「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2002/09/07 (Sat) 月を待つ

本日は旧暦の 8月 1日。新月だ。
明日かあさってには夕方の空に細い三日月が見えはじめ、9月21日の中秋の名月へ向って日に日に丸くなっていく。
中秋の名月を過ぎ、旧暦17日くらいから月の異名として「立待月」「居待月」「臥待月」……といった呼ばれ方をする月。随分色んな呼び方がある。

月を待つという感覚はもしかしたら日本人独特のものかも知れない。
各地で「月迎えの行事などもあるらしく、「月を待つ」「月を迎える」という風習は日本人の宗教観と結びついているという説があるとか。
日本では神様は絶対的な存在ではなく、どこからかやってきてはしばらく留まり、またどこかへ去っていくと思われていた。神は客であり迎えるものだった。

夜を照らす月はまた神格を有していた。
それゆえに「月を待つ」という言葉が生まれたのかも知れない。

スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<屋形船大宴会 | TOP | 京の川床料理>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/548-34777971

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。