「よもやま日記」

身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐山

0   0

もみじ狩りに京都嵐山へ出かけたんやけど紅葉にはまだ少し早かったみたい。
午前中の雨も止んで日が射してくるとほんのりと温かい。寒さを覚悟していただけにありがたかった。
渡月橋まで歩きながら、船越英二や片平なぎさがロケしてないかな?などとキョロキョロしていたけど残念ながらやっていない(笑)。
DSCN1327★s

紅葉は全然だったのですぐに引き返して世界遺産に登録されている天龍寺へ。
駐車場が整備され案内板が設置された境内。世界遺産に登録されているので仕方がないけれど、お寺の荘厳さはあまりしない。
ここは足利尊氏が後醍醐天皇を祀るために建立したお寺ということだけど、お寺というよりは貴族の館のような感じだった。
私には紅葉やお寺の佇まいよりも、滑らかな曲線を描いた手すりなど建物の細かな建築美が印象に残った。

DSCN1303★s  DSCN1306★s


京雑貨や和菓子のお店を散策しているうちにすっかり夕方になり、夜の拝観を受け付けている大覚寺へ。時代劇では必ずでてくるお寺なので行ってみたかった。

寺の中に土産物屋があるのは驚いた。随分と俗っぽいなぁと思いながら順路に従って廊下を歩いているとどこからともなくチーンと鐘の音が鳴り、現れた僧侶の方が観光客が大勢いるところで念仏を唱えだしたのには驚いた。狭い廊下はたちまち塞がれて、追い越すに追い越せず……何となく一緒に手を合わせて念仏が終わるのを待った。

圧巻だったのは大沢池に映った水鏡。
嵯峨御流の総司所ということで、池に渡された桟橋に置かれた生け花がライトアップされ、それが池に映ってとても美しい。
そして、池のほとりを歩いていると突然に目の前に絶景が開けて息をのんだ。
泉鏡花の世界に入り込んだような、この世のものとは思えない美しさ。
朱塗りの塔と緑の木立が水面一杯に映り込んでいる。池の中に竜宮城があるのではないかと思えるような美しさ。遠近感までしっかり感じられ、本当は水深70センチそこそこの池らしいけど、何十メートルも澄んだ水が湛えられているかのように見える。
夜になって冷たさを増してきた空気の中、水鏡に映った夢のような光景に見とれてしまった。

DSCN1376★s  DSCN1379★s


関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/249-9a820040
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。