「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2005/07/18 (Mon) 矢野の背中

責任感を一身に背負った男の象徴的な幕切れだった。

昨夜の阪神?広島戦。
1点ビハインドの10回裏、粘りに粘った末の矢野の打球はのボテボテのファーストゴロ。
「面白いかも?」ファンの期待が集まる。
矢野は懸命にベースめがけ駆け抜けたが、あと一歩及ばなかった。アウトのコールに天を仰ぐ。

観ている方も疲れたが、矢野の疲れはそんなもんじゃあるまい。

安藤が不調に陥った時、矢野はきっとあれこれと親身になってアドバイスしたに違いない。
若手投手を食事に誘い、打たれた投手と飲みに行きアドバイスする労をを惜しまない男である。
安藤の復活を誰より喜んだであろう。今宵も彼の球は冴えわたっていた、その陰に矢野のリードがある。

それがたった1球の甘い球が命取りとなってしまった。よくある話である。
しかし矢野の姿を見ていると守備と打撃両方で一身にその責任を背負っているようで痛々しかった。
連日の疲れが一挙に矢野に襲い掛かっているかのようだった。

投手戦で神経を擦り減らしては、好調矢野といえど、そう毎日うまくはいくまい。
ぎりぎりのところで戦っている男のずっしり重い責任感がにじみ出たような昨夜の矢野の背中だった。

↑ちょっと新聞記事風に^^

スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


<<飲み会も逃げたらアカン | TOP | TATUYA ISHII 20th ANNIVERSARY 2005 「TWO TONE TOUR ~Tender Champagne Night~」2005. 7.16 Zepp Nagoya<レポート②>>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/276-389be2c7

| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。