「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/08/18 (Tue) 趣のある器たち

唐津焼 赤水窯の熊本象さんの作品で出会ったのは3,4年前の神戸BALでの展示会だった。
元々はぽってりとした陶器が好きなので、最初は繊細だけど温かみがないような印象だった。
それでも何故かはわからない魅力があって、小さなぐい飲みを購入した。

さらに1,2年後にまた神戸で展示会があり、その時に気になっていた輪花の青磁のお皿を1枚購入。
普段は勿体ないのと、1枚しかないのでしまっているいるのだけど、たまに使うと色合いがとても美しくて料理やスィーツなど載せるものを引き立ててくれる。

そしてこの夏は姫路で展示会があるというので出かけて行った。
こじんまりとしたスペースでたまたまほかに客がいなかったので、ゆっくり作家の熊本さんと話をすることができた。
作品にかける思いとか、作り方や創意工夫について直接お話をうかがっているととても面白くて、どれも欲しくなってしまう。
その中でまず目を引いたのが兜型の白磁の鉢。

白磁兜鉢 7,560円(直径約20.5×17cm×19cm)


IMG_2325s.jpg
白磁兜鉢(見込み)

さかさまにすると兜のような形から兜鉢と名付けられている。
ふつう磁器と違ってろくろの指跡をわざと残し、陶器のように素朴に仕上げているのだとか。
鉢の凹凸はひとつひとつ違う。そこが魅力でもある。
そして鉢の凹凸により白磁の釉薬の溜まりが出来て、ほんのり緑がかって見える。
白磁というと白くてつるんとしていて美しく形が整ったイメージだけど従来のイメージを覆すもの。
そこが熊本さんの磁器の味わいだと思う。

上から覗くと、広々して、淵の部分と胴体の間のくびれも面白い。
手に取るとさらに可愛く、収まり具合もちょうどいい。

サラダや煮物を盛り付けてもいいし、スープもOK。さらにカレーも…ということで応用範囲も広い。
また作家ものの器を食卓に取り入れる際は、「大皿や鉢など1点だけでアクセントになるものにするといいよ」、というアドバイスもいただいたので、少し大きめのものを購入することにした。


IMG_2326s.jpg
白磁兜鉢(側面)


さらに、あれこれ手に取っている中で気に入ったのがこの陶器のお皿。

班唐津鉄彩6寸菊型皿 5,400円 (直径約18.5cm×約3cm)

まわりに菊の花びらをあしらったもの。菊花のお皿は普通によく見るもので、まわりの菊の花びらがちょっとくどい感じがしてこれまでは避けてきた。
なので初めは目に入らかなったのだけど、手に取ってみるとずっしりとした重み。柔らかない色合いに鉄の釉薬を垂らしたのが効いている。裏返すと底の部分も鉄色になっていて大変凝った造りだった。
さらに、このお皿は釉薬をかける前に刷毛目を描きその上から釉薬をかけているそうで、説明しないと分からないけれど作家の拘りのようだ。

IMG_2329s.jpg
班唐津鉄彩6寸菊型皿


スポンサーサイト

5お気に入り | trackback(0) | comment(0) |


2015/08/16 (Sun) 感動的な戦後70年談話

安倍総理が戦後70談話の発表について言及されたのは、確か今年の年頭の会見だった。
様々な波紋を産み、中国、韓国などからはすかさず圧力がかかり、それにマスコミが呼応した。
「村山談話の継承を」「日本が侵略戦争を行ったことへの痛切な反省とお詫びを盛り込むべき」などなど。

4月のアメリカ議会での安倍総理の演説でも様々な圧力があったが無事乗り切った。
それで安心していたのだが、8月が近付くにつれて、空気が怪しくなってきた。
「閣議決定を見送る」とか「4つのキーワードを盛り込む」などという報道が繰り返され、折角の談話が骨抜きにされるどころか日本を縛るものになるのではないかと大いに心配していた。
4つのキーワード:『侵略』 『植民地支配』 『痛切な反省』 『お詫び』

そして終戦記念日の前日となる8月14日に総理談話が発表された。
リアルタイムで聴くことはできず、インターネット動画を視聴したが、練り上げられたすばらしい内容だった。

最初に、西洋諸国の植民地化の流れの中、日露戦争の意義に触れたことが大きな驚きだった。
と同時に、よくぞ言ってくれた!と喝采した。
慎重な表現ながら、日本が世界を侵略したのではなく、アジアを植民地から解放したことにつながる流れを作っていた。
東京裁判史観から日本人が解放されるための貴重な道筋だったと思う。

そして一番感動したのは、「子供や孫たちに謝罪を続ける宿命を負わせてはならない」という言葉。

これには涙が出る程感動した。
4つのキーワードを入れながら、主張する内容はまったく違ったものにするというウルトラCをやってのけた。
これにはもう脱帽だ。

あまりの感動したので、早速に官邸メールに感想を送らせてもらった。
ヒットラーなどいう誹謗中傷を左翼がしているが、よほど安倍総理が手ごわいとみている証左だろう。
民主党政権で日本が危うくなっていたところから、安倍さんが総理になったことは神風としか言いようがない。
長期政権を切に願うばかりだ。

戦後70年談話 動画へのリンク ⇒
戦後70年談話 全文へのリンク 

戦後70年談話20150814s

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2015/08/08 (Sat) 花火


会社の同僚10名で久しぶりに神戸の花火大会に行ってきた。


hanabi 20150808 (52)s


hanabi 20150808 (25)s


花火は、行くのはいいが、帰りの混雑が嫌で自分から行こうと思わないのだが、
今回は会社の同僚に声をかけてもらって、スポンサーに割り当てられる特等席で見ることができるというので、浴衣まで来て出かけて行った。


hanabi 20150808 (20)s


花火は、豪快に打ちあがるのもいいけれど、やっぱり花火と花火の「間」がいいなと思う。


hanabi 20150808 (54)s

ふっと静かに、闇が広がる時、次に何が上がるのだろうとワクワクしながら待つ瞬間。
大玉が軌跡を描きながら登っていく時、それが予想以上に高く上がっていくと、
どんな大きな花火なんだろう?!と期待感がどんどん膨らんでいく。

そんなことを思いながら楽しんだ花火だった。

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。