「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/02/20 (Sat) 高橋選手、見事なブロンズメダル

昼休みまでは気になってたのに、午後からはすっかり仕事で忘れてしまってた。バンクーバー五輪 フィギュアスケート男子シングル フリーの行方……。

夜飲み会の場所について、ハタと思い出したところ、銅メダル獲得ということでみんなで喜びあった。

4回転を跳ぶかどうかで駆け引きがあった。

当初から4回転を捨てると宣言していたアメリカのライサチェック選手。4回転跳ばない奴はスケートの選手とは言えない、などと挑発してきたロシアのプルシェコフ。果たして高橋はどうするのか? ……多分挑戦するんだろうな。と思っていたけどその通りやったね。


ショートプログラムが終わって、かつてのチャンピオンのロビン・カズンズ氏は高橋選手の演技を大絶賛して「見ていて胸が高鳴った」と手放しの賛辞を送った。日本人選手がここまでスケートの表現力を評価されるようになろうとは、嬉しい限りやねえ。
ショートプログラムは情熱的なタンゴ。細かい身のこなしやステップ、表情とどれも素晴らしかった。


そしてフリーでは、冒頭に4回転に挑戦したものの転倒。でも本人は失敗する可能性を十分に折り込んでいたんやろね。むそこからの立て直しが凄かった。

気落ちすることもなく、むしろふっ切れたように伸びやかに滑っていく。
高橋選手の穏やかな表情、身体全体を使った豊かな表現力、切れ味抜群のステップは出場した選手の中でも最高の芸術点を獲得した。
ロビン・カズンズと同じく私も胸が高鳴ったわ。
やり切ったという最高の表情は美しいなあ。

男子初のメダル、素晴らしい銅メダルやね。おめでとう!


靴紐が脱げた織田選手、そんなこともあるんやね。本人は無念やろうけど、紐を変えている間にも客席からは激励の手拍子が起こったのは感動的だった。また最後まで滑り切ったのは立派やったね。

ゲン担ぎが仇になってしまったけど、これを乗り越えて一回り大きな選手になれ?。

スポンサーサイト

2スポーツ | trackback(0) | comment(0) |


<<ワイン持ち込み | TOP | 水仙>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/349-64196699

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。