「よもやま日記」

身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぶちゃん

0   0

念願の北島三郎 芸能生活50周年記念公演に行ってきた。
昨年くらいからABCラジオで「さぶちゃんのコンサートはすごい」と話題になっていて私も是非行ってみたいと思っていた。

新歌舞伎座に着くと、会場にはたくさんの大漁旗が飾られている。
それを見ただけでテンションあがってきた。
コンサートのグッズもすごい。さぶちゃん饅頭、さぶちゃんTシャツ。まるでアイドルだ(笑)。

DSCN3646s.jpg

公演は芝居と歌の二本立て。たっぷり4時間はすごい。
お芝居は清水の次郎長で、さぶちゃんは森の石松と次郎長の二役という出ずっぱりだ。

30分の幕間があって後半の歌謡の部へ。
50周年の看板があがり、電飾ギラギラのステージに度肝を抜かれる。
オープニングは大好きな風雪ながれ旅でスタートするとMCを交えながら次々と往年の名曲を歌っていく。これが1フレーズだけ歌ってまだ音楽が流れているのにさっさと次のMCに行くのがちょっと勿体なかった。

中盤は娘さんの朗読でファンからの手紙を披露しながらリクエストに応えるというコーナーがあり、さぶちゃんの人柄がにじみ出たいい演出だった。

そのあと、紅白でも出てきた巨大な漁船がステージに現れ、激しい波に大きく揺れながら「北の漁場」を歌うと私と連れはキャーキャー言ってまるでアイドルのコンサートみたいに大騒ぎしてしまった。

そしてフィナーレは言わずと知れた「まつり」。
過去のコンサートでのダイジェスト映像が映し出されて客席を煽っていくと、薄い緞帳が落ちる。
左右にはやぐらが組まれて若い衆が太鼓を叩いている。
そしてイントロに乗って奥から神社の神殿のようなセットがぐぐっとせり出してきた。
左右は風神雷神みたいな神様が守っている。
中央から巨大な竜頭が現れるとそこに乗っているのは我らがさぶちゃん!

みるみる竜頭が客席にせり出してきて気がつくとさぶちゃんが真上にいるではないか!
二階席に迫るようにしてさぶちゃんが歌う。
ステージには総勢100人の役者や踊り子達がお祭り気分を盛り上げている。
さぶちゃんは盛り上がっている客席にくまなく視線を送りながらそのサービス精神は感涙ものだった。
周りは年齢層が高くて立っている人がなく、私たちもしぶしぶ自重したけど、本当は立ち上がって飛び跳ねたいくらいに盛り上がった。

「まつり」最高!

阪神ファンにとっての六甲おろしか、米米ファンにとってのシェイクヒップか? いやそれ以上にニッポン人の心を熱くさせる素晴らしい歌だわ。生で見れて本当によかった!!

DSCN3659s.jpg  DSCN3658s.jpg
ツアーグッズの(右)豆三郎と(左)さぶちゃん饅頭



関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/507-339e2f0f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。