「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/10/06 (Sat) 手ぬぐい 張正の板締 豆絞り

愛知県名古屋市緑区の有松・鳴海地域を中心に生産される絞り染めである「有松鳴海絞り(ありまつなるみしぼり)」の一技法「板締め」によって染められた豆絞りの手ぬぐい。
現在は「張正(はりしょう)」という染元でのみ作られているとか。
板締めは、畳んだ布を型板にはめて染める技法で、江戸時代から染められていた豆絞りはこの技法を使っていたという。やがていったん技術が途絶えたところを張正さんが昭和30年に復活させて現在に至る。

型で染められたものは綺麗な水玉だが、本来の豆絞りはひとつひとつ大きさも形も微妙に違い味わい深い。手ぬぐいの両端が縁取りのように染まっているのもいい。また手ぬぐいの生地がしっかりしていて肌触りが柔らかく何とも言えずいい感じだ。勿体なくて使ってないんだけど、伝統的な技法を守るためには使わなければいけないな。

tenugui arimatsu mameshibori_01s

スポンサーサイト

6手ぬぐい | trackback(0) | comment(0) |


<<今日庵訪問 | TOP | 大滝秀治さん>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/556-89b36d92

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。