「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2015/02/21 (Sat) 大活躍のla.f(ラ・エフ)ダンガリーシャツ

ショップの店員さんが一押しのダンガリーシャツ。
店員さんは同じものを2枚購入したとか(笑)。
熱心なセールストークに感化されて、一昨年の春に水色のダンガリーを手に入れ、昨年秋には色違いで濃いブルーを購入した。

果たして、店員さんの言うことは本当だった。
羽織っても良し、インにしてもよし。使い勝手がよくてコーディネイトもしやすい。
ごわごわせず、程よい厚みと柔らかさを兼ね備えていて季節を問わず年中活躍している。

dungaree shirt laf 20150514_03 25  dungaree shirt laf 20150514_04 25
la.f ダンガリーシャツ 左:ブルー 右:ライトブルー

スポンサーサイト

5お気に入り | trackback(0) | comment(0) |


2015/02/15 (Sun) 可愛いセグロセキレイ

買い物の帰りに、狭いガードレールの歩道を折れると、ひび割れたアスファルトに遊ぶ二羽の小鳥に出くわした。

白と黒の美しい羽根、セグロセキレイだ。
逃げる素振りもなく、こちらの様子を伺っている。

そして、つつつつ……つつつつ……とアスファルトを動き回る。
その姿の愛らしいこと。

思わずスマホを取り出してパチリ。セグロセキレイはカメラ目線。笑
ほっこりした一瞬だった。

IMG_1753 s

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2015/02/15 (Sun) ご褒美チョコ

L'avenueを予約しようとして締切に間に合わず、s.koyamaは売り切れだったので、ちょっと張り込んでメゾン・ド・ショコラのアソート「ハートSV」をを購入。
キャラメルやヘーゼルナッツなどオーソドックスな味わいのチョコでまとめられている正統派のチョコレート。


la maison du chocolat 20150214_01 30
ラ メゾン ド ショコラ 「ハートSV」


箱を開けると中央にインパクトのあるハート型のチョコレートが鎮座。
その周りにはボンボンショコラがぎっしり並んでいる。


la maison du chocolat 20150214_04 30
箱を開けるとチョコレートがぎっしり


オーソドックスなダークチョコレートやヘーゼルナッツのガナッシュが風味豊かなチョコレート、キャラメルフレーバーのチョコレートなどが中心で、ピンクのラインが入ったものはカシスが練り込まれたダークチョコレートのガナッシュ。黄色いラインはレモン風味のダークチョコレートガナッシュが絶妙のハーモニー。


la maison du chocolat 20150214_10 30
ハートのダークガナッシュチョコ

一際大きいハート型のチョコレートは、見たところではビスキュイをチョコでコーティングしているのかと思いきや、しっかりとしたダークチョコレートのガナッシュだった。チョコの風味を味わうためにドリンクはミネラルウォーターを推奨していたけれど、やっぱり私はコーヒーと一緒にいただいた。相性は抜群だった。




1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2015/02/10 (Tue) ISIL報道で現れた病巣

ISILが邦人2名の人質を殺害した一連の事件は日本中を震撼させた。
残虐かつ狡猾なISILは要求をどんどん変化させ、日本の世論をあざ笑うかのようだった。

このような残忍な事件で家族を失いながら、懸命に冷静さを保ち、政府に謝意を述べ、迷惑をかけたことを謝罪しされたご家族の凛とした態度には涙が出た。誘拐されてからの日々どれだけ心張り裂ける日々だっただろう。
また政府のテロに屈しない姿勢は世界からも理解と賞賛を得たし、打ち手が乏しい中で相当の努力をされたと思う。

そんな中で気になったのはマスコミの報道のあり方だ。
早いうちから安倍総理の中東訪問での発言が引き金になったとこれを非難する論調が続いた。
これは、結果的に日本の世論を分断し、本来テロリストと戦い人質解放に向けて必死で対応に当たる政府に対して攻撃の矛先を向けるもので、テロリストの思うつぼとなる結果になった。

キャスターが政府批判の方向へ水を向けようとするのに対し、各テレビ局が承知した専門家は慎重な発言が多かった。
その場では収まるのだが、また次の日には同じことを質問し、専門家に否定されて沈黙する。
一旦は黙るものの、また次の場面では、飽きもせずに「政府の対応に問題はなかったのか」の問いを繰り出す……。

報道ステーションではゲストコメンテーターとして出演した元経済産業省の古賀茂明氏が、こともあろうに「I am not Abeのプラカードを掲げて現地を歩きたい」という趣旨の、自国の政権を貶めテロリストにすり寄る発言をして、多くの国民の反感を買ったが、当の番組側は意に介する気配もない。また同番組では、中東の日本人学校の場所と邦人数を地図入りで発表するなど、テロリストへ情報提供するかのような愚かさを露呈した。

日本は残忍卑劣なテロさえも政権批判のプロパガンダに利用する異常な国になっている。
その背景にあるのは左傾化したマスコミの報道や左翼政治家の活動に他ならない。
後藤さん解放を訴えて官邸前に集まった人々が主張するのはなぜか「憲法9条を守れ」「集団的自衛権反対」であり、この人々はなぜか北朝鮮の拉致被害者には無関心だということが指摘されている。
日本の病巣は根深いものがある。

産経新聞「イスラム国」事件で本性があぶりだされた人たち 妄言、事実誤認、不見識…」

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。