「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2013/04/22 (Mon) 柿の新芽

今、柿の新芽がとても美しい。
黄緑色のまだ開き切っていない若く柔らかい新芽が、春の日差しを浴びてまぶしく輝いている。


kaki 20130420_02s





農村地帯にはいたるところに柿が植えられていて、この時期になると若々しい新芽の緑が鮮やかで、車を運転するのが心楽しくなる。

kaki 20130420_06s




昔、農村の人々は、柿の実をすべて収穫せずに必ずひとつだけ残しておいたらしい。晩秋にはどこの家の木にも1つだけ柿の実が残されていた。旅人のためとか鳥のためとか、そんな話を聞いたことがあるけど、これを木守りというのだとか。
黒く枯れてしまった木守りを取り囲むように、若葉が広がっている。そうやっていのちが受け継がれていくのやね。

kaki 20130420_05s

スポンサーサイト

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2013/04/07 (Sun) 雨中の桜 ~弐~

桜は散るからこそ美しいという。
舞い散る花びらを歌った歌も多い。着物や工芸品にも桜吹雪や散りゆく花びらが描かれたものが多いという。
……日本人の美意識を感じるなあ。


sakura 20130406_04s
細かな雨が降っていたので、風に舞うというわけにはいかなかったけど、雨に打たれて落ちた花びらが水たまりにたまっていた。



sakura 20130406_34s
公園の川縁の岩にも花びらが散りばめられている。



sakura 20130406_41s
家に帰ると、傘に花びらがくっついていた。今年の桜もこの雨で散ってしまいそうだし、払いのけるのも可愛そうな気がして、ガラスの器に水を張って浮かべてみた。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2013/04/07 (Sun) 雨中の桜 ~壱~

満開の桜を散らす低気圧が通過するという。
前日、置きっぱなしにしてあった自転車を取りに、駅まで歩く途中に、雨にしっとりと濡れた桜がとっても綺麗だった。

sakura 20130406_02s
墓地の隣の公園の桜。雨に濡れて桜の色合いが濃く見える。




sakura 20130406_22s
図書館近くの公園の桜は、枝が無粋に切られていて痛々しかった。なぜそんな切り方をするのか理解に苦しむ。残った枝に咲いた花はこんなに綺麗だというのに……。




sakura 20130406_14s
雨の中、花が瑞々しく感じる。芽吹き始めた芝生の緑を背景に桜の柔らい色合いがとてもいい。
昼には風が強くなって花が散ってしまうのかと思うと名残惜しい気がした。

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。