「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/04/16 (Sun) コクーン歌舞伎

歌舞伎を見るために上京するのは一年ぶり。
今回は友人と一緒だった。

東海道四谷怪談。
これは第1回コクーン歌舞伎で上演した演目だそう。
勘三郎を襲名後、初めてのコクーンではもう一度原点に戻ろうとしたのかな。
しかし、北版と南版の二本立てにして、これまであまり舞台にかけられなかった場面をとり上げるなど、原点に戻るだけでは納まらないのが勘三郎やね。

今回見たのはオーソドックスな南版のみだったけど、客を喜ばせ、楽しませることにかけては天下一品やねえ。
しっかりとした芝居を見せる一幕目と、エンターテイメント性の高い二幕目の二部構成。

正直一幕目は性にあわんかった……。
救いようがないほどに哀しくて、それでもひたすらに耐えて、冷酷な亭主に尽くそうとするお岩さんの姿に暗澹たる思いが募ってきて、見ているのが辛かった。
ニ幕目がなかったらちょっと厳しかったな。。

ところが一幕目の悲惨さを見せられることで、二幕目では一気に解き放たれてようやく気分が晴れて気がする。
どうやら私はどこまでも単細胞なタイプなのかも知れない。
他のお客さんはどういう思いだったのかわからないけど、最後は拍手、拍手、アンコールの嵐だった。
やっぱり勘三郎は芝居の鬼だなぁと思った。

middle_1145751219.jpg


スポンサーサイト

3芝居・コンサート | trackback(0) | comment(0) |


<<テレビが壊れた…… | TOP | この風雨を乗り越え>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/319-fa922744

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。