「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2011/07/18 (Mon) 松嶋屋~~

15代目襲名の時に、助六で通人を演じていた当時の勧九郎が、松尾芭蕉の句になぞらえて言ったもんだ。
「松嶋屋、ああ松嶋屋、松嶋屋」

仙台の松島は津波の爪痕が残っているのだろうか。
みちのくの名勝の松島を見たことがないけれど、芭蕉がほかにことばが浮かばなかった程の美しさだという。
美しさという点では、歌舞伎界で当代仁左衛門さまの右に出るものはいない。

友人についていった私は、幸運にも松竹座の当日券を手に入れて、昼公演を見ることができた。
演目は「(三味線やくざより)江戸唄情節」。
仁左衛門さま演じる、元やくざの三味線弾きが運命の糸に弄ばれるように転落し、そして病で余命いくばくもない妻の願いをかなえるために命を捨てて江戸へ戻っていく。
妻を優しく抱きかかえるところでは、うっとりしてしまいましたがな。

仁左衛門さまの麗しいお姿に、久々に命の洗濯できました。

DSCN3484s.jpg  DSCN3483s.jpg
(左)七月大歌舞伎 筋書き (右)仁左衛門さんの公演写真


■七月大歌舞伎■

(昼の部)
 播州皿屋敷
 新歌舞伎十八番の内 素襖落
 「三味線やくざ」より 江戸唄情節

(夜の部)
 菅原伝授手習鑑 車引
 通し狂言 伊勢音頭恋寝刃 

大阪松竹座




スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/17 (Sun) 祇園祭宵山

友人と宵山を見に行った。
伝統ある鉾が、京都の碁盤の目のような路地のあちこちに並んでいる。
どれもこれも、職人の伝統の技が込められていて、これを維持していく京都人のすごさを感じた。

DSCN3426s.jpg


DSCN3419s.jpg


DSCN3432s.jpg


DSCN3434s.jpg



DSCN3440s.jpg


DSCN3442s.jpg


DSCN3447s.jpg

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/16 (Sat) 胡瓜の浅漬け

祇園祭の宵山に出かけた。
午後3時頃に京都到着。 暑い!
少し歩いただけで汗が噴き出す。もう鋒の見物もどうでもよくなってくるような暑さだ~。

ヘロヘロになりかけていたときに、店の軒先で胡瓜の浅漬けが並んでいたので飛びついた。
……うまい!

水分と塩分の両方を補って、生き返った~。

DSCN3423s.jpg

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2011/07/10 (Sun) 定年退職

一度は定年を迎えて、嘱託社員として再雇用されていた。
彼の専門性は余人には代えがたく、今でも若い子が教えを請いに来る。
その人が、本当に会社生活を締めくくることになった。

最終日にはみんなで庭に出て記念撮影。
曇天だったおかげで、緑が映えたいい写真になった。

最後は花束贈呈のセレモニー。
一抹の寂しさが感じられる。
そしてみんなで、建物の外まで見送りに行った。

その人は振り返ることなくしゃきっとした足取りで会社を後にした。
65年間、勤め上げた誇りを胸に、それは堂々とした足取りだった。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。