンド編成のためか、セクシーというよりは力強いだったからかな。

■MC

石井さん:「ようこそ、スケッチへお越しくださいました。
この師走の慌しい中、数あるアーティストがライブをやっていますが、石井を選んでくれたみなさんは日本を背負ってたつ方々です(笑)。

今日はね、こういう4人編成のバンドを組んでみました。
普通バンドやる人っていうのは、こういう編成からスタートするんですが、僕はなんせ米米でしたから(笑)、もうデビューした時から12人いたんで、最初からビックバンドだったんですよ。
それでね、一度、こういう基本に立ち返ってやってみようかと思って……。」

そして、メンバー紹介。
ドラムの人が、「妖術、、」とか言いながら呪文を唱える手振り。
怪しい…。(石井さんのリクエストであることはミエミエ)

名づけて、ザ、エンジェルマンズ。エンジェルマンズのズは「お酢」の「酢」と書くらしい。

さらにMCはつづく。
「台風10個も来ましたね~。大阪も夏は暑かったでしょ。45度とかになってましたもんねー。」

「いやいや。」
客席のあちことから、みんな思い思いに、ツッコミの呟きを入れている。

狙った反応が返ってきて、張り切る石井氏(笑)。

「だから、、物事は大げさに言ったほうが面白いでしょ。そんな38.5度とか、ちまちましたこと言ってみても、っとも面白くないじゃないですか~。」
「いやぁ、しかし、人生何が起こるかわかりませんね、人生は波乱万丈ですよ。」

というわけで、曲は「ハランバンジョー」

ハランバンジョー
MY LOVE
夢の迷い道で


演奏にあわせてやたらとピョンピョン跳んでいる石井さん。カッコいい、とは言えない(笑)。

続いて懐かしの(といってもドラガジでやってた?)「MY LOVE」
それまでのローテンションが一気に盛り上がる(やっぱり米曲は懐かしい)。
しかし、ちゃんと振りを覚えていないなぁ(悔)。

そして、♪愛してる~♪のところで、私たちの席あたりに視線が。
愛されてしまった、どうしよう(爆)。

続いては「夢の迷い道で」。
カーテンが照明の加減でブラウン色に染められる。
石盤には、どこまでも伸びる道の映像。
"砂を救い上げる男。空を見上げた。
マント、サングラス、ハット、石井さんだ。"
ここで、照明が実はカーテンの奥からも当たっていることに気づく。
間奏で、後ろ向きにピョンピョン跳びする姿が微笑ましい。(この日何度もやっていた)

MC
「アナタノソラ」(朗読)


曲が終わり、水を飲む石井氏。
ボトルを置きながら、客がいることを意識してないように、低いトーンでポツリンとMCを始める。

「来年で20周年になるんですけど、、早いよねーー、(前へ出て来てここで初めて客席を見る)
……あ、座ってください。(笑)」

スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


< | TOP | SKETCH ~Book of GROUND ANGEL~ 2004.12.19 Zepp Osaka <レポート①>>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/598-0f4b8809

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。