「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/01/07 (Sat) 初春大歌舞伎

4日に大阪松竹座へ初春大歌舞伎(昼の部)を見に行ってきた。
掲示板にも書いたけど、とってもよかった。

演目は──、

源平布引滝 義賢最後(片岡愛之助、市川段治郎)
十六夜清心(片岡仁左衛門、坂東玉三郎)

愛之助さんはすっきりした二枚目で、以前から注目していた役者さん。
今回大きな役をもらって、仁左衛門さんの当たり役である義賢に挑戦していた。初役だそう。
これが目を見張る出来でホント感動だった。


十六夜清心は大阪で久々の仁ちゃん玉さまのコンビ。
心中しようとする二人の運命が二転三転していくのが面白かった。
しっとりと見せる心中の場面もいいけど、やっぱり悪党になってからが痛快やね。
玉さまは以前から「私は本当は3枚目の方が得意」と言ってるように、生き生きとワルを演じておられた。
また、気の弱い坊主の清心に、悪の心が芽生えるシーンは、びっくりするくらいの変わりようで、その目力はクラクラするほどカッコよかった。さすがに色悪で一世を風靡しただけのことはあるわ。

スポンサーサイト

3芝居・コンサート | trackback(0) | comment(0) |


<<モーツァルト・ブーム | TOP | 2006年飲んだくれな幕開け?>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/310-8bb36700

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。