「よもやま日記」

身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

え? ぶったま 放送終了?!

0   0

フジテレビ系 関西テレビで毎週土曜日に放送されていた「ぶったま」。
いつも楽しみに見ていたのに、「26日の放送で終了だと?!?」 ショックだわ。

前半は片岡さんがメインでタイガース中心の話題を提供し、後半はニュース、芸能と続く。
タイガース関連がたっぷりあって、司会のサブローさんはじめ出演者のアットホームな雰囲気が魅力。毎週欠かさず見ているうちに、次第に隔週くらいで登場する評論家青山繁晴氏の解説が楽しみになっていった。

青山さんのコーナーは、独自の取材を元にした、誰も指摘しないようなことを話してくれたので非常に興味深かった。

打ち切りが寝耳に水だったのでネットであれこれ見てみると、どうやら8月くらいから打ち切りの噂はあったらしい。しかし、多くの視聴者が存続を願う中、新政権が誕生したこのタイミングでというのは、何となくきな臭いものを感じてしまう。
最後の放送では片岡さんも、「CSを目指して盛り上がっていく時に終了と言うのは残念……と」チクリと嫌味を言っていたし、出演者にも何となく微妙な空気が漂っていた気がしたのは気のせいかな?

白のジャケットで出演した青山さんは、「今日の話は僕の遺言と思って下さい。」「これは白装束のつもり」とドキッとすることを言っていた。青山さんなりの抗議の気持ちを込めているように思える。

彼の凄さは、評論家としての活動に文字通り命をかけていることで、その苛烈さに「そこまで自分を追い込まなくても……」と心が痛くなる程。そして、ブレない正義感や潔癖さには目を見張るものがある。
少しは自分の身体を気遣って仕事を制限したらどうだろう? 病気にでもなったらそれこそ損失は計り知れないのにと思うのだけど、ご本人は「私」を捨てていると言い、ぶったまでも立ってるのがやっとなんじゃないの?というような時もあった……。

それにしても青山さんの解説をじっくり聞ける番組がなくなるというのは本当に残念。
全国ネットで話をしないのは、氏の発言をそのまま流すことに対する危機感があるのだろうと思っていたけど、もし何らかの圧力がかかったの打ち切りだとしたら、日本にも本当の意味で言論の自由はないということになるのか?

最終回は鳩山内閣の直面する問題について、優先順位について警鐘を投げかけ、若年層の失業率上昇に手を打たなければこの国はとんでもないことになると、熱い調子で問題提起していた。

またどこかで青山さんの発言の場が復活するのを願うばかり。……テレビでは難しいのかな?




関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/232-76cdde49
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。