「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/10/08 (Mon) 山中伸弥先生ノーベル生理学・医学賞受賞

非常にうれしいニュースが飛び込んできた。京都大学iPS細胞研究所 山中伸弥先生がノーベル生理学・医学賞を受賞! いつかは受賞されると思っていたけれど、実用化されるまで無理ではないかとも思っていたので驚くとともに大変嬉しかった。これほど早く受賞が決まるというのはiPS細胞というものが大きな可能性を秘めているということで、その将来的な成果を見越しての受賞だと思う。

学生時代はラグビーに明け暮れていたという山中先生。整形外科医を志して挫折し基礎研究の道に活路を求めた。過去の挫折をざっくばらんにお話しする誠実で飾らないお人柄。ご自分の個人的なことをネタにしての講演は素人にも分かりやすく、一流の学者とはこういう方なのかと感銘を受けたものだった。

会見で山中先生は、研究とは真理を覆う幕を一枚一枚剥いでいく作業で、真理にたどり着くまでのどの一枚も、それがなくては真理にたどり着けない貴重なものである。たまたま自分が最後の一枚をめくっただけで、この研究に関わったすべての研究がそれぞれに貴重なものだとおっしゃっていた。それは、或るノーベル賞最有力候補でありながら急逝された科学者の言葉とも重なるけれど、一流の研究者というのは真理の前に非常に謙虚で、誠実だなあと思う。
最後の一枚を引く役割が山中先生になったのは、この人なら成果を広く患者のために役立てるだろうという神様の計らいだったのかも知れない。

山中先生ご自身もこんなに早く受賞できるとは予想しなかったとのことだけど、このビッグニュースで研究が止まることを一番に懸念されるのではないだろうか? できるだけ静かにしたいけれどそうもいかないのだろうな。
会見では「現役の研究者として」という言葉で決意を述べておられたけれど、これを機にアメリカに負けない大きな財政的な支援があればいいと思う。

Dr yamanaka 20121009
会見にのぞむ山中所長

スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<久しぶりの長文屋さん | TOP | 今日庵訪問>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/565-6e24d291

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。