「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/12/30 (Mon) 靖国その後

まるで四面楚歌のようなブーイングの大合唱になっている、例のヤスクニ問題。
世界広しと言えども、自国の戦没者の霊にお参りしてこれほどの内政干渉を受けるのは日本だけだろう。
そのことに疑問を呈するメディアは皆無で、あとのすべてが世界中が批判しており、大変だ。という論調に終始していていることが問題ではないのか。
当初ロシアは、政界の中で特定の国を貶めようとする動きがある、、と日本寄りのコメントをしていたが、さらっと流しただけだった。その後ロシアも論調を変えてきたようだが……。

アメリカが早い段階で「失望」のコメントを出したことには愕然とした。
一番のポイントはA級戦犯として東京裁判んで裁かれた人々が合祀されたことが問題となっていることだろう。
これを認めると、当時の東京裁判を主導したアメリカの立場がなくなるから。
ということで、アメリカとしては安倍総理の靖国参拝は認められないのだ。
東京裁判は、国際法上違法性が指摘されている。日本の行いを侵略とし、平和への罪として裁かれた東京裁判。この考えに照らした場合に、裁かれる国はその後どれほどあることか。しかし、第二次世界大戦の戦勝国が作り上げた現在の体制の中では、日本がそのことを主張することは許されない。

この不条理を解消し、いかに日本の立場を世界に認めてもらうかについて、知恵を絞ることが大切なはずなのに。
日本の行く末の厳しさを痛感した年の瀬だった。

スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/26 (Thu) 安倍さんにエール

第二次安倍政権が成立してから12月26日で一年を迎える。

その節目で靖国神社参拝を果たしたのは驚いたが、また各種メディアが大騒ぎするのが思いやられる。
この手の話は放っておけよ、といつも腹立たしく思うのだが……。
なぜ日本のマスコミは、まるで中韓の利益を守ろうとしているかのような報じ方をするのか?
苦々しく思うのは私だけではなく、結構周りにもいるみたいで、メディアを鵜呑みにしない人が増えているのは心強い。


話は変わるが、先日たまたま録画していた関西テレビの「ニュースアンカー」で安倍首相がインタビューに出ていた。
事前打ち合わせなしのガチンコだったそうで、青山繁晴氏とのやりとりは、他局では見られない内容のあるものだった。
安倍さんは拉致被害者奪還についても真摯な思いを述べておられたのが印象的だった。

安倍総理は就任以来、アベノミクスであっという間にデフレ脱却の足掛かりをつけ、来年からはいよいよ賃上げも現実味を帯びてきた。

東シナ海の緊張を見据えて、同じ懸念を共有する東南アジア諸国はじめ、中東などにも精力的に訪問し、打つべき手をきっちりと打ってくれている印象だ。また今年になって台湾と漁業協定を結んだことも良かった。
まだまだ、国を守るために行うべき政策は山積しているが、ようやく政治が安定して、日本が少しはまともな国になってきた感がある。(就任前は、実は割と冷ややかに見ていたんやけどね……)

今年は、いよいよ本格的に戦後レジームからの復活をめざし、正念場の年に差し掛かっていきそうだ。

今回の参拝はその決意を示そうとしたのだろうか。或いは、中韓の恫喝外交に屈しない意識を表したのか。はたまた、第一政権で果たせなかった参拝をしたのか。


さて、何とか国家機密保護法を成立させたが、憲法改正までの道筋は険しそう。
国家機密保護法審議の時に、メディアは、スパイ天国と言われ続けてきた国の現状を指摘することなく、取材の自由とか知る権利などという甘っちょろい論理で、反対を続けた。

世論を作り上げるメディアの威力は大きいが、そこには隠蔽や誇張、すり替えがまかり通っていて、頭から盲信したらとんでもないことになる。

ようやく立ち上がったまともな政権にエールを送りつつ、足を引っ張らないようにしなくては。
靖国へはもう少し静かに参拝させてあげたいものだ。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/23 (Mon) 選ばれてよかった

ソチ五輪に出場する、フィギアスケートの男女日本代表選手が決定した。

選考の舞台となった全日本選手権は、「表彰台を逃せば五輪への道は事実上断たれてしまう。」ということで、息が詰まるような緊張感に包まれていた。
そんな中、グランプリファイナル前に右足を怪我した高橋大輔選手が、怪我を抱えて出場するものの、ショートから本来の滑り方ではなかった。高橋選手はピリピリした雰囲気の中で準備をしていたようだったが、その表情の厳しさからどれだけ崖っぷちに立たされているかが分かり、胃が痛くなる程だった。

痛み止めの注射を打って無理してリンクに立っているのだろうか……。でも、ジャンプは失敗が続いたものの、観客を魅了する表現の豊かさは健在だったと思う。
フリーを終わって絶望の中にいながらも、観客に対して声援へのお礼をする高橋選手を見ていると、あまりにも辛く、沈んだ気持ちのままその日は床に就いた。

半月板の大けがなど大きな試練を乗り越えてきた高橋選手。自分の弱さを叱咤するコメントをしていたけれど、不屈の闘志で試練を乗り越えてきたではないか。それなのに、ここで五輪への道が経たれるかと思うと不憫でしょうがなかったのだが、翌日の発表の際、なんと連盟は高橋選手の世界ランクと今季の実績から、高橋選手を五輪代表に選んだ。

その名前が呼ばれた瞬間、思わずテレビの前で歓声を上げていたが、埼玉アリーナ―の観客からも大歓声が沸き起こり、涙ぐんでいるファンの姿があちこちに見られた。
高橋選手がどれほど愛されているかが感じられる瞬間だった。そして、その歓声の中で小塚選手がどんな思いだったかを考えるとそれも辛いものがあった。

高橋選手はこの大会で無理をした分、十分に調整してソチでまた世界を魅了してもらいたい。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/22 (Sun) 新米のごちそう

師走になってようやく今年初の新米をいただいた。
やっっっっっっっっっぱり、新米は美味しいわーー!!
炊き上がった時の艶も香りも全然違う。

いつもは発芽玄米を混ぜてご飯を炊いているのだけど、久々に銀シャリで炊いてみたところ、これがまた本当に美味しい。日本人でよかったと思える瞬間かも知れない。

本来は、11月23日の新嘗祭で、天皇が宮中でその年に採れた新米を神に捧げ、天の恵みを感謝した後、庶民が新米を口にしたそうだ。
新嘗祭は伊勢神宮で天照大御神に五穀を捧げる神嘗祭と並んで最も重要な祭祀であり、陰暦の11月の第二卯日(現在の冬至の頃)に行われていたとのこと。庶民は冬至の頃まで新米を口にしなかったらしい。

ということは、ちょびっとばかりフライングゲットしてしまった。
ま、新暦では新嘗祭の後に食したから許していただこう。


rice.jpg

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/21 (Sat) クリスマス柄の手ぬぐい

クリスマスの可愛らしい柄が入った手ぬぐいもたくさん出回っている。
和柄が好きなのであまり持ってはいないのだけど、タペストリーとして部屋に飾ったり、ハンカチとして持ち歩くと、クリスマス気分を盛り上げてくれる。

todaya xmas 20131223_01s
▲梨園染 戸田屋商店「クリスマス」

戸田屋商店の「クリスマス」は真っ白な生地に、靴下とかプレゼントとか、クリスマスツリー、サンタとトナカイなど、クリスマスの柄が小紋のように並んでいる。

hamamonyo winter 20131223_01s
▲濱文様「スノーツリー」

こちらは、濱文様の「スノーツリー」。クリスマスのモチーフが入っていないので、本当は季節の柄なのかも知れない。
葉を落とした木々と雪の結晶というモノトーンな世界に一つの赤い実がアクセントになっている。

6手ぬぐい | trackback(0) | comment(0) |


2013/12/14 (Sat) スマホが戻ってきた

あれ、無い……?

神戸マラソンの事務方の打ち上げの日に、検索した情報を見せるため、私のスマホを参加者に回していていつの間にかスマホが無くなってしまった。
酔っぱらっていて、スマホを持ってないことに気付いたのは電車の中。誰かが持っていてくれるだろうと思っていたら、誰も持っていなかった。

最後に見たのはいつだったか、………。思いだそうとしても記憶が曖昧でよく分からない。
ネットで見ると、盗難や紛失したスマートフォンが戻ってくる確率は、何と7%しかないとのこと!?

ガラケーより確率は下がるだろうとは想像できたけど、そんなに低いの?
ネットではいろいと紛失した時の対処法が乗っている。
こんな時に頼りになるのが「iPhoneを探す」なのだが、登録していながら、パスワードが分からずに使えない。
焦りながら、携帯会社に問い合わせてみると大体の場所を教えてもらえた。
最初に行ったお店のようだ。

しかし……
問い合わせてみたが、「そのような忘れ物はありませんでした。」との絶望的な返事。

携帯会社に依頼すれば、スマホを使えなくしてもらうことが出来るのだけど、そうすると電波を発しなくなり探すこともできなるなるらしい。
それで一旦保留にしてiCloudのパスワードをリセット&再設定し、「iPhoneを探す」を起動。
すると、最後に行ったカラオケ店を指し示していた。
早速電話して問い合わせると、「はい、お預かりしています。」とのこと。

ほっ………。

「ありがとうございます!」と電話の相手に向かって思わず頭を下げていた。
預かってくれていて本当によかった。
たまたま、7%に入っていてくれたのだろうか。
お店の中だったからよかったんだろうな。
でも、まあ世の中まだまだ捨てたもんじゃないわ。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。