「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/04/30 (Fri) お正月に買った黒松が……

元気ないなぁと思ってせっせと水をやっていたら、それが逆効果だったみたい。
どうやら根腐れを起こしているらしい。

苔玉をほぐして植えかえてみたんだけど、日に日に元気がなくなってショック……。

同じ日に一緒に買ったアイビーも冬の間は植え替えはダメということなので、ビニールポットに入れたままにしていたのをようやく素焼の鉢に植えかえをした。
こちらは水のやりすぎはいけないと分っていたから注意していたんだけど、植えかえの時に立ち枯れ病にかかる可能性もあるらしい。
植物を育てるのって結構難しいんやなぁ。

ivy20100501_01s.jpg

スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2010/04/30 (Fri) メッシュのポーチ

ここ1年くらい使っている100均で買ったメッシュポーチ。
大小二種類持っていて、大きい方にテッシュや鍵などを、小さい方は化粧ポーチとして使っている。

これが便利のなんの。

まず中身が一目で見えるので鍵とか目薬とか小さいものを探しまわることがなくなった。
そして軽い。
さらに安い。

というわけで100均のポーチはオススメです^^

minibag.jpg

5お気に入り | trackback(0) | comment(0) |


2010/04/29 (Thu) オトコマエに遭遇

たまたま買い物で通りかかった神戸そごうの前で、ヴィッセル神戸の宮本選手……ツネさまのトークショーに遭遇?。
全身から漂うオトコマエオーラにうっとり?。

久々にいい目の保養になったわ。

tsunesama20100424_01s.jpg  
ゴールキーパーの岸選手(右)とツネさま(左)

tsunesama20100424_02tm.jpg
岸選手の話に身を乗り出して聞き入るツネさま^^


たまたまデジカメを持っていたので、長身を生かして背伸びしては激写?。
しかし本当のファンには申し訳ないようなミーハーぶりやなぁ。
ヴィッセルは今あまり成績が良くないみたいやけど、是非がんばって上昇してね。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2010/04/25 (Sun) 春風に揺れる……

隣の勝手口に置かれているラグランという植物。
これって花なのかなぁ、えのころ草の穂のような感じ……。

ふわふわと風に優しく揺れていました。

ragurasu_20100424s.jpg

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2010/04/24 (Sat) 大阪と東京のテレビ局事情

フジ系列関西テレビ「たかじんの胸いっぱい」の中で大阪と東京のテレビ局の違いについてのコントが面白かった。
大阪のテレビ局でディレクターを務める大阪太郎がある日突然東京勤務の辞令が下る。
初めて東京の局で仕事をすることになった大阪太郎の困惑ぶりが描かれている。

まず驚くのは番組制作会議での会議室。東京では壁一面がホワイトボードが常識らしい。
会議で出たアイデア、進行方法がことこまかくホワイトボードに書きとめられる。
これに対して大阪ではホワイトボードが1つ置かれている程度。
書かれていることも大まかな項目のみで「あとは展開にまかせて」などというざっくりした言葉が印象的。

プロデューサーの発する言葉が太郎にはチンプンカンプン。
「そこはトータライザーでいいっしょ。その方がエッジが効いて、パッケージ感あるっしょ。」
これを大阪でやると……
「そこはスイッチオンでええんちゃう? あとはバーンと行って、ドビャーと行って、ズバーンと行って……それでええんちゃう。」
となるらしい(爆)。

これまで度々たかじんが言っていることだけど、とにかく東京のテレビ局は「打ち合わせが長い。撮りが長い。台本が厚い。」らしい(笑)。
実際に台本をカメラが写すと、「よきところでCM」「よきところでエンディング」と書かれていて、「なんてええ加減!?」と大笑いだった。


局が違って「おは朝」でも打ち合わせは短いみたい。大まかな進行のみきまっていてあとはその場の状況で対応していくのは共通している。
初めておは朝に出演した頃の驚きを芸能レポーター井上公造氏が語っているのが面白い。
「大阪のテレビ局は東京と比べるとほんといい加減。東京は2時間前にはスタジオ入りするのに、大阪は本番直前。叩き台の台本もない、VTRは本番に初めて見る。また東京では振られてから初めて発言できるのに対して大阪では会話に割って入らないと発言できない(笑)。」

関西で絶大な人気を誇るやしきたかじんは東京ではイマイチなんだけど、彼は「オレは身の程を知っている」と言い、絶対に東京へは出ないんだそうな。
そんなたかじんだけど、宮根さんに東京へ行くように強く進めたのはたかじんだった。
たかじんと比べるとさほどのアクもなく、適度に大阪のニオイ、図々しさ、歯に衣着せぬ痛快さがあるからだろうか。
かつて宮根さんは「東京へは行かへん。大阪がええわ。だって、東京から帰ってくるやろ、新大阪の駅で子どもがジャージで走り回ってんねんで、そんな街がええわ?。」
なんてことをしみじみ言ってたんやけどね……。

東京への進出を目指す宮根さん、テレビ局の違いには慣れたかな??(笑)


画像:2010年4月24日 たかじんの胸いっぱいより
takajin01.jpg 

takajin03.jpg

takajin04.jpg 

takajin05.jpg




1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2010/04/23 (Fri) 関西の文化遺産?

関西地方の朝のテレビ番組といえば「おは朝(おはよう朝日です)」派が多い。
それ以外はみんな東京で作られているけれど、おは朝は地元密着ということが大きいのかも。
私は元々ABCラジオ派(おはようパーソナリティ道上洋三)でラジオを聞きながらテレビはNHKだったけど、いつの頃からか「おは朝」を見るようになった。
司会の宮根さんと喜多ゆかりアナの芸人顔負けのトークが面白くてハマってしまった。

その司会を15年間務めてきた宮根誠司さんが、番組を卒業して1ヶ月。
最初卒業を聞いた時には薄々予感はしていたものの「そらアカンやろう」と思ったもんだった。
宮根さんは卒業と同時に東京進出。関西から東京へ殴り込みをかける初めてのタレントになった。
宮根さんは卒業を前にして「おは朝は関西の文化遺産」という名言を吐いていたねぇ。
“文化遺産”とは言い過ぎかも知れないけれど、番組が始まって30年、朝の支度をする時間、茶の間におは朝が流れるのが当たり前の風景……というほど定着している。

さて、絶大な人気を誇る宮根さんの後を引き受けたのがウラウラの愛称で親しまれる浦川アナ。
スージー犬のズーズーとポーポーをこよなく愛する料理好き、独身。
彼は元々ABCラジオの人でテレビの人ではないから、彼にとっても局にとっても一大事だったに違いない。

ohaasatokuban.jpg
おは朝特番 右から宮根さん、喜多アナ、浦川アナ

ウラウラがおは朝をやるにあたり、一番のネックは野球オンチということだった(爆)。
もちろんタイガースのことも何も知らない……。
それで、司会が決まった時、2月のタイガースキャンプに連れて行かれた(笑)。

初めてタイガースの選手(桜井広大選手)にインタビューをしようという時に、ファン歴50年の道上洋三アナにけしかけられた。
不動の4番は兄貴金本。10年もの間フルイニングを続けているなどとは知る由もないウラウラは教えられたとおりの質問を広大にぶつけた。
「今年は4番の座を狙ってますか?」
「レフトのポジジョンはオレだと思っているでしょ。」
それを聞いて広大は真っ青に……。
「なんてことを……この人怖ですね(爆)」

そんなウラウラも今では新外国人選手までしっかり頭に入っていて、朝から調子のいいトークを繰り広げている。
初登場の日はまるで身内を見守るようにハラハラしてたっけ。最初は解説者や出演者から突っ込みを入れられまくりで、不慣れなのをネタにしていたけれど段々とウラウラの「おは朝」になってきた感じだ。

コメンテーターにも新しい顔が加わり、関西の文化遺産はまた新たな魅力を持ち始めたみたい。
がんばれ、ウラウラ(笑)。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2010/04/23 (Fri) 穀雨

20日は穀雨だった。そのとおり朝から暖かい春の雨……。
この頃の雨は田畑を潤し穀物をはぐくむ雨だとか、そんな話を朝のラジオが言っていた。
「言葉の響きがきれいやなぁ。美しい日本語やわ。」
朝から柔らかい気持ちになった。

普段よく耳にするようでこの二十四節気というのには疎い私。ウキペディアで調べてみると───

「二十四節気(にじゅうしせっき)は、1太陽年を日数(平気法)あるいは太陽の黄道上の視位置(定気法)によって24等分し、その分割点を含む日に季節を表す名称を付したもの。」
「中国の戦国時代の頃に太陰暦による季節のズレを正し、季節を春夏秋冬の4等区分にするために考案された区分手法の一つで、1年を12の「中気」と12の「節気」に分類し、それらに季節を表す名前がつけられている。
なお、日本では、江戸時代の頃に用いられた暦から採用されたが、元々二十四節気は、中国の気候を元に名づけられたもので、日本の気候とは合わない名称や時期もある。そのため、それを補足するために二十四節気のほかに土用、八十八夜、入梅、半夏生、二百十日などの「雑節」と呼ばれる季節の区分けを取りいれて日本の旧暦となった」

とある。具体的には次の24節気となる。

<春> 
立春(2月4日)、雨水(2月19日)、啓蟄(3月6日)、
春分(3月21日)、清明(4月5日)、穀雨(4月20日)
<夏>
立夏(5月6日)、小満(5月21日)、芒種(6月6日)、
夏至(6月21日)、小暑(7月7日)、大暑(7月23日)
<秋>
立秋(8月7日)、処暑(8月23日)、白露(9月8日)、
秋分(9月23日)、寒露(10月8日),霜降(10月23日)
<冬>
立冬(11月7日)、小雪(11月22日)、大雪(12月7日)、
冬至(12月22日)、小寒(1月5日)、大寒(1月20日)


日本文化の根底には稲作があると思うけど、その稲作と暦とは切っても切れないものがある。
収穫のために、いつ種を巻くか、田植えをするか……実に細やかな手順を踏んでいく。
「穀雨」はまさに人々が待ち臨んだ雨だったんだろうな。

窓の外は夕方近くまで、田畑を潤す雨がずっと降り続いていた。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2010/04/18 (Sun) 桜に続いて

つづじの季節が近づいてきた感じ……。
日に日に花芽が大きくなり、あちこちでつつじの鮮やかな色が目立ってきた。



tsutsuji-mini 20100417s
▲雨上がりの朝、ちいさな鉢植えのつつじのピンクが鮮やかに浮かぶ



satsuki shinme20100410s
▲手の陰で暗くなってしまったけど、こちらはこめつつじの新芽



枯れた茶色は影を潜めて、徐々に木々に柔らかい新芽がめぶく頃。
グリーンも徐々に鮮やかかになってくる。



green20100417_02s.jpg
▲親指くらいの小さい葉っぱが可愛らしい


green20100417_01s.jpg
▲夜に降った雨粒をいっぱいに受けて緑が生き生きしている……

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2010/04/16 (Fri) ちっちゃいオッチャン

時ならぬ寒の戻りで、再びダウンコート登場?(爆)。
車通勤でダウンコート着てるヤツはあんまりおらんわ。

今日は後輩が本部の予算を4月よりバージョンアップした新会計システムへ登録する作業でハマっていたのを手伝っているうちにすっかり遅くなってしまった。

予算案はすでに固まっている。それをシステムに登録するんだけど、直前に修正が入った。
総額は変わらない。分け方が変わるだけ。
総枠は変わらないハズなのにシステムに入れて計算をかけると、何故か数字が合わない。

なんでや?

データ多いために間違った処理をしたいたこともあったけど、それ以外にも、ある部署からもらった修正予算のデータが間違っていたり、……それもきれいに11月の上から17コ目のデータばかりが消えていたり、データをアップロードするプログラム自体に不具合があったりと、まるで誰かに悪戯されてるんちゃうか?という感じだった。

「あれ?? 何でデータが書き変わらへんの、今さっき集計かけたら合ってたよなぁ。」
「合ってた。」
「誰かが足ひっぱとるわ。」
「絶対におるで、ちっちゃいオッチャン。」
「うん、おるおる!」

後輩によると、ちっちゃいオッチャンは確かにいるんらしい。
彼女の同期の子が寮で目撃したという?!
本当に小さい、子供みたいなオッチャンだったらしい(爆)。
ホンマかいな?!(笑)

夜も10時に近づいてきてようやく目処が立ってきたんやけど、手間取ったのはちっちゃいオッチャンの仕業に違いない、という結論の落ち着いて会社を後にした。(笑)

外は冷たい雨が降り続き……(東京では雪になっていたらしい)、ずいぶん寒い夜だったけど後輩を駅に送りながら笑いすぎで帰る頃は温まっていた^^


1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2010/04/12 (Mon) コム・シノワの調理パン


あまりの奇抜なアイデアに思わず手に取ってしまったのが「たけのこご飯パン」。
なんと、パンの中にたけのこご飯が入っている!

たけのこご飯のごはんはどうやら「おこわ」のようで、山椒のアクセントが効いている。
パンと相性いいのか不思議だったけど、食べると意外な美味しさだった。

takenokogohan-pan20100410_01s.jpg  takenokogohan-pan20100410_02s.jpg
▲たけのこご飯パン


ついでに買ってきたのがこの季節ならではの「菜の花とチーズのフォカッチャ」そして「トマトとバジルのリュスティック」
工夫を凝らした季節感あふれるパンたちにすっかりハマってしまいそう……。

nanohanacheese20100410_01s.jpg  nanohanacheese20100410_02s.jpg
▲菜の花とチーズのフォカッチャ

5お気に入り | trackback(0) | comment(4) |


2010/04/11 (Sun) 初鰹


今年初のカツオです。
やっぱり旬のモンは美味いわ?。

hatsugatsuo20100411_02.jpg

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2010/04/11 (Sun) 賑わう庭先

夜に雨が降ったみたいで、しっとりと湿り気を含んだ庭には先週までは気付かなかった花がいろいろと咲いていた。



freesia20100410_01s.jpg
裏手の土手では水仙と交代するようにフリージアがつぼみをつけ始めた……



ayame20100410_01s.jpg
昨年も写真を載せたような気がするけど……
先週は花が咲く気配あったかなぁ? あっという間に花が咲くのでびっくりしてしまう。



unknown20100410s.jpg
アフェイオンという花、3月で近所の公園で見つけた花と同じものだった。



waiyerplanta20100410_01s_20100411143522.jpg
ワイヤープランタという花らしい。
アップにすると濃い紫がとてもきれい。



8写真館 | trackback(0) | comment(2) |


2010/04/11 (Sun) 木瓜(ぼけ)の花

こんなに綺麗な花なのに、なぜボケだなんていう名前なんやろね。
梅のようでもあり……でもバラ科の植物なんだそう。
写真はうちにある木瓜の盆栽です。



boke20100322s.jpg
▲3月22日 ふんわり開きかけた木瓜の花芽



boke20100404s.jpg
▲4月4日 2週間も経つと白い花芽がこんな優しい桃色に……。 
 桜と反対で開くと色が濃くなるようです。植物は不思議やね。

8写真館 | trackback(0) | comment(2) |


2010/04/10 (Sat) 桜の名残りに……たねや「さくらまんじゅう」

関西地方では多くのところが最後のお花見のチャンスとなった今日、同僚と大丸で待ち合わせて、お遣いもののお菓子を買いに来た。
買いもかったり、2万円!

帰りに新神戸の隠れ花見スポットに行ってみようかと思っていたけどあまりの重さに断念。

その代わりというわけではないけれど、日曜日で販売終了となるらしい「さくらまんじゅう」を買って帰宅。
これは、3月に桜餅を買った時にも店頭に並んでいたもの。

sakuramanjyu20100310_01s.jpg   sakuramanjyu20100310_04s.jpg


こちらは酒饅頭タイプで薄皮の中に上品な甘さのこしあんが入っている。
飾りに載せられた塩漬けの桜花が春らしいアクセント。
またこの桜の塩漬けは見た目だけでなく味のアクセントにもなっている。

お天気は下り坂で月曜日には冷たい花散らしの雨になるらしい。

5お気に入り | trackback(0) | comment(5) |


2010/04/10 (Sat) リッチフィールドの焼き菓子続編、その他

昨年10月にも紹介したリッチフィールド
焼き菓子大好きな私は、ここのナッツを使った焼き菓子がすっかり気に入ってしまった。

seishinshop_20100328_01.jpg  seishinshop_20100328_02.jpg
▲リッチフィールド西神中央店の外観

とにかく品数が多い。
贈答用として買い求める客が多いのか、可愛くラッピングしたセットがとても豊富。
もちろんケーキもとても美味しいんだけどこちらの紹介はまた後日に……。

seishinshop_20100328_03.jpg
▲こちらが焼き菓子コーナー

定番の焼き菓子はマドレーヌ、フィナンシェ、クッキーやサブレ、パイなどこれまた品数が多い。
その中でもナッツ好きの私は、ノアゼットとくるみが一番気に入った。
更にはハート型の小さいパイが2つ入ったハートパイも香ばしくてなかなかいける。

yakigashi_20100103_01s.jpg  yakigashi_20100103_06s.jpg

▲ノアゼット 表面に大粒のヘーゼルナッツをまぶしたクッキー。ナッツの風味が豊かで美味しい。

yakigashi_20100103_02s.jpg  yakigashi_20100103_05s.jpg

▲これまた大粒の胡桃があしらわれたクッキー。これだけナッツが大きいととっても満足感があります^^

yakigahsh_20100103_03s.jpg
▲トフィール カリっとした生地にヘーゼルナッツ風味が効いている。小粒で美味しい焼き菓子。

yakigashi_20100103_04s.jpg
▲ハートパイ 小さくてバターが効いていてとても香ばしいパイ


このほかにも、アーモンドクッキー、ココナッツクッキー、バターたっぷりプレーンなサブレ、リーフパイなどなど……たくさんの品ぞろえがあるので店に行くたびに迷ってしまう。


番外編(商品名を忘れてしまった……)

ichigo-choko20100327_01s.jpg  ichigo-choko20100327_03s.jpg
▲ホワイトチョコにフローズンストロベリー、クランチを散りばめた春の板チョコ



5お気に入り | trackback(0) | comment(2) |


2010/04/09 (Fri) 検問

いやに赤い光がチカチカしてるなぁ……と思って近づいてみると飲酒検問だった。
初めての経験……。

今日はうちの本部のキックオフパーティー。人数が多いので社内のカフェで行った。
ところが私はうっかり車で出勤してしまい、泣く泣くお茶を飲んでいたんだけど、
ついグラスを取り違えてビールに口をつけたのって検問でバレるんだろうか?(爆)

漠然とした不安に包まれながら窓を開けると、若い警察官が、
「飲酒検問です。すみませんが私にハーーっ息を吹きかけてくれますか?」

え”????????!? 何と言うことを。
淑女が人の顔に息を吹きかけるなんてこと出来まへんがな!?
ましてやパーティであれやこれや、食べてきた直後だし、歯磨きしてへんし……。

私の戸惑いが分ったのか、警察官は、「大丈夫ですから、息ハーーーって」
と何度も私を促すんだけど、いやぁ…………どうしよう。

迷った挙句、「ハァ???」と、息を吹きかけずに声を出してしまった(爆爆爆)。

「ハイ、結構で?す。」

えらい簡単やな……(笑)。

とにもかくにも警察官はすんなり私を通してくれたのでホッとした。
そやけど、オッサンならともかく(確かに性格はオッサンやけど)息を吹きかける飲酒検問はアカンわ(笑)。

1日記 | trackback(0) | comment(2) |


2010/04/04 (Sun) お花見

今日、大阪と神戸で桜が満開になったとか。
お天気もよし、爽やかな空気、澄んだ空。うららかな日曜日に桜を見に行かないと勿体ない!
ということで地元のお花見スポットへ。
さすがにすごい人出。三宮センター街か御堂筋かという人の多さだった。
職場の仲間でバーベキューをしたり、親子連れで楽しんだりと思い思いに過ごしていた。

さすがに他人様を写すわけにもいかないので、桜のオンパレードになってしまったけれど。
ま、この時期だからいいでしょ。


hanami20100404_00ss.jpg




hanami20100404_01ss.jpg




hanami20100404_03ss.jpg




hanami20100404_02ss.jpg




hanami20100404_04ss.jpg




hanami20100404_05ss.jpg




hanami20100404_09ss.jpg

8写真館 | trackback(0) | comment(6) |


2010/04/04 (Sun) 満開

先日ブログにアップした近所のお宮さんの桜───
あの時はまだ蕾だったけれど、約2週間経って遂に満開を迎えた。
昨日から風邪がひどくなり、まさか週末まで長引くなんてOh my god!
会社の花見も仲間とのインド料理もキャンセル。
一日寝ていたら腐ってしまいそうで……
今日になって風邪がよくなったので散歩コースの桜を見に行くと……おお!満開だ?。
少し気分が晴れるとお花見に行きたくなってきたわ。


sakura20100404_02ss.jpg
▲3/22のブログと同じ場所の桜です。



sakua20100404_01ss.jpg
▲つぼみだった桜も満開に……


8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2010/04/04 (Sun) Boursin(ブルサン)チーズ

近所のスーパーで見つけたフランス製チーズ。
味はブラックペッパーとガーリックハーブの2種類(他にもあるかもしれない)。
どちらも美味しいけどガーリックハーブがすっかり気に入ってしまった。
チーズはとても濃厚だけどクセのない味。しっとりした食感ながら、カッテージ
チーズのようにポロポロっと崩れるのが特徴。
そこにハーブとガーリックの風味がしっかりと効いて、もうもうもう最っ高!
ワインと一緒にいただくとついつい飲み過ぎてしまいそう。

boursin20100327_01s.jpg  boursin20100327_02s.jpg
チーズのパッケージ(写真は「ガーリック&ハーブ」)

boursin20100327_03s.jpg
チーズはアルミホイルに包まれていて特に真空パックなどにはなっていない。
アルミホイルを開くとしっとりしたチーズが姿を見せる……。

ブルサンチーズHP:
http://www.bel-japon.com/product/boursin.html

ブルサンとワインのマリアージュ:
http://www.bel-japon.com/product/mariage.html

5お気に入り | trackback(0) | comment(4) |


2010/04/02 (Fri) 4月

4月1日になった。
以前採用担当だったので、この日の天気はとても気になる。
私が担当している時はもちろん、担当を外れてからも毎年、晴れるかな、雨降らなければいいのにな……と気になっている。昨年は、確か雨で4月1日に雨が降ったのは初めてやわ。誰が雨男(雨女)なんや。といった冗談を担当者と言い合ったのを覚えている。
そしてまた今年も雨になった。

なぜ天気を気にするかと言うと、折角のハレの日を好天で迎えたいということもあるし、入社式の後の記念撮影を、晴れていれば屋外の庭で、雨なら屋内で撮影することになっていて段取りに大きく影響すうということもある。

雨の今年は、エンタランスに撮影用のイスや台が設置されているのを見てちょっと新入社員が可哀そうになった。

早く咲き始めた桜は、その後の寒の戻りで長持ちし、ようやく6,7分咲き。ちょうどいい具合だ。
新入社員を桜が出迎えないのは淋しすぎる……。

我が部署にも新しい人が入ってきて、出て行く人もいる。
4月は何かにつけて出会いと別れを意識させられるな。

新鮮な気持ち、新しい生活への不安、別れの淋しさが一緒になって、甘さと酸っぱさが一緒になった苺とか、酸っぱさとホロ苦さが同居している檸檬みたいな、何とも言えない心持ちがある。
私の身には特に新しい変化はなくても、何となく不安定な心理状態になるから不思議だ。

私はぶり返した風邪が酷くなり、頭痛と悪感がしていたので少しだけ早く帰ってきた。
4月6日に大きなイベントがありその準備でずっと忙しい日が続いているのだけど、よりによってこんな時に風邪がぶり返すとは……。
お風呂に入って布団にもぐり込んだら、ああ、やっと一日が終わったというような変な安堵感があった。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。