「よもやま日記」

身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

お茶を一服

0   0

京都で買ってきたお茶を、さっそく点ててみようと思い、茶碗を取りだすと「ん?土臭い……」
茶碗を水につけてみるとシュワシュワと音を立てて水を吸いこんでいる。

萩焼というのは柔らかい土でつくるため、高温でしっかりと焼き締められないので、水を吸いやすく色や匂いがつきやすい器なんだとか。恥ずかしながらまったく知らなかったわ。
七化けといって長年使っていくうちにお茶がしみ込んで渋い味わいになっていくのが魅力のひとつ。
使い始めは、水に一晩つける、しばらく煮てからそのまま冷ましながら一晩水につける、米のとぎ汁で煮る……といった手順が要るみたい。

手間ひまかかるとかえって愛着がわくのかも知れないな。

結局一晩待っていられないので、うちにあった別の茶碗でお茶を点てることに。
あり合わせのお菓子を皿に盛り、家族に出すと大好評だった。
お抹茶はほんのりと甘味があってとてももまろやかなお味だった。
コーヒーや紅茶とはまた違って、お抹茶はシャンとした気分になっていいもんやなぁ。

お茶のお稽古をしているわけでもないのに、京都までお茶や茶道具を買いに行くなんて、我ながらアホやなぁと思っていたけど、家でこうやって台所のお茶を楽しむのもありだと思う。

さて……
お茶を一服、いかがですか?(笑)

macha.jpg


関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/225-d08f9553
該当の記事は見つかりませんでした。