「よもやま日記」

身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

スポンサーサイト

さくら

またこの季節がやってきた。田の神が腰掛ける鞍という意味のある桜──。まだ冬の名残を残す緑のない木々に、薄桃色の衣を纏って春の到来を告げる。昔の人がこの花に神聖なものを感じたのが分かるような気がする。桜は不思議な花で、その時々の心情で、哀愁を感じることもあれば、心が表れるように清々とした気持ちになることもある。花を楽しめる時期はほんのわずか。その一瞬を愛おしむように天はうららかな春の光を投げかけてくれ...
0

小さな花

...
0
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。