「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/11/24 (Mon) 息を飲むほど美しい書写山のもみじ②

本堂である摩尼殿近くにくると、色づく木々の間から、壮麗なお堂が覗いている。
赤や黄色、緑色が幾重にも折り重なって素晴らしい紅葉を見ることができる。


shoshasan 20141122 (37)50×207
摩尼殿近くの林



shoshasan 20141122 (8) 50×20
摩尼殿を横手から覗く


shoshasan 20141122 (34) 50×20
摩尼殿前


さらに足を延ばして、大講堂・食堂・常行堂へ。3つのお堂がこの字型に連なっている。
ここはラストサムライや大河ドラマ軍師官兵衛のロケでも使われた場所だ。
食堂には軍師官兵衛のロケの際の写真や記録が展示されていたり、秀吉の弟、秀長の名前が掛かれた柱などがあって歴史好きにはワクワクする場所だった。



shoshasan 20141122 (70)30
大講堂・食堂・常行堂


shoshasan 20141122 (50)50×20
食堂裏手



shoshasan 20141122 (78)50×20
瓦に紅葉が美しい


shoshasan 20141122 (72)50×20
展望公園からの夕景


shoshasan 20141122 (71)50×20
展望公園からの夕景

スポンサーサイト

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2014/11/23 (Sun) ランナーに元気をもらった神戸マラソン(途中)

今年も神戸マラソンがやってきた。
この半年、私も仕事で神戸マラソンに関わってきて、ようやくこの日を迎えることができた。

今年はランナーのおそろいのTシャツに載せる英文メッセージを外国人社員に考えてもらったり、昨年まで通っていた研究開発拠点でランニング教室を開催したりと、忙しい中にもいろいろ楽めた。

何よりビッグニュースは、元阪神タイガースの矢野さんがフルマラソンに出場するという。
私は、応援チームの責任者に許可をもらって、ナンバー39の矢野ユニを着こんで沿道応援をすることにした。


1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2014/11/22 (Sat) 息を飲むほど美しい書写山の紅葉①

紅葉の頃を狙って再び書写山へ。今度はちゃんとロープウェイの登り口に到着できた。
ちょうどもみじ祭りが初日を迎えたタイミングだった。
ロープウェイ山頂駅から書写山円教寺を巡るバスが出ているのには驚いた。
歩いても十分周れるということで、私は歩くことに。

この辺りの紅葉の名所だけあって本当に美しい。
楓や銀杏、杉の緑が交じり合い、行く先々で見どころがある。


shoshasan 20141122 (4)50×20
木々の合間から色づく紅葉が顔を覗かせる



shoshasan 20141122 (17)50×20
(おそらく)圓教寺会館



shoshasan 20141122 (10)50×20
仁王門



shoshasan 20141122 (59)50×20
もみじ



shoshasan 20141122 (56)50×20
摩尼殿近くの林



shoshasan 20141122 (25)50×20
摩尼殿

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2014/11/03 (Mon) 書写山

西の比叡山として名高い、姫路の書写山円教寺。
播磨平定をもくろむ秀吉の前に、三木の別所長冶が突如反旗を翻した際、毛利軍との挟み撃ちを避けるため、黒田官兵衛たちの進言により、ここ書写山に移動して軍陣を張ったと言われている。


shoshasan 20141103_03 50×15
鳥居の脇を横切り山頂へ上がっていく


かつてはトム・クルーズ主演の「ラストサムライ」でもロケ地となり、地元では大変なにぎわいだったらしいが、恥ずかしながら私は今まで一度も行ったことがなかった。
官兵衛ゆかりの地を巡ることが楽しみになってからは、ぜひとも行っておかなければと思っていた場所だった。


shoshasan 20141103_24 50×15
かなり鬱蒼とした山道(西坂)


自宅からも近いし、昼からで十分だろうとたかをくくっていったのが間違えだった。
ナビの設定を誤り、着いたところはロープウェイの乗り場とは程遠い山の西側で、そこからどうやって上がるのか分からず、右往左往した挙句、歩いて登ることに。

shoshasan 20141103_14 50×15
磨尼殿(まにでん)


30分くらいで登れると聞いたが、これが急なこと!
何度かくじけそうになりながらやっと上へ上がったけれど、これがあまりに広くてびっくりした。
今度は下って行った先に建物がありそうだ。
「下るのはありがたいが、帰りはまた登らないといけないってこと?」
ちょっと躊躇したけど、本堂を目指すことにした。


shoshasan 20141103_17 50×15
磨尼殿(まにでん)の屋根


ほどなく、本堂の磨尼殿(まにでん)に到着。
立派な造りの建物が聳えるように建っている。
近くには茶店もあってなかなかの賑わいだった。
あたりは少しだけ紅葉が始まっている。


shoshasan 20141103_16 50×15
少しだけ楓が色づいていた


よくロケで出てくる大講堂までもう少し足を延ばしたかったけど、どちらへ行っていいのか分からず、日も暮れてきそうだったので諦めて降りることに。
ガサガサと音がしたので振り返ってみると、何と、野生の鹿が遠巻きに私たちを見ていた。
身体が小さく、もしかしたら兄弟かも知れない。
思わぬ出会いに、ちょっとほっこりしながら山を下りていくと、空には白い月がでていた。

shoshasan 20141103_27 50×15
西坂から見た月

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。