「よもやま日記」

身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の終わり

0   0

semi.jpg

高校野球が終わると、夏が終わるなぁ……という少し感傷的な気持ちになる。
帽子の形が気になりながら、東北・北陸勢の健闘に盛り上がり、負ければそれまでという厳しい戦いの中で、懸命に声を出したり、仲間を励ましたりといった高校球児の姿に何度涙しただろう。
最近はこの高校野球にめっきり涙線が弱くなった。
今年の開会式では、まだ式が始まる前に中継のカメラが銀傘と青い空、白い雲をパーンアップした映像を流しただけでうるうるしていたっけ(笑)。
始まる時には全国の代表がグラウンドを喜びいっぱいの顔で行進していたけれど、閉会式は2校。そして勝者はたったの1チームになってしまう。そして、翌日から高校野球の実況やニュースがテレビで流れなくなると、ああ、今年の夏も終わりか……。夏の終わりはとにかく寂しい。

寂しさとともに沸き起こるのは何とも言えない焦燥感。テレビ・ラジオで「宿題はもう終わりましたか?」のフレーズを聞くと、もう宿題をする必要はないんだけど何となく焦ってしまうのは何故だろう?

夏休みの最後の一週間はたまった宿題に追われたなぁ。
毎日少しずつやってるつもりだったけど、何かしらやり残しがあって、工作やら読書感想文は絶対に最後まで残っていたっけ。加えて夏休みが終わってしまうことが嫌でたまらなかった。
そして、9月になり新学期が始まってしまえば、感傷的な気分はどこかへ消え、また楽しく学校へ通っていた……。

ちょうどラジオで視聴者から募集するメッセージが「夏にやり残したこと」というテーマだったんだけど、
夏以外の季節では「やり残し」という言葉は出てこないもんなー。冬に向かう秋の方がやり残すと死活問題になるのに。

夏の終わりのどこか寂しく、何かに急かされるようなこの感じは今になっても変わらない。
まるで人生そのものやねえ。

関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/226-ca29337d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。