「よもやま日記」

身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

スポンサーサイト

椿と桜

我が家の椿。つばきというと何となく冬の花という気がしているのだけど、木へんに春と書くくらいだかから春の花なんだろうな。春といえば桜。近所の公園にはソメイヨシノより一足早く、種類は分らないけど濃いピンクの花びらを持つ桜が咲き始めていた。...
2

快挙

フィギアスケート世界選手権は、ジュニア女子、シニア男子フリーそして女子フリーの3種目で日本人が金メダルを取るという快挙だった。高橋大輔くんも真央ちゃんもバンクーバー五輪のリベンジを成し遂げた?。オリンピックで燃え尽き症候群になっても不思議ではないのに、よく緊張感を保ってきたもんやね。真央ちゃんは1日しか練習を休まなかったらしい。難しい選曲。そしてトリプルアクセルの大技に男子並みのハードなエレメンツ...
0

ナメられたもんや

毒餃子事件が急展開。犯人が捕まったとのこと。なぜこんなに時間が経ってから……。胡散臭い感じが付き纏うわ。何よりカチンときたのは中国当局の態度。説明をしたいから都合がいい時に来て欲しい。とはなんと失礼な! そっちから来んかい!それに対して日本のコメントは腰砕けで情けない。ホンマにナメられすぎやろ?。東シナでの油田開発や領海問題など、中国とは利害が絡む中で毅然とした態度で外交しないと、足元を掬われかねない...
2

小さな花

道端に咲いている小さいけれど気になる花を撮ってみた。公園の片隅に咲いていたブルーがかった星のような小さな花。アフェイオンという花らしい。これは我が家の裏手の土手に生えているムスカリという花。枯草の中に鮮やかなラベンダー色が際立っている。...
0

菜の花街道

秋にコスモス街道の顔を見せてくれる我が通勤路が春には菜の花街道となる。ここ数日天気がぐずついていたけれど、雨の日こそ菜の花の黄色が目に鮮やかに飛び込んできて心楽しくなる。たいていは道沿いにちょこっと植えられているのだけど、ある一角だけ菜の花畑といっていい箇所があって、息をのむ。左にカーブを切った時に助手席側に一瞬鮮やかに見える黄色の海。まだまだ空気は冷たいけれどすぐそこに春が来ていることを告げてい...
0

つくし

おお!こんなところに!つくし発見?^^もうかなり傘が開いているものが多かった中でかろうじてまだ若い子を見つけてパチリ。近寄ってさらにもう一枚。そして、つくしの近くには子供の頃によく首飾りを作ったしろつめ草も、控え目に咲いていました。野の片隅にひっそり咲いている野草の方に心奪われるのはどうしてだろう。注意してないと見過ごしてしまうような、ごくありきたりの花なのに、近寄って見るとその佇まいに魅了される...
0

つぼみ

大阪に続いて東京も桜の開花宣言があった。大阪は観測史上2番目に早い開花だそうな。▲ちょっとピントがあってませんが……雰囲気があったのでアップしてみました。 春の夕暮れのやわらかい日差しの中でつぼみのピンクがほんのり春の色合いです。散歩コースの小さなお宮さんにある桜の木を見てみると、つぼみが少しずつ膨らんでいる。来週あたりこちらも咲きだしそう。▲近づいてみると濃いピンクのつぼみがじっとその時が来るのを待...
0

コム・シノワのパンあれこれ

お休みにならないと買いに行けないのだけど、コム・シノワのベーカリー店ブランジェリー コム・シノワはお店の雰囲気も良くて、品ぞろえもたっぷりで行くたびにワクワクさせられる。神戸といえばパンが有名だけど、中でもここは歴史も古く大変な人気がある。  ▲おとぎ話に出てきそうな、コム・シノワ(ベーカリー)の外観コム・シノワの中でも以前ここで紹介した軽食やスイーツを扱うフリュティエ・コム・シノワは元町商店街の...
0

新球ワンシーム?

ダルビッシュが新球を開発したという話が、報道ステーションで流れていた。食い入るように見てしまったわ。カーライル(昔タイガースにいたカーライル?)から聞いたヒントを元に、一番しっくりくる握りを探して投げたところ、バットがボールに当たらない。ヤクルトの青木は「何じゃこれ?」と目が泳いでいたのが面白かった。ストレートと全く同じ投げ方で放たれる投球は、ストレートの軌道からバッターの足元で変化する。ボールに...
0

花屋の店先で

花が美しい季節の到来。花屋の店先には色とりどりの春の花が咲き誇っていました。チューリップはつぼみのうちが見どころだと思っていたけど、ふんわり花びらがほぐれてきた風情というのもなかなかいいもんです。こちらは一体何の花だろう……。デイジーかな?まるでブーケみたいに愛らしい鉢植えでした。...
0

表現の自由の濫用

東京都の児童ポルノを規制する条例は賛成・反対入り乱れて継続審議になったそうな。マンガ家らが表現の自由を奪われると反発という記事を苦々しく思って読んだ。児童ポルノ規制法があるにも関わらず、現状は目を覆いたくなるばかり。本屋のマンガコーナーに立ちよってそのあまりの酷さに衝撃を受け、なぜこれが野放しなんだろうと疑問に思ったものだった。今回の動きはむしろ遅きに失した感がある。この手の問題ですぐに反対派が主...
0

風邪から花粉症へ

3年くらい前に初めて「花粉症かも」と思っていたけど、今回はカンペキだった。風邪を無事に水際作戦で撃退したと思ったら、日曜(14日)の夜から目がクシュクシュしていたんだけど、月曜日(15日)になると鼻の奥が痛くなり、まるで号泣した後の鼻のようなツーンとした痛みが一日中続いた。帰ってから鼻うがいをして、翌日から再びマスクをつけていたら、不思議と嘘のように治まってきたので、ひと安心しているところ。そうい...
0

季節外れの風邪

季節外れの風邪をひきかけた。今年は新型インフルエンザどころか風邪もひかず終いだったなと思っていたのになぁ。ものの本によると、風邪薬や鎮痛剤、胃薬などはなるべく服用しない方がいいらしい。自己免疫力が低下するというのがその主な理由だっと思う。それで私もなるべく薬を飲まないようにしているんだけど、風邪をひきかけの時に完全にひいてしまうか、踏みとどまるかというのは引き始めが一番大切だとつくづく思う。私の場...
0

機種変更

ようやく携帯を機種変更してきた。折りたたみ式の携帯を、折りたたむと電源が入らなくなってしまったのをだましだまし使っていたけれど、いよいよ電話がかからなくなったので、携帯に別れを告げることに。今回もワンセグを見送って通常機種に。カメラの画素数が少しだけ大きくなっただけであとの機能はほとんど以前と変わらない。以前は大きかった携帯の箱。中にはマニュアルが2冊に充電器、携帯フォルダーなどが入っていたけど、...
0

これは旨い!──ニュイ・サン・ジョルジュ

まだ飲み頃には早いだろうな……と思いつつ開けたワインの思いもよらぬ美味しさに思わず声が出た。ニュイ・サン・ジョルジュ レ・ラヴィエール2007 byダニエル・リオンひな祭りの夜に、仕事で随分と遅くなってしまったので、「ワインでも飲んでやれ……」と思ったんだけど、こんな美味しいワイン、平日に開けるんじゃなかったと後悔……。しっかりと引き締まったタンニンと凝縮された果実味が見事なバランス。まさに今がベストの飲み頃...
0

公聴会

トヨタの大規模リコール問題は、世界に大きな波紋を呼んでいる。得に、アメリカ議会のトヨタバッシングは、日本企業を目の敵にしている感があって苦々しい。これまでに過去最高収益を更新し続けてきたトヨタにとってはリコール費用などは社内留保分で十分に賄えるんだろうけど、ブランドイメージが傷つくのが心配やな。リーマンショックを受けての世界的な大不要に続くリコールということで、トヨタにとっての正念場だろう。派遣切...
0
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。