「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2014/04/29 (Tue) 昭和の日

新入社員研修でバタバタしているうちに、あっという間にゴールデンウィークに突入した。
生憎のお天気となったが、春の雨がPM2.5で濁った空を静かに洗い流してくれている。
今日は「昭和の日」。昭和天皇がお生まれになった日だ。

かつてこの日は、昭和天皇が植物学者であり植物を愛しておられたことから「みどりの日」と呼ばれていた。これは共産党などの反対があったためだとされているが、当時はそんなことは分からず、緑を愛する昭和天皇にふさわしいなと、思っていた。
昭和天皇と言えば、みどりと相撲を愛される穏やかなお姿が印象深い。
しかし、筆舌に尽くしがたい苦難を背負われた天皇だった。

DSCN3187s.jpg
3年前に明治神宮で撮影した新緑


昭和天皇は即位早々、28歳の時に2.26事件が起こった。
内閣の主要メンバーが暗殺されるという事態に、若い昭和天皇は自ら軍を率いて鎮圧しようとされたという。
これは皇室の歴史上極めて異例のことであった。
国内にあっては陸軍と海軍の対立や軍内の派閥争いがあり、国外にあっては列強の日本封じ込めという厳しい情勢の中で苦難の連続だっただろう。昭和天皇は避戦の思いが強かったが、内閣の決議を尊重する立場を堅持された。

敗色が濃厚となり、米国による空襲の危険にさらされる中、側近が帝都を離れるよう要請する中で、昭和天皇は断固として離れようとしなかったという。
ポツダム宣言が突きつけられ、承諾すべきか徹底抗戦かを審議する御前会議において、賛成反対が同数となる中、時の総理大臣はあまりのことの大きさに異例のことながら、天皇陛下へご聖断を仰ぎ、陛下はポツダム宣言受託をご決定されたという。

敗戦後1か月たった9月に、昭和天皇は連合国最高司令官 マッカーサーを訪ねられた。
当初からの予定どおり、マッカーサーは昭和天皇を出迎えなかった。出迎えたのはわずか2名の副官だったという。
通訳と2人きりになり、そこで話されたことを昭和天皇は一切お話にはならなかったが、マッカーサーの回顧録によると、「私は、国民が戦争遂行するにあたって、政治、軍事両面で行ったすべての決定と行動に対する全責任を負うものとして、私自身を、あなたの代表する諸国の採決に委ねるため、お訪ねした。」と話された。また、「自分の命はどうなっても構わないから、国民を飢えさせないようにしてほしい」と要請されたとも伝えられている。
自分の命を引き換えに日本を守ろうとされた昭和天皇のお姿に、マッカーサーは、かつて敗戦国の元首でこのよう言葉を述べた人はいない。と大変感動し、お帰りの際は予定を変更して自ら昭和天皇を見送った。
本国やソ連では天皇を処刑せよという意向が強かったが、マッカーサーはそれを退けたという。そして、昭和天皇のお言葉により本国からの支援物資を増やすように指示した。

昭和天皇の覚悟の深さと国を思うお心の大きさに、深い感動と感謝の思いがこみ上げてくる。
今の日本人は、何不自由のない暮らしをしているけれど、つい60年ほど前に直面した、建国以来最大の危機に際して、昭和天皇は命を懸けて国民を守ろうとされたのだ。

今日は昼から雷がなり、風雨が強まった。
あちらの国から昭和天皇は日本の行く末をどのようにご覧になっているのだろう。

スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2014/04/26 (Sat) 昭和な街角 千日前界隈

俺のイタリアン帰りに2件目のお店を探して千日前界隈を歩いた。
昭和生まれにはこたえられないこの感じ。めっちゃええやん。
途中、「虎やんけ」という居酒屋もあったりして、お腹いっぱいじゃなかったら入っていたところだ。(笑)


sennitimae 20140426_01s
さかな屋さんと居酒屋が合体したいい感じのお店

sennitimae 20140426_05s
コテコテのネオン街


やがて「千日前シアター」というアヤシイ雰囲気のお店に行きつき、はじめ躊躇したものの、好奇心で入ってみることにした。
怖いおじさんもいなくて、感じのいい店員さんに進められるままに席につき、気が付いたらまたまた長居をしてしまった。


sennitimae 20140426_12s
レトロな店構えだが、怪しすぎる(笑)


sennitimae 20140426_14s
恐る恐る中へ入ってみた

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2014/04/26 (Sat) 立ち食いのイタリアン

高級食材をリーズナブルな価格で提供する異色のレストランとして、東京で名をはせた俺のイタリアン/俺のフレンチが大阪に登場したとかで、前の職場の仲間たちと行ってきた。

15:30に難波で待ち合わせて道頓堀通りを抜けお店へ着くと、30人くらいの列が出来ている。これでも当初と比べ大分落ち着いたらしい。


ore no Itarian outsaide 20140426_01s
お店の外観

ore no Itarian 20140426_03s
俺のスパークリングで乾杯


立ち飲みというのがとてもユニーク。さらに、メニューにない様々な裏メニューを提供してくれる。
私たちは、シェフの思いつきで特別に作ったすずきのクリーム煮の紹介を受ける。限定20食だそうだ。

テーブルに案内されて、ドリンクとその裏メニューを注文。
まだ日も高いうちからスパークリングワインで乾杯し、ごちそうに舌鼓とは、なんと贅沢なこと!


ore no Itarian 20140426_04s
シェフの思いつきメニュー

ore no Itarian 20140426_07s
トリュフの入ったビスマルクピザ


さらに、オリーブの塩漬け、アンチョビポテトフライなどのおつまみを頼み、ステーキにピザやパスタなどあっという間にテーブルが一杯になってしまった。


ore no Itarian 20140426_09s
フォアグラの乗ったステーキ


定員さんもフレンドリーで気持ちのいい接客をしてくれる。
トリュフやフォアグラなどの高級食材に、ビールにワインにお喋りにと、楽しいひと時だった。
立ち飲みだと長居ができないだろうと思っていたが、あっという間にラストオーダーの時刻。
それでも結局2時間半くらい居座ってしまった。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2014/04/25 (Fri) 移民政策の愚 ~調略された内閣府~

内閣府のホームページに、2月24日付で掲載された「目指すべき日本の未来の姿について」において、来年から毎年20万人の移民を受け入れた場合に人口1億1千万人を維持出来るという、政策が掲載されて物議を醸しだしている。
安倍総理もこれに呼応するかのように、建設業などを中心に外国労働者受け入れについて検討を指示するなど、移民受け入れの地ならしと思われる流れだった。

移民を受け入れた場合、そのほとんどは中国人と考えられる。日本を中国共産党の手に落としかねない危険な政策として反対の声が上がっていた。

中国は人口の多さを武器にして周辺国に移住し、事実上支配下に置く戦略を推し進めている。
ウィグル地区やチベット地区はまさにそうやって漢化政策が実施されてきた。
現在、日本国内の中国人は沖縄に集結しようとしており、沖縄の切り取りを狙っているとも言われている。
中国に支配されている、チベットやウィグルでは、9割の寺院が破壊された上、地主や宗教家が見せしめのため処刑され、何万もの人々が虐殺されているという。
日本が中国化した場合に、待ち受けている悲惨な運命は明らかであるのに、このような政策を打ち出すというのは、まったくもって理解できない。
青山繁晴氏が言うように、政府の中に中国共産党の工作員が入り込んでいると見なければいけないのだろう。

しかし、日本のメディアは例によってこの危機を全く伝えてはいないのだ。
国民として声を上げる必要性を感じ、私も内閣府へ抗議の意見を投稿をした。全国から抗議が殺到しているだろうが、表面上まったく動きは見られなかった。

そんな折、安倍総理が、4月20日放送、関西ローカル「たかじんのそこまで言って委員会」に出演された。
生前のやしき委員長との約束を守ってのご出演だったとか。
番組では安倍総理に30問の委員会からの質問に答えていただく形になっていが、その中にこの「移民受け入れ」の問いが含まれていた。安倍総理の回答は、「NO」だった。即座にそして非常に明確に意思表示をされた瞬間、スタジオからは「おお~」というどよめきが起こった。
政治が官僚の策にくぎを刺した形になった。民主党が政権を握っていたらどんなことになったかと思うとそら恐ろしい。
内閣府は今回の件で、大河ドラマ風に言うと「中共に調略された」ことを明らかにしたようなものだ。
政府にはしっかりと手綱を締めてもらいたい。


内閣府「目指すべき日本の未来の姿について」
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/future/0224/shiryou_01.pdf#search='%E5%86%85%E9%96%A3%E5%BA%9C+%E7%A7%BB%E6%B0%91'

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2014/04/25 (Fri) 天使の綿シフォン

何の変哲もない綿のカットソーなのだけど、すばらしい着心地の良さ!
すっかり天使の綿シフォンの虜になってしまった。
これも某ショッピング番組で紹介されていたもので、その値段の高さに驚いたけれど、買ってみると納得した。

極細の綿糸を使って丁寧に織られていて、薄いベールのような生地が二重になっていることで、空気を含み冬から早春にかけては温かさを逃しにくい。またしっかりと汗を吸収して放出してくれるので、さらっとした着心地が続く。
肌触りはまるえガーゼのようで、着ているだけで癒される感じがする。

写真は7分袖のラウンドネックだけど、ハイネックもあり、カーディガンやレギンスなどラインナップも豊富。母親にレギンスをプレゼントしたところ大変気に入ったようだった。


cotton 20140329_02s
天使の綿シフォン ラウンドネック カットソー(7分袖)


cotton 20140329_03s
丁寧にかがられた袖口

5お気に入り | trackback(0) | comment(0) |


2014/04/21 (Mon) 春の庭

桜は散ってしまったけど、その後を受けて競い合うように色とりどりの花が咲き始めた。
まさに百花繚乱の季節が到来した感じだ。



flower 20140420_01s
黄色が鮮やかな「フリージア」



flower 20140420_05s
俯いた風情が控えめな女性を連想させる「おだまき」



flower 20140420_06s
春風に優しく揺れるこの花、残念ながら名前は分からず……



flower 20140420_13s
小さな白い蕾がとても可愛らしい



flower 20140420_14s
春の光を一杯に浴びて咲く「山つつじ」

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2014/04/13 (Sun) 出現! 官兵衛列車<5/6修正>

ホームにやってきた電車。何気なく乗ろうとしてびっくり。
電車の車体一杯に、岡田准一くんの顔が描かれている! そして、「軍師 黒田官兵衛」と大きく書かれているではないか。
大河ドラマにあやかって、地元を盛り上げようということなのか、こんな車体の官兵衛列車が走っていた。



IMG_1463s.jpg


姫路で生まれた黒田官兵衛は、播磨平定に大きな貢献をして、軍師として秀吉を支えた。
姫路を舞台にした大河ドラマということで地元は大いに盛り上がっている。
私自身は、恥ずかしながらドラマによって初めて官兵衛が姫路出身ということを知った。

最近視聴率が下がり気味という話も聞くが、どうしてなのかサッパリ分からない。
ドラマは一番面白いところに差し掛かっていて、尾張から起こった織田信長が、京へ入り、中国地方を平定するという歴史の大きなうねりの真っただ中だ。
この官兵衛列車も地元からの盛り上げに一役買ってくれたらいいな。


DSC00493s.jpg


4月13日の放送では、加古川城で開かれた毛利攻めの評定で、播磨が二つに割れる場面が描かれていた。
秀吉を描いたドラマでもここまで丁寧に播磨を描いたことはないんじゃないかな。
まさに私が住んでいるこの地でそのような激動の歴史が動いていたのかと思うと、こんなにワクワクすることはない。
加古川城評定で、秀吉軍に反旗を翻したのが「野口」「神吉」「英賀保」など。
地元の地名が、ざくざく出てくるのも興奮させる。戦国時代からの地名がそのまま使われているのも嬉しいことだった。
このところ、安易に地名を変える動きがあるけど、それによって歴史が埋もれてしまわないようにしてほしいものだ。

思いがけず、“官兵衛列車”に乗ることが出来て、テンションが上がった。
三宮で降りたのだけど、できれば近江の賤ヶ岳あたりまで行きたかったな。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2014/04/13 (Sun) 百貨店の中の桜

神戸大丸に桜が咲いていた(笑)。
最初は造花だろうと思ったけど、念のため近づいて確かめてみると、本物だったのでびっくり。
大きな鉢植えの桜が2本、フロアに飾ってある。
花は少し小さ目、濃いめのピンクの可愛い八重桜だ。

私と同じように本物かどうか疑った人がいて、確かめてちょっと触っては、思いがけない花見を楽しんでいた。


sakura in daimaru 20140405_01s
吹き抜けのフロアに桜が枝を伸ばす


sakura in daimaru 20140405_03s
小さ目の可憐な八重桜


sakura in daimaru 20140405_04s
思わず見上げて写真を撮った

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2014/04/11 (Fri) トアロードの健康カフェ

最近気に入っているお店「あげは」は三宮トアロードにある野菜中心の健康カフェ。
たまたまお茶をしようと立ち寄ったのがきっかけで、以来何度か通っている。
店内は白い壁と木のぬくもりが感じられる。テーブルと椅子は手作りか古いものを再利用しているような雰囲気でいい感じ。


ageha sweets 20131014_02s
白い壁の店内

ageha sweets 20131014_03s
素朴で温かい雰囲気が魅力

ageha 20131014_01s
手作り感覚のテーブルと椅子


ランチメニューの中で好きなのは「日替わりお昼ご飯」。
野菜をふんだんに使っていて、味付が実に優しい。
ご飯は、普通のご飯と、玄米、十穀米から選ぶことができる。また、胡麻が添えられているのも嬉しい。
お漬物替わりの昆布と椎茸の佃煮は、恐らく出汁を取ったあとのものでないかかと思うのだけど、塩が控えめで絶妙の味付け。漬物は残すのが常の私も、これは全部食べることができた。
そしてお味噌汁は、おそらく天然出汁のみを使っていると思われる、とても優しい味だった。


ageha higawari 20140329_01s
ある日の日替わりお昼ご飯「長芋と白菜のきのこあん」

サラダ
長芋と白菜のきのこあん
大学芋
玄米ごはん
お味噌汁
佃煮
ごま塩

5お気に入り | trackback(0) | comment(0) |


2014/04/06 (Sun) 野分窯 織部 楕円皿

両端にある織部の緑が印象的なお皿。
何とも言えない楕円形の優しい形をしているのが気に入って衝動買いしてしまった。


nowakigawa oribe daenzara 20140406_01s


手づくりのため、ひとつひとつ形や色付けが微妙に違うのもたまらない。
おかずを盛り付けてもいいし、お菓子を盛り付けても素敵。パン皿としてもちょうどいい大きさだ。
写真は、地元の和菓子屋さんの秋のお菓子「もんぶらん」を盛り付けたところ。

nowakigama oribe daenzara 20131020_01s

5お気に入り | trackback(0) | comment(0) |


2014/04/06 (Sun) 野分窯の若草釉 鎬小碗

たまたまインターネットで見つけて購入した。
野分窯は広島県大竹市の窯元で、織部や灰釉、若草釉など、素朴で優しい風合いの作品が特徴。


nowaki wakakusa20130819_01s
ポテトサラダを盛り付けてみたところ


この鎬小碗は柔らかい若草色の釉薬と緩やかな縞模様が素敵。
普段使いにできる器でありながら、ちょびっと背伸びした感もある。

器が届いてみると思ったより大きめだったけど、使ってみるとちょうどいい大きさだ。
ちょっとした煮物を入れてもいいし、お浸しでもサラダでも、カフェオレボールとしても使えて、毎日お世話になっている。


nowaki wakakusa 20140406_01ss
若草色の器は盛り付けるものを選ばない

5お気に入り | trackback(0) | comment(0) |


2014/04/05 (Sat) 雨上がりのさくら

新入社員研修で、ここのところ毎日悪戦苦闘している。


sakura 20140404_03s


昨日と今日の二日間は、古巣の研究開発拠点で研修が行われるというので、忙しいながらも楽しい二日間だった。


sakura 20140404_01s


何よりも、今年は桜の開花時期が例年より早まり、新入社員研修の時期に合わせてくれたようだ。
庭園の桜が新入社員を歓迎するように、いい感じに咲き揃ってくれた。


sakura 20140404_04s


そして今日は、第一週目の最終日。


sakura 20140404_05s


昨夜から冷たい雨が降りかかって、満開になった桜が散りはしないか心配だったが、大丈夫だった。
外はひんやりして、これで桜が持つかもしれない。雨に洗われ、朝日を浴びて柔らかく輝く桜がとてもきれいだった。

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2014/04/04 (Fri) 夜桜

朝一番の役員講話でお話していただくはずの役員さんが、急きょ出席できなくなり、ドタバタの一日が始まった。

午後から行う予定のワークの一部を朝に持ってきて、空いた午後の隙間を、急きょ私がつなぐことになった。

加えて新入社員の茶室体験学習も、開始時刻やメンバーが二転三転し、そこへ海外現地法人のスタッフを入れることになり……、まさにてんやわんやの一日だった。

一日の研修が何とか無事に終わってほっと一息つく暇もなく、「週明け月曜日の演習の中身が決まっていない!?」ということで、22時頃まで打ち合わせ。
その後さらに、自分の仕事を一人片づけて、会社を出ると、なんと、雨が降っている。

雨に濡れた夜桜が、「お疲れさん」と言ってくれているようで、その美しさにしばし見とれてしまった。


sakura in TP 20140403_02s



sakura in TP 20140403_04s

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2014/04/03 (Thu) 茶室のしだれ桜

新入社員を対象にした茶道体験。
今年の新入社員は、アラブ人、ドイツ人、中国人、韓国人などバラエティに富んだ面々がいてそこにさらに海外現地法人のロシア人のが飛び入り参加することになった。
正座は大変そうだったけど、まさかのお茶室での茶道体験にみんな楽しんでいた。

そんな茶室の庭には、新入社員を歓迎するかのように、しだれ桜が満開を迎えていていた。
こんな景色を見ていると、野点などやりたくなるなあ。


mizuya 20140403s
水屋でお茶を点てる


shidarezakura chashitsu 20140403_01s
満開のしだれ桜


shidarezakura chashitsu 20140403_03s
桜が美しいお茶室の景色

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2014/04/03 (Thu) 早くも満開

今年の桜は早い。4月3日にしてもう満開といった感じだ。
4月から4名減った体勢で新入社員研修を乗り切らなければならないという事態に、急きょ私は、その新入社員研修チームに加わることになった。
細かいことは一切分からず、本番を迎え、昨日はあたふたの初日、2日目だった。

そして今日からは、古巣の研究開発拠点に場所を移して研修。

この日はとんでもないドタバタの一日になるとも知らず、朝、出勤した時には本当に爽やかな朝の空気を楽しんだ。

sakura in TP 20140402_02s

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。