「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/09/27 (Tue) 美しい夕焼け

同僚Yさんが10月から隣の部へ移ることになった。
壮行会の日に、会社を出ようとしたら素晴らしい色の夕焼け。
一見控え目ながら、実はお酒好きで付き合いもいいYさん。
隣の部署へ行っても元気で頑張って♪

sky 20110926

スポンサーサイト

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2011/09/17 (Sat) ハマってます


ヨーグルトにバナナチップスと胡桃の砕いたのを入れて蜂蜜をかける。
シリアルを加えても、レーズンを入れてもいい。
これを朝食代りに食べるとお腹のもちもいいし、お通じにも効果的。
何よりおいしいのでぜひお試しあれ。

breakfast.jpg

5お気に入り | trackback(0) | comment(0) |


2011/09/04 (Sun) フェルメール 光・空気・思い

たまたま休みを取れたので、京都市立美術館で開催されている「フェルメールからのラブレター展」に行ってきた。
若くして亡くなったフェルメールは全世界に30数点しか作品がないらしく、その中から3作品を一度に見られるのは大変貴重だとか。
恥ずかしながらフェルメールという画家を今回初めて知り、いささかミーハーながら、そんなら一ぺん見に行ってみようと思った。

ことのほか引かれたのは「手紙を読む青衣の女」。
改修によって本来の青を取り戻して初めて公開されるということで話題になった絵だ。
絵の中の女性が心配げに手紙を開いている。この女性は身重だろうか?
手紙の主は恋人なのか夫なのか。きゅっと腕を寄せて大事そうに胸の前で手紙を広げて読んでいる。
絵を通して、描かれている人の感情が流れてくるようで、なぜだかじーんとしてきた。

最後の絵は「手紙を書く女と召使」。
ドラマか映画のひとコマのような…、窓から差し込むのは柔らかい西日だろうか。
絵に見入っていると不思議とその絵の中に吸い込まれていくような不思議な感覚だった。
それほどまでに光の描き方が自然だということかな。

絵から漂う光や空気感、登場人物の思いに魅せられていつまでも見ていたいと思う作品だった。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。