「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/07/16 (Sat) TATUYA ISHII 20th ANNIVERSARY 2005 「TWO TONE TOUR ~Tender Champagne Night~」2005. 7.16 Zepp Nagoya<レポート①>


ツアーは横浜、仙台の公演を終え、今週はいよいよ名古屋。
石井さんと名古屋と言うと、万博のプロデュースやセントレアCMソングなど昨今何かと縁が深い土地柄。
地元ならではの美味しい企画もあるのでは?と期待しつつ乗り込んだ。
残念ながら今回の参加はTCN(Tender Champagne Night)のみの参加だったが、昼間に地元びゅー友と久々に会って食事、楽しい時間を過ごした後、いざ会場へ。

■開演まで

出来立てホヤホヤのZepp Nagoya は名古屋駅からも近く、客席数も多くて便利な会場だ。
セットはスケッチとほぼ同じ。男性天使の像はゴールドに塗り替えられ、客席の方へ向かって手を合わせている。その手には天井から降りてきた鎖が巻きつけられ、まるで客席に「ごめんなさい」をしているかのようだ(笑)。
ひょっとして……、やっぱり……、ソーリーな世界なのか(爆)。
バックにはスケットと同様の円盤があって、そこに映像や曲タイトルが映し出される趣向。
そして、中央の歌ち台(?)には、真っ白い百合の造花が植えられている。

ジェットストリーム浪漫飛行
オープニング
TIME STOP
星空


ゆったりした美しい調べに乗って、ナレーションが「ニースの海岸を旅する男は……」などとセレブな言葉のオンパレードでコンサートの紹介をしていく。
(ん?この曲はどこかで……。と思ったらジェットストリーム浪漫飛行だ。)
メンバー登場。客席に一礼。優美な動きです。
シャンパンナイトのテーマとも言える演奏スタート。屈んで右見て左見て…メンバーの動きもバッチリだ(笑)。
コンダ君のシャープな動きとなりきり度に拍手が起こった。

ややあって、ゴージャスなイントロに会場が沸き立つ。
拍手に迎えられるようにして♪ウォーーオウオオオ♪と歌いながら貴公子のような出で立ちで石井さん登場~。恭しく客席に一礼。
黒い燕尾服風の衣装にすっきりと整えられた髪。ステキです。やっぱりスターは違いマス(笑)。
歌が始まり、身振りもゴージャスに……カッコつけてるんだけど、どこかちょっと(笑)。

バックの映像は女性の裸体。映った顔はマリーザによく似ている。
これが「抱いて」ならナルホドと思うけど、曲の内容からするとちょっと違うような気も。
しかし、目の前の女性に対して渦巻く男性の欲望を表した映像とも言えるか。
オープニングでこの曲を持ってきたのは正解だろう。この手の曲をここまで歌い上げられるお方はそうはいるまいて。
最後の♪Kiss me♪ ステッキを軽く構えてのポーズ、うーん、素敵~(笑)。

続いて「星空」。
2曲目からアンクレットやペンダントなど小道具満載。
♪その細い脚には~♪と歌いながら後ろ向きにテーブルに向かいゴソゴソ。
小道具取り出しながら、♪金のアンクレットが似合う~♪ ってあーた、そこでそう崩すわけぇ?(爆)。
客席はしばし反応に困る(笑)。
♪その白い背中には♪で背中に手を回して後ろを向き、どうするのかと思いきや、振り向きざまハンガーに掛けられた黒いドレスを高らかに客席にアピールするではないか。しかもチープな針金のハンガーだ。
これには堪えきれず、ドドーーっと笑いが。

MC
追いかけて
あなたに


MCは司会者口調。その名も「白百合タケオ」(大爆)。
どうやら星の王子様が流行歌手に代わった模様。
「このクソ暑い中、ようこそシャンパンナイトへお越し下さいました。
これから2時間、ワタクシと一緒にゆったりしっとり、素晴らしいひと時をお過ごし下さい。

ワタクシがデビューしたのは1985年10月でございました。最初カールスモーキー中村という名前でデビューし(ええぇーー?)、慌てて石井に変えたわけでございます。
20年いろんなことがありました。人生の一つ一つが歌になっていき、その人生の一つ一つの局面で一人一人の心の中にワタクシの歌が流れていったわけでございます。
そんな一つ一つの人生の局面でワタクシの歌が励みになってくれたら幸せでございます。

これからも、僕を追いかけ続けてください(爆)。

追いかけて、追いかけて、追いかけることによって素晴らしいことが起こるかも知れません。
(と、エメラルドのペンダントを差し出す仕草)
おっと、これは小道具なのであげられませんが、(爆)
きっと素晴らしいことが起きるでしょう。何だか怪しい宗教のようになってしまいました。
(曲は)「追いかけて」 (なるほど^^)

で、この曲はやっぱり素晴らしい。
曲に入り込んで歌ったAQIツアーとは違った意味で、熱演だった。
多少解釈に困る振りもあったが、ま、よしとしよう。
基本的にあて振りなので、歌詞に合わせて、切ないキモチを表現している。
私の大好きな個所、♪喉につまるーーーー♪も、ホントにググっと詰まるような歌い方でよろしゅうござった。
そして、米ファンならば、やっぱここでフッシーのトランペットが欲しいところだが、これは欲張りすぎだろう。

「あなたに」ではPVの映像が流されていたが、折角ナマ石井を見ているのに、PVに見とれる瞬間がもったいなかった(爆)。
この曲に限らず、曲の盛り上がりのところで、ステージの両サイドにあるライトが石井さんの斜め後ろからクロスで強力な光を投げかけるの効果的でスターをより際立たせていたっけ。


愛の力
一人の朝二人の夜
BEAUTIFUL


ここから、「愛の名曲(迷曲?)シリーズ」の始まり。
「愛の力」は大げさな仕草で朗々と愛を熱唱。
続く「一人の朝二人の夜」は私にとっては「SARISHARISM ART WORK」の大切な思い出の曲。
また客席に広がる照明が綺麗だ。
イントロがアルバムと同じ寂しい曲調だったのが個人的には残念だった(やっぱりホーンが欲しい)が、15年前と同様のソウルフルな歌い方には大満足。
セクシーボイスもいいけどこういう歌もいいと思う。上げたり下げたりメロディーをかなりいじって歌うのも石井さんならではだ。

そして「BEAUTIFUL」。もちろんこれも"三の線"のバージョンだった(笑)。
その頭の後ろから手を顔に持ってくるポーズはカッコいいんですかい?(笑)

曲が終わるとステージが暗くなり、石井さんはステージに置かれたソファーに腰掛ける。
ナレーションが曲紹介をする間、傍らのテーブルに置かれた、シャンパンのボトル?とおぼしき瓶をとってグラスに注ぎ、おもいっきりカッコつけて飲み干している。それがアルコールでないことは確実だが(笑)。

スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


< | TOP | 蝉に初音とは言いますまいが>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/588-2fd619ba

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。