「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2012/03/12 (Mon) 野口選手、感動の粘り!

大阪国際女子マラソンを左足太ももの故障で回避した野口選手。
その後中国昆明で調整とトレーニングを続け、名古屋ウィメンズマラソンにロンドン五輪出場権をかけたラストチャンスとして出場。
4年前、北京五輪金メダルの最有力候補だった野口選手は、直前の故障により出場を辞退。
その後野口選手は選治りかけては再発するということを繰り返し、アスリートとして塗炭の苦しみを味わってきた。

2年前に実業団駅伝に出場した時、体調不調から思うような走りが出来ず、さらにその後疲労骨折も判明、オリンピックイヤーを直前にまたしても暗雲が立ち込めた。
神様も非情だなあ。そこまで試練を課さなくてもいいだろうに。
野口選手の心が折れないか心配だったし、逆にもうそこまで苦しまなくてもいいんじゃないかとも思いながら気をもむ日々が続いた。

野口選手はそこからまた立ち上がり、トレーニングを重ねてこのスタートラインに立った。
直前の会見で、挑戦者の立場という言葉を使うのを聞いて、万全というわけではないのだなという気がしていたが、レース後のインタビューでも、無事に走りきれるかという不安も抱えながらの出場だったことが明かされていた。そんな不安を抱えた状態でのスタートだった。


当日、私たちは6:00出発の応援バスに乗って現地応援へ向かった。
応援を取り仕切るのはかつての私の職場の人たち。短い期間に現地調査をして応援ポイントを決め着々と準備をしてきた。
私は28キロ地点と32.9キロ地点の名城公園の中そして地下鉄で移動してナゴヤドーム前の41キロ地点の応援するというチーム。
ワンセグやラジオで戦況をチェックしつつ横断幕を広げノボリを立てて準備。最初トップにいた野口選手はじわりじわりと遅れているという。
選手を待ち構える間、一般の人たちが応援に加わってくれたり、「何をしている会社?」とたずねられたり、ロードの応援はやっぱりいい。

ラジオから流れる藤田さんの解説では、野口選手はリズムがあまり良くないとのこと。
短期間での立て直しはやはり難しいんだな、でもとにかく野口さんを力づけたい。そんな思いで待ち構えると、やってきた野口選手は思ったより離されていなかった。
すぐに私たちは折り返しに備えて陸橋を上り反対車線へ。
すると驚くべきことが起こった。遅れていた野口さんが追い付いてきたという!
さらにトップに立ってレースを引っ張り始めた!
ラジオの実況に耳を疑った。

そして野口さんはやってきた。先頭ではなかったけど、先頭集団の中であっという間に疾走していった。

さあ、そこからが大変。
地下鉄に乗ってナゴヤドームへ移動しなければならない。
電車を降りてから地下道を走る走る。
こっちはトレーニングを積んでいるわけはないから息が切れて死ぬかと思った(笑)。

でもその甲斐あって、何とかギリギリ間に合って、ドームへ走りこんでいく野口さんの後姿をチラっとだけ見ることができた。
野口さんは先頭ではなかったけれど、十分な力走だった。

レースが終わって野口さんは応援団の席へ挨拶にやってきてくれた。
立派な挨拶だった。
自分だけではなくチーム全体のことにも心を配っていて、流石だなあと思った。
応援団からも、お疲れ様、ありがとう、の声が飛んで心が一つになったような感動的なシーンだった。

野口さんはこのマラソンでつかんだものがあるという。
ロンドン五輪への夢には終止符を打ったけれど、また新たな挑戦が続くのだろう。
そんな野口さんをこれからも応援していきたい。




スポンサーサイト

2スポーツ | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。