「よもやま日記」

身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

お茶の講習会(ことの発端)

3   0

社員約400名を対象にしてお茶の講習会をすることになり、その立案が私の所に降りてきた。

ことの発端は執行役員から茶室の担当者当てへ出された”講習会をやりたいのだが……”という依頼メール。なぜかそのCCに私が入っていた(爆)。

このお茶の心得の何一つない私に、よくもそんな……(笑)。
部長や課長と方針を話し合う。どうやら言いだしっぺはトップらしい。

研究開発の事業所に茶室ができたのがそもそもの発端。来客の接待に利用していた茶室で社員にお茶の体験をさせようということだった。「それは素晴らしい!」という思いと、「うわ?大変なことになった」という戸惑いが渦巻く。しかも「なるべく短期間で」ということで頭を抱えた。

講師役の社員は主に来客対応に追われていてその合間を縫ってどう講習会をするかに頭を痛める毎日。よもやそんな仕事がやってくるとは思わなかった。

chashitsu5.jpg
▲茶室へと通じる中門

数日前にそれまで足を踏み入れたことのない茶室に下見に行かせてもらった。
よくは分らないけど、立派な造りに思われる……。茶室には何とも言えない香が漂っていたので、香でも焚いているのかと聞いたら、杉の香だと聞いて驚いた。掛け軸は○○寺の住職が書かれたもので意味はどうとか、お花はどうのとか、説明を聞いてもただ、「へぇーーー」と言うばかり。さそかし説明のし甲斐がなかったやろうなぁ(苦笑)。

chashitsu6.jpg
▲露地の飛び石

いろいろと話し合って、12名ずつのグループに分け、週一のペースで無理ないスケジュールでやろうという案に落ち着いてきた。
文化と科学の共通点は漠然とは「あるだろう」と思っているものの、実際にどうやって研修の中に落とし込むのか、……何で私が教育の仕事をしてんねん?!と苦笑いしつつ、葛藤の日々はしばらく続きそう。。。

chashitsu7.jpg
▲茶室全景


■関連記事■

お茶講習会(企画は手探り)
  http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/blog-entry-205.html
お茶講習会(ついに始動)
  http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/blog-entry-228.html
お茶講習会(ピンチヒッター)
  http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/blog-entry-231.html
お茶講習会(無事終了)
  http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/blog-entry-242.html  

関連記事
スポンサーサイト

3 Comments

わっちゃん。 says..."うっそぉ~~~"
≫お菓子とお茶には興味あるけど……


「おちゃ“け”」やろぉ~
2009.02.08 00:52 | URL | #3/JH7suY [edit]
つき says...""
>しかし「お茶先生」は如何なもんやろ?(笑)

うふふ。お師匠さまとお呼び……(笑)


>お茶の基は「お掃除」でっせ。

ほう……そうなんや。
そいえば「準備に2時間って何してんの?」って聞いたら「掃除」って言ってたナー。
掃除はキライ、お菓子とお茶には興味あるけど……(笑)
2009.02.07 01:52 | URL | #- [edit]
わっちゃん。 says..."杉の香り"
エエなぁ~~~~

しかし「お茶先生」は如何なもんやろ?(笑)

お茶の基は「お掃除」でっせ。
人をお迎えするのに必要なこと→お出かけしてくださった方が気持ちよく過ごせる空間をつくること。
その為の「お香」であり「お掃除(お手洗いを重点的に→たとえお使いにならずとも)」であり「お花」であり「一服の茶を点てるための準備」でごんす。

ちなみに、わたしはお掃除は苦手です・・・・・・・・・
ダメダメです。
2009.02.02 08:48 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://yomoyamanikki.blog120.fc2.com/tb.php/172-d9bf529c
該当の記事は見つかりませんでした。