「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/03/30 (Tue) 椿と桜

我が家の椿。
つばきというと何となく冬の花という気がしているのだけど、木へんに春と書くくらいだかから春の花なんだろうな。

tsubaki20100328_01ss.jpg



春といえば桜。
近所の公園にはソメイヨシノより一足早く、種類は分らないけど濃いピンクの花びらを持つ桜が咲き始めていた。

sakura20100328_02ss.jpg

スポンサーサイト

8写真館 | trackback(0) | comment(2) |


2010/03/30 (Tue) 快挙

フィギアスケート世界選手権は、ジュニア女子、シニア男子フリーそして女子フリーの3種目で日本人が金メダルを取るという快挙だった。
高橋大輔くんも真央ちゃんもバンクーバー五輪のリベンジを成し遂げた?。

オリンピックで燃え尽き症候群になっても不思議ではないのに、よく緊張感を保ってきたもんやね。
真央ちゃんは1日しか練習を休まなかったらしい。

難しい選曲。そしてトリプルアクセルの大技に男子並みのハードなエレメンツ。
今季苦しみ抜いてきた真央ちゃんは、シーズンの最後に見事にノーミスで滑り終えた。
その探究心と諦めない気持ち、そして真摯な態度には頭が下がる。

今回、オリンピック以上にジャッジがおかしかったけれど、滑り切った満足感で晴れやかな表情の真央ちゃんを見て本当に嬉しかった。おそるべき19歳……。
彼女の1本筋の通った生きざまを見ていると心から尊敬するわ。

女王キムヨナは連日の祝勝会でほとんど練習が出来ず、モチベーションも低かった。
練習の時間が取れなかったのは致し方ないと思うけど、他の選手に対して失礼とも思える発言があったのは残念だったな。

2スポーツ | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/28 (Sun) ナメられたもんや

毒餃子事件が急展開。犯人が捕まったとのこと。
なぜこんなに時間が経ってから……。胡散臭い感じが付き纏うわ。

何よりカチンときたのは中国当局の態度。
説明をしたいから都合がいい時に来て欲しい。とはなんと失礼な! そっちから来んかい!

それに対して日本のコメントは腰砕けで情けない。ホンマにナメられすぎやろ?。

東シナでの油田開発や領海問題など、中国とは利害が絡む中で毅然とした態度で外交しないと、足元を掬われかねない。
しっかりして欲しいもんだな。

1日記 | trackback(0) | comment(2) |


2010/03/27 (Sat) 小さな花

道端に咲いている小さいけれど気になる花を撮ってみた。



unknownflower20100328_02s.jpg
公園の片隅に咲いていたブルーがかった星のような小さな花。
アフェイオンという花らしい。


muskari20100328_02s.jpg
これは我が家の裏手の土手に生えているムスカリという花。
枯草の中に鮮やかなラベンダー色が際立っている。

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/25 (Thu) 菜の花街道

秋にコスモス街道の顔を見せてくれる我が通勤路が春には菜の花街道となる。
ここ数日天気がぐずついていたけれど、雨の日こそ菜の花の黄色が目に鮮やかに飛び込んできて心楽しくなる。

たいていは道沿いにちょこっと植えられているのだけど、ある一角だけ菜の花畑といっていい箇所があって、息をのむ。
左にカーブを切った時に助手席側に一瞬鮮やかに見える黄色の海。
まだまだ空気は冷たいけれどすぐそこに春が来ていることを告げているわ。


nanohana20100327_01s.jpg

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/22 (Mon) つくし

おお!こんなところに!


tsukushi20100322_02s.jpg

つくし発見?^^


tsukushi20100322_03s.jpg

もうかなり傘が開いているものが多かった中でかろうじてまだ若い子を見つけてパチリ。
近寄ってさらにもう一枚。


shirotsume20100322s.jpg

そして、つくしの近くには子供の頃によく首飾りを作ったしろつめ草も、控え目に咲いていました。
野の片隅にひっそり咲いている野草の方に心奪われるのはどうしてだろう。
注意してないと見過ごしてしまうような、ごくありきたりの花なのに、近寄って見るとその佇まいに魅了される。

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/22 (Mon) つぼみ


大阪に続いて東京も桜の開花宣言があった。
大阪は観測史上2番目に早い開花だそうな。

sakura20100322_01s.jpg
▲ちょっとピントがあってませんが……雰囲気があったのでアップしてみました。
 春の夕暮れのやわらかい日差しの中でつぼみのピンクがほんのり春の色合いです。


散歩コースの小さなお宮さんにある桜の木を見てみると、つぼみが少しずつ膨らんでいる。
来週あたりこちらも咲きだしそう。

sakura20100322_02s.jpg
▲近づいてみると濃いピンクのつぼみがじっとその時が来るのを待ち構えている。

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/21 (Sun) コム・シノワのパンあれこれ

お休みにならないと買いに行けないのだけど、コム・シノワのベーカリー店ブランジェリー コム・シノワはお店の雰囲気も良くて、品ぞろえもたっぷりで行くたびにワクワクさせられる。
神戸といえばパンが有名だけど、中でもここは歴史も古く大変な人気がある。

comme chinois shop 01  comme chinois shop 02
▲おとぎ話に出てきそうな、コム・シノワ(ベーカリー)の外観

コム・シノワの中でも以前ここで紹介した軽食やスイーツを扱うフリュティエ・コム・シノワは元町商店街の中だけど、こちらは三宮そごうの東側になる。
宝石のような色とりどりのフルーツをあしらったパンに心を奪われ、またほうれん草や野菜を使った珍しいパンのラインナップを楽しみつつ、私は菓子パンや調理パンよりはシンプルなものが好きで、結局はクロワッサンやバケットやその他の食パンを買うことが多い。

comme chinois shop20100214_01  comme chinois shop20100320_04s

▲目移りするほど種類が多くていつも迷ってしまう……。

その中でも気になっているのがクロワッサン・サレ。
クロワッサンの中でもいろんな種類があって、このサクは普通よくあるクロワッサンより、記事の層が厚めで、ざっくり感があるのが特徴。
田舎のクロワッサンといった雰囲気の素朴さがとても気に入っている。

croissaut saler01s
▲珍しい食感のクロワッサン・サレ(右)

大きな丸いパンが欲しいという父親のリクエストで買ってきたのがこの大きなパン。
名前はうろ覚えだけど、カンパーニュとか言っていた。
1台だとあまりに多いので半分に切ってもらった。
中はたぶんライ麦が入っていると思う。茶色いっぽい記事で、やや酸味があり外はパリっと中はしっとりしてとても美味しい。

canpanue01.jpg  canpanue02.jpg
▲ダイナミックで素朴な外観に惹かれて買ったカンパーニュ

さらに、これはゴツゴツという名前のフレンチトースト。
カンパーニュをフレンチトーストにしたもので、ノーマルなものとシナモン風味の2種類。
皮のパリパリはそのままに、バターの風味とグラニュー糖の甘さが絶妙で、ついつい手が伸びてしまう。

gotugotu.jpg  Image329.jpg
▲カンパーニュをフレンチトーストにしたゴツゴツ ネーミングも可愛い

5お気に入り | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/20 (Sat) 新球ワンシーム?

ダルビッシュが新球を開発したという話が、報道ステーションで流れていた。
食い入るように見てしまったわ。
カーライル(昔タイガースにいたカーライル?)から聞いたヒントを元に、一番しっくりくる握りを探して投げたところ、バットがボールに当たらない。
ヤクルトの青木は「何じゃこれ?」と目が泳いでいたのが面白かった。
ストレートと全く同じ投げ方で放たれる投球は、ストレートの軌道からバッターの足元で変化する。
ボールに回転をたくさんかけることで縫い目が1本に見えることから名付けたのが「ワンシーム」。
これをわずか2日で習得したというから凄すぎる。

放送されたのは開幕の前日で、ダルは大きな自信を見せていた。
ボールの握り方から新球が出来た経緯まで、実に詳しくインタビューに応えているのを見て、「そんなにしゃべってええのん?」と心配になったほど。

そして開幕戦。ダルは14三振を取り完投しながらも5失点となり開幕を勝利で飾れなかった。
試合を見てないのだけど、14三振ということは公言どおりあのワンシームでも三振をとったのだろう。
それでも味方のエラーなどもあり負け投手になるとは、野球は難しいわ。

テレビで喋り過ぎたんちゃうん? と言いたくもなるけど、ダルほどのピッチャーのやることだから私ごときが浅い考えでとやかく言うことはできないな。

交流戦の頃にはダルのピッチングも一段と磨きがかかってくるのだろう。
対戦が楽しみやね。

2スポーツ | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/20 (Sat) 花屋の店先で

花が美しい季節の到来。
花屋の店先には色とりどりの春の花が咲き誇っていました。



hanaya20100320_01s.jpg

チューリップはつぼみのうちが見どころだと思っていたけど、ふんわり花びらがほぐれてきた風情というのもなかなかいいもんです。




hanaya20100320_04s.jpg

こちらは一体何の花だろう……。デイジーかな?
まるでブーケみたいに愛らしい鉢植えでした。

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/19 (Fri) 表現の自由の濫用

東京都の児童ポルノを規制する条例は賛成・反対入り乱れて継続審議になったそうな。
マンガ家らが表現の自由を奪われると反発という記事を苦々しく思って読んだ。
児童ポルノ規制法があるにも関わらず、現状は目を覆いたくなるばかり。
本屋のマンガコーナーに立ちよってそのあまりの酷さに衝撃を受け、なぜこれが野放しなんだろうと疑問に思ったものだった。
今回の動きはむしろ遅きに失した感がある。

この手の問題ですぐに反対派が主張するのが「表現の自由」という権利。
ただし「公共の福祉に反しない」という憲法の条項を彼らは知っているのだろうか?
表現というよりは、利益優先のにおいがプンプン感じられて腹が立つ。
自分たちや自分たちの親族にだって守りたい子どもがいるのだろうに。

表現の自由の濫用を繰り返していたら、帰って自分たちの自由を危うくしていくことに気付かないのか。

このブログの管理サイトにもポルノサイトの案内バナーが貼り付けられている。
お世話になっているFC2ブログだけど非常に残念だ。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/18 (Thu) 風邪から花粉症へ

3年くらい前に初めて「花粉症かも」と思っていたけど、今回はカンペキだった。
風邪を無事に水際作戦で撃退したと思ったら、日曜(14日)の夜から目がクシュクシュしていたんだけど、月曜日(15日)になると鼻の奥が痛くなり、まるで号泣した後の鼻のようなツーンとした痛みが一日中続いた。

帰ってから鼻うがいをして、翌日から再びマスクをつけていたら、不思議と嘘のように治まってきたので、ひと安心しているところ。

そういえば、過去3年くらいに花粉症の症状が出たのはいずれも風邪をひいた後だったような気がする。

それで仮説を立ててみた。
それは(免疫機能の)勘違い説。
「風のウィルスがとりついたぞ! それ撃退だ?!」
と身体がフル稼働していたら、予想に反してあっという間に倒れてしまった。
「あれ? 敵はどこへ行った?」
キョロキョロしていたところにやってきたのが花粉くんたち。
「そら!あそこにいたぞ?かかれ?!」
再び攻撃が始まり……。
「ええ? オ、オレ?? そんなアホな……」と花粉が大悲鳴……。
とまあそんなところか……。

この説を得意げにみんなに話してみたら、かかり馬鹿にされてしまったわ(爆)。
でも私の向かいに座っているKさんも、「そういえば、花粉症になるときは風邪からきているような気がする」とのこと。あながちこの説もデタラメではないかも??

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/17 (Wed) 季節外れの風邪

季節外れの風邪をひきかけた。
今年は新型インフルエンザどころか風邪もひかず終いだったなと思っていたのになぁ。

ものの本によると、風邪薬や鎮痛剤、胃薬などはなるべく服用しない方がいいらしい。
自己免疫力が低下するというのがその主な理由だっと思う。
それで私もなるべく薬を飲まないようにしているんだけど、風邪をひきかけの時に完全にひいてしまうか、踏みとどまるかというのは引き始めが一番大切だとつくづく思う。

私の場合、風邪は喉からやってくる。
「あれ、ちょっと喉が変やな……」と思った時にはすぐにマスクをして、ビタミンCを摂ったり、しょうが湯を飲んだり、職場の場合はお茶の中でも身体を温めるという紅茶ばかり飲んでいると、手を打つのが早ければ100%治ってしまう。
ところが喉が完全に炎症を起こして赤く腫れてしまうと38度台の発熱は免れない。
この発熱も、身体がウィルスを撃退するためのものだから、極力無理やり下げたくはない。
ということで、よっぽどのことがないと病院に行かずにひたすら身体を温めて栄養を取るようにして治そうとしているのだけど、うちの両親は昔から「早く病院へ」「薬をちゃんと飲んで」「早く治るように注射をしてもらえ」とやかましかったなぁ……(苦笑)。

今回は喉の奥の方が少し炎症してる感じで、それがひどくもならず痛くなったり軽くなったりをしながら続いていた。週末に予定(甲子園でのオープン戦)を入れていただけにハラハラしたけれど、何とか撃退できた。
えらいもんだと思うのは、2,3日というもの微熱が出ている感覚があって、妙に熱く、嫌な汗をかいていたんだけど、それも身体全体で風邪のウィルスをやっつけようとしている感じだった。
「おお、私の身体が頑張ってる」
その頑張りに期待しつつ、一方で仕事が忙しくて残業に夜更かし、さらに仕事の飲み会なんかがあって不摂生をしていたんだけど、何とか持ちこたえてくれたわ。よかった。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/06 (Sat) 機種変更

ようやく携帯を機種変更してきた。
折りたたみ式の携帯を、折りたたむと電源が入らなくなってしまったのをだましだまし使っていたけれど、いよいよ電話がかからなくなったので、携帯に別れを告げることに。

今回もワンセグを見送って通常機種に。カメラの画素数が少しだけ大きくなっただけであとの機能はほとんど以前と変わらない。

以前は大きかった携帯の箱。中にはマニュアルが2冊に充電器、携帯フォルダーなどが入っていたけど、最近は箱が随分小さくなって充電器も別売りになっているのには驚いた。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/03 (Wed) これは旨い!──ニュイ・サン・ジョルジュ

まだ飲み頃には早いだろうな……と思いつつ開けたワインの思いもよらぬ美味しさに思わず声が出た。

ニュイ・サン・ジョルジュ レ・ラヴィエール2007 byダニエル・リオン

ひな祭りの夜に、仕事で随分と遅くなってしまったので、「ワインでも飲んでやれ……」と思ったんだけど、こんな美味しいワイン、平日に開けるんじゃなかったと後悔……。

nusts st georges le lavieres2007 20100303_01s


しっかりと引き締まったタンニンと凝縮された果実味が見事なバランス。
まさに今がベストの飲み頃と思われる。
一口飲んでは、ため息をつき、またグラスに注いでは陶酔に浸る。
旨いワインに出会ったときの感動というものが、ちょっとだけ分かった。
「神の雫」とはよく言ったものやな?。

nusts st georges le lavieres2007 20100303_02s

5お気に入り | trackback(0) | comment(0) |


2010/03/01 (Mon) 公聴会

トヨタの大規模リコール問題は、世界に大きな波紋を呼んでいる。
得に、アメリカ議会のトヨタバッシングは、日本企業を目の敵にしている感があって苦々しい。

これまでに過去最高収益を更新し続けてきたトヨタにとってはリコール費用などは社内留保分で十分に賄えるんだろうけど、ブランドイメージが傷つくのが心配やな。
リーマンショックを受けての世界的な大不要に続くリコールということで、トヨタにとっての正念場だろう。

派遣切りなどの問題では、「がっぽり儲けているくせに酷いことをする」とトヨタへのイメージを悪くしていたけれど、これだけ逆風が吹くと応援したくもなる。

2月24日に豊田社長がアメリカの公聴会に出席。
もともと選挙をにらんだ政治ショーという要素もあり、アメリカ国内でトヨタファンが多いということもあり、「豊田社長は十分に謝った」と許容する雰囲気とともに「あそこまで謝罪をしてしまうと、その後の訴訟で不利になるのでは?」という懸念の声があるのだという。
率直に非を認める姿勢に、世界があっと驚いたのではないか。
アメリカ企業であればそんな発言はあり得ないだろう。

公聴会の後、アメリカの現地法人を訪問した豊田社長は、従業員の温かい出迎えに思わず涙した。
身内から受けた温かさに、涙線が緩んだのはよく分かる。
批判を一身に受けて、全責任を負おうとする豊田社長の信念みたいなものがTV画面から伝わってきた。

誠実なだけでは国際社会で戦っていけないかも知れないけれど、この誠実さを武器にすればいいのではないかとも思う。

それにしても、日本企業の社長ががアメリカでボコボコになるために出かけて行こうというのに、前原大臣は何のコメントも出さなかったね。何か考えがあったのかも知れないけど、彼を応援していただけにがっかりした。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。