「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/10/27 (Sat) 栗名月

今日10月27日は、旧暦9月13日の十三夜、栗名月だ。
この十三夜は日本独自のもの。8月15日の十五夜に月を見て、9月の十三夜に月見をしないと「片見月」といって忌み嫌われたらしい。
月がだんだん満月に近づくこの日に月見をするのが面白い。不完全なものに美を見出す日本独自の美意識が現れているような気がする。

秋が深まってくる9月の方が月が美しいとされているが、今日の月は秋雨前線が迫っている影響か、冴えわたる秋の月ではなかった。まるで春を思わせるような朧月だったけどそれもまた一興。
栗名月には栗や豆などを備えるらしいが、うちでは栗餡のお餅を用意してお月さんをお迎えした。と言ったら恰好いいけど、実際はただ食後にお菓子を食べただけと言った方が正しいのだが……(苦笑)。
このお餅は、京都 紫野和久傳の「わたぼうし 栗餡」。新聞で特集されていた栗のスイーツランキングで7位に挙げられていたのでネットショッピングで取り寄せたもの。ネットショップというのが月見のお菓子にはやや興ざめなところやね(笑)。
「わたぼうし」は名前の通り綿帽子のようなふんわりした求肥の中に、栗をそのままつぶしたような甘さを抑えた栗餡が包まれている。見た目も味も上品で優しい和菓子だった。ごちそうさま。

wataboshi 20121027_01s   wataboshi 20121027_08s
紫野和久傳「わたぼうし(栗餡)」


11月が目前に迫り、秋がどんどん深まってきた。

スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<~を育てる | TOP | ぼうだいの渋皮栗>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/570-5fb3384a

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。