「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/06/26 (Sun) TATUYA ISHII 20th ANNIVERSARY 2005 「TWO TONE TOUR ~Tequila Burning Night~」2005. 6.26 YOKOHAMA BRITZ<レポート①>

空梅雨と6月にしては記録的な猛暑に日本列島がげんなりしている中、遂に始まったTWO TONE TOUR 。
今回は2メニュー。昨日初日を迎え、今日はTBN(Tequila Burning Night)の初日だ。
悪いびゅー友にそそのかされて(爆)、石井さんのツアーとしては約一年ぶりの遠征。
そして、新横浜で新幹線を降りるのは、かれこれ十数年ぶり!
AU SHARISHARISM 横浜アリーナ以来か。懐かしいなぁ。
駅前の風景はあまり変わってないけど、一等地ビルに入っている企業名が違う。時の流れを感じる……。


■開演まで

横浜駅近くの喫茶店で、その"悪いびゅー友"に合流。もちろん彼女は前日のTCN(Tender Champagne Night)から参加している。
彼女がチケットを手配してくれていたのだが、席を聞くと2階最後列とのこと! いやいや、乙じゃないの!
しばらくびゅー友とそのお連れのびゅーらーとお茶。お連れびゅーらーの派手な紫の衣装が刺激剤となって、徐々にテンションも高まっていく(笑)。

さて、横浜ブリッツは赤坂ブリッツがクローズされた後に出来たとか。まだ新しくきれいな会場だ。
それにしても、今回のチケットの品薄感にはびっくりさせられた。

会場へ着き、早速グッズの先行販売の列に並んだ。
スワロフスキーのアクセが新鮮だったが、それには手を出さず、パンフと扇子のみ購入。
ほとんどのグッズが2メニューに合わせた2種類のつくりだ。
パンフレットは2メニュー合わせた一体型。1メニューずつ左右対称になっていて面白い。
写真を見てその衣装の派手さにびっくり!

そして、会場入り。ノリのいいディスコサウンドが流れている。
後ろがないというのは妙な安心感があります。全体を見渡せるのも気持ちいい。
何より、復習ナッシングで望んだ"踊れない私"にとっては最高のお席だった(大爆)。
実は今回は石井さんピンのステージで、<<ダンサーばかり見て石井さん見てへんかった!>> という状況は避けられたのだが……、いかんせん <<踊られへんやん>>(爆)

確か、2階席をゲットしたという、わっちゃんを探してみる。
なんせ後頭部しか見えないから探すのは不可能か?と思ったら案外近くにいらっしゃった。
コクーン歌舞伎からそのまま駆けつけたとのことで、相変わらず精力的。
今回は出演していない勘三郎さんにも遭遇したそうで、なんと羨ましい~!
ということで、開演前のお喋りはまたまた歌舞伎ネタだった(爆)。
そういえば、一年前のNKホールも確かそんなシチュエーションだったなぁ(苦笑)。
さらに、私のすぐ前の列にも別のびゅー友が座っていて、久々の再会にこれまたびっくり。

ステージに目をやると、SKECHの時のような赤?エンジのカーテンを背景に、燃え立つ太陽のオブジェ。
左右には1対の牛頭のオブジェ。

やがてメンバー登場。少人数のバンド編成のようだ。
それぞれが位置につくと、オープニングを告げるように、4基のライトから強烈な光が放たれる!
沸き起こる歓声。
始まった重厚なサウンドは、「ハレルヤ」だ~。


ハレルヤ
HI TENTION LOVE
夢DE愛魔性
BOOGIE DEEP IN LOVE


軽快なイントロにすぐに会場が反応する。
そして、軽やかに石井さん登場~。紫のスーツにピンクのシャツ。どひゃーー(笑)
1曲目から会場はノリノリディスコ状態です。ああ、そして、私が踊れたのはここまでだった。(爆)
間奏になり、石井さんが何やら後ろを向いてゴソゴソ。
振り向いたら扇子を持って(もちろんグッズ)、ジュリ扇よろしく煽る煽る~。
すかさず客席も、買ったばかりの扇子を取り出して応戦。扇子は必需品ね。

帽子を取って「夢DE愛魔性」。
石井さんの足がもつれそうな濃厚なステップに笑ってしまった~。
ダンサーはいないけど、会場では揃ってハルミちゃんの振りをする。
隣では、悪友が扇子を飛ばしてしまった模様(笑)。波乱含みだ。
そんな中、石井さんは、(多分)間奏で「今夜は帰さないぜーー!」と、ファンが喜ぶフレーズを叫んでおられた。

久々の「BOOGIE DEEP IN LOVE」。石井さん、イントロから誇張された変なダンスだ(笑)。
そして、客席に乗り出して濃~~いアピール。コンサート序盤からこの濃厚な雰囲気は何~(笑)
しかし、私の方はこの曲辺りから <<んんん?>>と踊りがあいまいになる(苦笑)。


MC

石井「サンキューーーー! ようこそ、TWO TONE TOUR へ!」
客席「イェーーー!」
石井「今夜は石井竜也というよりカール・スモーキー石井でやるぞ~。」(客席拍手~)

というわけで、恒例のコール&レスポンス。
まずは、「イェーーー」から。
客席のノリがやけにイイ。1回目から相当客席も飛ばしている。

石井「オーケー ベ~イベッ! サンキューベ~イベッ!(歌うように)
見てみろ、このムラサキを~~!」
客席「ヒューーー」
石井「ムラムラすんだろ~~!
今日は徹頭徹尾ディスコの世界でやるから、低レベルになって、脳ミソ100グラムでついてきてくれ~。
みんなヨロシク頼むぜ~」
そして、「ヨ~ロ~シ~ク~」のコール&レスポンス

どんどん客席をお馬鹿さんモードへ煽りながら、喋りは続く。
しかし、ふっと昨夜の記憶が蘇ったのか、
「えっ~と、昨日出てた人はですね、僕の兄でして……(爆笑)」
なんてことも言ってたっけ。
客席からも微妙な笑いが起こり……、昨夜のTCNは一体どれだけスゴかったんやろ~(爆)。

メンバー紹介の後、再び曲へ。

DISCO KING
ONE MORE (←どこかこの辺りに「ゴルシル」があったハズ)
今夜はダンステリア
フンバ


ここからまたノンストップディスコタイム。TRANSを彷彿とさせるディスコナンバーが続く。
客席、ちゃんと踊ってマス。さすがデス。
キーボードに電光掲示板が取り付けられていて、そこに次の曲目が表示される。
これがなかなか面白かったです。毎回いろいろ考えますなー。
左から右へ流れる文字を目で追うため、目か入る情報より、イントロを聞いた瞬間耳から入る情報の方が反応が早い。

そして、石井さんのシャツが激しい動きでヒラヒラとめくれ、白いお腹が見え隠れしている。
送風機に煽られてめくれたまま静止したりなんかして、きっと前の席の人の視線を刺激していたのことだろう(爆)。実際オヘソが見えたとか見えなかったとか(笑)。

3曲ダンスナンバーが続いた後、原始的な民族音楽風のメロディーが。
石井さんによる、山に犯されて山の子を身篭ったフンバのお話。
息を整える時間も、客を楽しませようとする心遣いはさすが!(笑)


HALF BREAKE HOLIDAY (P-smoke)
SEXY POWE (KOME KOME CLUB)
FUNKY STAR (KOME KOME CLUB)


ここから、米米やP-smoke などの懐かしい曲が続く。一番うれしい時間だった。
「HALF BREAKE HOLIDAY 」はソロ最初のツアー「DRAG-ON」以来か。
そして、こってりとしたボックスステップで始まった「SEXY POWER」 。この曲大好きなの~!
そして、「FUNKY STAR」は SHARISHARISM ART WORK 以来?。
アレンジも微妙に変わっています。でも歌い方は結構昔のままだったような……?
懐かしさが先に立ってホーンがないことは不思議に気にならず。

「FUNKY STAR」のジャンプの時に、張り切って跳んでたら、今度は私がボールペンを飛ばしてしまう。
床を手探りで探しても、……無い(焦)。

インド映画のように
FUNK FUJIYAMA (KOME KOME CLUB)
Cherry Bomb
What are you up to next (P-smoke)
RIBIDO
タケちゃんの回想


後半あたりから、石井さんのカッコよさ炸裂だった。
双眼鏡を覗き込みながら、隣で悪友が何度も壊れている(笑)。
何がイイって、やっぱ髪型でしょ(笑)。
やわらかいウェーブで掻き上げた髪が、TRANSの頃のツンツンとは一味違う大人の渋さをかもし出している。

「インド映画のように」は、イントロで東洋風に合掌したまま、一歩二歩と進んでくる石井さんがシブかった。
そして、続く「FUNK FUJIYAMA」にはヤラレた。まさかここで聞けるとは! 合掌繋がりってことか?
踊りは純ジャパニーズだが、前半と違って踊れる踊れる(笑)。三三七拍子もしっかり決まったぜ。
小野ちゃんがいなくても不思議と物足りなさがなかったのはコーラスの妙か?
打ち込みで小野ちゃんの声が入っていたのでは?という話もあったが果たしてどうなんやろ。

「Cherry Bomb」で小休止タイムをとり、続いては、「What are you up to next」
イントロだけでグットきましたわ!(笑)恐らくライブでは初なんじゃない?
P-smoke のアルバムの中でも一番ワイルドで力強い曲だ。
「RIBIDO」で一旦石井さんは掃けて、「タケちゃんの回想」でお着替えタイム。
「タケちゃん、、」は、ハトコちゃんとヒロシくんを彷彿とさせるようなちょっとしたコントがあった。
私はこの間、なくなったボールペン探しにいそしんでいたためあまり記憶が……(苦笑)。
前の座席の下に落ちているのが見つかって、ここでメモ復活(笑)。
しかし、悪友の方の扇子はまだ出てこない。普段の行いの差か?(爆)

闇に光を
LINE
我意


着替えが終わって石井さん登場。
紫からショッキングピンクのスーツにお召し換えだ。
新しいところから2曲。「LINE」でサングラスをお取りになり、締めの一曲「我意」へ。

スポンサーサイト

4米俵 | trackback(0) | comment(0) |


< | TOP | コンサート前夜>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/586-ba59b7f0

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。