「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/11/23 (Mon) 神戸女子ハーフ

地元神戸でのロードレースに初めてうちの選手が出るということで応援に行ってきた。

出場する竹森選手は今回が2回目のハーフ挑戦。
さらにうちの社員も何名かエントリーしているということで、応援団で把握している社員については応援用のプラカードも出来ていた。

DSC_0786s.jpg


9:00にJP神戸駅に集合して5キロ地点へ移動し、ノボリを立てプラカードを準備してスタンバイOK。
ロードの応援は久々なんでワクワクする。

やがて交通規制開始を知らせるパトカーが通るとそこから道路は封鎖され、先導の車両が近づいてきた。

竹森選手は先頭集団の中で頑張っていた。声を張り上げて応援する。
五十嵐選手の活躍が目立つ今年だったけどこうして地元神戸で社員の声援を浴びて走ることが出来てよかったな?。

しばらく待つと、女子を追い上げるように走る私の同期のT君が来た?。
彼はアマながら三年前には女子の二位を追い越すほどの実力の持ち主! 
今年もその韋駄天ぶりは健在みたいだ?。
ノボリが目立つみたいでランナーの方から私たちを見つけてくれる。
加古川のマラソン姫や広報のTAMさんさらには知らない人まで私たちを見つけて声をかけてくれた。
応援するというよりも、「おう?」と手を振るだけであっと言うまにランナーは通り抜けていく。
しかし今回は、陸上部の選手だけでなく社員がたくさんいたので応援も凄く楽しかった。

そうこうしていると、「あっ!○○○」。
私たちのノボリを見て、指を差しながらチーム名を叫ぶ人がいる。
「ひゃ?有森裕子さんや!!」
ミーハーに盛り上がる私たち(笑)。

DSC_0828s.jpg

ひとしきり5キロ地点で応援してから、ゴール近くのポイントへ移動。
1位はノーリツ選手だった。そして竹森さんは2位で私たちの前を駆け抜けていく。
よっしゃ?! がんばれ?!

竹森さんは自己ベストには及ばずタイムとしてはちょっと残念だったけど、それでも2位ということで
地元の応援を受けての走りは気持ちよさそうだった。

我が社の健脚たちも次々にゴールインしていく。
竹森さんがゴールした後も私たちは最後のコーナー付近に並んでランナーに声援を送った。
実際にランナーたちを見ると知らない人でも、がんばれ?と声をかけずにはいられない。
その中で、二人の男性社員が特に素敵な応援で、それを聞いている私までもあったかい気持ちになった。
「ここを曲がってあと100メートル、ハイ、頑張って、もう少しもう少し!」
通る人すべてにそうやって声をかけているのがとても気持ちよかった。

以前に陸上競技部の仕事をしていた時は、応援団のお世話や写真撮影などでゆっくり応援することができなかったので、今回は本当に楽しい応援だった。


DSC_0881s_20091223175737.jpg

表彰式では野口選手がゲストプレゼンターとして出場。
チームメイトや同じ会社のアマチュアランナーが沿道の声援を受けて元気に走っている姿を見て、早く自分も走りたくなった。故障明けということで慎重に練習を再開している野口さんだけど、焦らずじっくり調子を取り戻してもらいたいな。
最後に野口さんも参加して竹森選手やコーチ、マネージャーも一緒に記念撮影。
楽しい一日だった。

スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2009/11/19 (Thu) 衝動買いのチョーカー

店先にディスプレイされていた素朴な皮のチョーカーにひと目惚れ。
思わず衝動買いしてしまった。

中には河原で拾った小石がはいっていて、それを革で包んでいるのだとか。
え? 小石が?

重いんじゃないかと心配したけどつけさせてもらうとまったく重さは気にならない。
茶色の革は厚みがあって素朴な風合い、白いステッチが効いていてこれは手縫いらしい。
中の石ころの形が違うから、ひとつとして同じ形がないらしい。
「なんなら他店から取り寄せますので、その中からお好きなものを選んでもらってもいいですよ。」
そんなことまで言ってくれて、もう心はグラグラ。

H.jpg

私は品定めをしている風を装いつつ、もう買うことは決めていた。
「ニットの上からつけたらよさそうですね。」
「適度にボリュームがあって、コロンとした形も可愛いし、存在感はあるのに“主張し過ぎず”……」
私の好みは店員さんに見透かされていたようで、最後の“主張し過ぎず”はハモってしまった(笑)。

衝動買い、たまには悪くないか(笑)。

5お気に入り | trackback(0) | comment(0) |


2009/11/15 (Sun) 嵐山

もみじ狩りに京都嵐山へ出かけたんやけど紅葉にはまだ少し早かったみたい。
午前中の雨も止んで日が射してくるとほんのりと温かい。寒さを覚悟していただけにありがたかった。
渡月橋まで歩きながら、船越英二や片平なぎさがロケしてないかな?などとキョロキョロしていたけど残念ながらやっていない(笑)。
DSCN1327★s

紅葉は全然だったのですぐに引き返して世界遺産に登録されている天龍寺へ。
駐車場が整備され案内板が設置された境内。世界遺産に登録されているので仕方がないけれど、お寺の荘厳さはあまりしない。
ここは足利尊氏が後醍醐天皇を祀るために建立したお寺ということだけど、お寺というよりは貴族の館のような感じだった。
私には紅葉やお寺の佇まいよりも、滑らかな曲線を描いた手すりなど建物の細かな建築美が印象に残った。

DSCN1303★s  DSCN1306★s


京雑貨や和菓子のお店を散策しているうちにすっかり夕方になり、夜の拝観を受け付けている大覚寺へ。時代劇では必ずでてくるお寺なので行ってみたかった。

寺の中に土産物屋があるのは驚いた。随分と俗っぽいなぁと思いながら順路に従って廊下を歩いているとどこからともなくチーンと鐘の音が鳴り、現れた僧侶の方が観光客が大勢いるところで念仏を唱えだしたのには驚いた。狭い廊下はたちまち塞がれて、追い越すに追い越せず……何となく一緒に手を合わせて念仏が終わるのを待った。

圧巻だったのは大沢池に映った水鏡。
嵯峨御流の総司所ということで、池に渡された桟橋に置かれた生け花がライトアップされ、それが池に映ってとても美しい。
そして、池のほとりを歩いていると突然に目の前に絶景が開けて息をのんだ。
泉鏡花の世界に入り込んだような、この世のものとは思えない美しさ。
朱塗りの塔と緑の木立が水面一杯に映り込んでいる。池の中に竜宮城があるのではないかと思えるような美しさ。遠近感までしっかり感じられ、本当は水深70センチそこそこの池らしいけど、何十メートルも澄んだ水が湛えられているかのように見える。
夜になって冷たさを増してきた空気の中、水鏡に映った夢のような光景に見とれてしまった。

DSCN1376★s  DSCN1379★s


1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2009/11/13 (Fri) 米熱

米米のコンサートのセットリストを調べていたら、「地球からの宇宙偏」で、あのマチコちゃんが歌った名曲「ガラスの月」をやってるではないか?! 
ということで、この1曲を聴きたさに急遽ヤフオクで大阪2日目のチケットをゲット。

チケットは2枚あるので、たまたま目があった友人のAちゃんにダメもとで声をかけたら「行く行くとの返事。いっぺん米米のコンサートに行ってみたかってん」との返事。さらに予習しておきたい。と言うのでセットリストを送り、……せめて「Shake Hip!」くらいは踊りを知っておいてもらおうか……、「愛Knowマジック」を知ってるというからそれも見ておいてもらおうか、……ついでに「KOME KOME WAR」も……などとDVDをセレクトしているうちに徐々に米熱が再燃してきたみたいだ(笑)。


米米の魅力は何といってもメンバーたちがライブで見せる心から楽しんでいる姿。これに尽きる。

そんなライブになるといいな?。

4米俵 | trackback(0) | comment(0) |


2009/11/08 (Sun) Autumn garden 2

kogiku01s_20091115135504.jpg
裏庭に咲いている小菊?



kogiku03s_20091115135452.jpg
裏庭に咲いている小菊?



kogiku02s_20091115135458.jpg
裏庭に咲いている小菊?



kogiku04s.jpg
裏庭に咲いている小菊?



kigiku  battas
小菊とバッタの親子

8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2009/11/08 (Sun) Autumn garden 1

fumei03s.jpg
お向かいの玄関先に植えてある鷺草みたいな可憐な花。




nanten01s.jpg
お隣さんの石垣の下に植えてある南天も赤い実をつけました。



saboten01s.jpg
我が家のサボテン。
イマイチやなあと思っていたらいつのまにか可愛いピンクの花をつけました!


tsubaki02s_20091115134559.jpg
冬間近……
椿の花芽が温かい秋の日差しを浴びています。



yuzu01s_20091115134553.jpg
何かとお世話になっている柚子。
10月終わりごろから徐々に黄色く色づいてきました。


8写真館 | trackback(0) | comment(0) |


2009/11/06 (Fri) 11/4 米米CLUB SUNRICEツアー(宇宙からの地球編)

a K2C ENTRTTAINMENT 2009
KOME KOME CLUB 米米米 -SUNRICE- 
<宇宙からの地球編>
2009年11月4日(水) 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール



チケットを取りながら忘れてたくらいだから呆れる。
夏にチキンジョージへミナコちゃんのライブに行った勢いで抽選申し込んでいたんだった。

それっきり忘れてしまい、日程を知ったのが1週間前。ツアータイトルを知ったのは3日前だった。
アルバムが出ていることも知らなくて、慌ててゲット、付け焼刃で通勤の車の中で予習をした。
かつては予習を怠らず、ツアーコンセプトから曲目を予想して昔のビデオなんぞを見返したりしたものだけど、醒めるとこうなってしまうのねー。

さほど期待もしていなかったけど、国フォに行った友人から「よかったよ」というメールをもらったこともあってフレックスタイムを使って少し早く会社を後にした。


浪漫飛行
We Are Music
MY LOVE


ギリギリで会場へ滑り込む。初めてこのホールに入ったけど重厚なウッディな造りでなかなかいい雰囲気だった。
ツアーロゴがあしらわれた緞帳の中央の切れ目からビーチボール大の地球が客席に差し出されている。
さらにCS石井の声で「広大な宇宙に浮かぶ小さな惑星……地球。この星で僕たちは生きている……」(石井氏の台詞は大体のイメージです)。
地球を手に乗せたまま、するんと一人の男が出てきた?と思ったら、客席から黄色い声。CS石井だった。

アコースティックバージョンでの浪漫飛行を1フレーズ、幕前で歌うと緞帳が上がってそのまま「嗚呼 浪漫飛行」へ。みんな同じ色のポンポン持っていたのはツアーグッズだったらしい。しかも翌日の宇宙編は色違いだとか……(笑)。
BHBとまたろうがいないのが物足りない……。
オープニングの3曲は、当たり障りのないポップス系のため私の耳はスルーしていた。しかし音響はいい会場やね。そしてMC。


MC
Simple Mind
抱きしめたい


MCでは「ひとつになりまひょ?」などとベタベタな関西弁に笑ろた。
4階席まである会場で、3階席と間違えていた石井さんが客席からの声に慌てて階を数え直していたっけ……。各階の仕切りがはっきりせず、少しずつせり上がる造りになっているのが良心的な設計のホールという気がする。

MCの後、「この曲が好きで無理やりねじ込んだ」という「Simple Mind」。さらに「抱きしめたい」
「Simple Mind」はアレンジ前の2much2istバージョンの方が好きだな?。


一人芝居
西宮Bay Side Club
ふりむかないで


CS石井の一人芝居は久々にツボった。
(一人芝居というよりは次の曲の前フリなのかも知れない……。)
関西弁の語尾が上がる感じで、「せつ子?」
昭和の匂いをプンプンさせながらも、携帯履歴から浮気がバレて怒る彼女を必死でなだめようとするストーリーはやっぱり平成?(笑)
「確かに悪かった。そやけど僕の携帯見てもうたアンタも悪いで?」
「(電話帳に)自分の名前が最初に出てけ?へんって? そんなこと言ったって“せつ子”やからしゃーないがな。」
男の開き直りとか、馬鹿ップル的な設定とか、ちょっと昭和な感じとかすべてがツボだった。

やがて、せつ子が海に落ちて、「東京Bay Side Club」ならぬ「西宮Bay Side Club」へ突入?。
「ニシノミヤ ベイサイドクラブ?」と字余りなのを無理やり歌っていたわ(笑)。
「カッコつけても丘サーファー」の歌詞を、「自称プロサーファー(爆)」と歌ってたのもウケた!
続く「ふりむかないで」はニューアルバムからの曲。


演劇 by劇団ふたり

小野ちゃんとミナコちゃんの演劇コーナーは宇宙に浮かぶアパートに住む夫婦の話で、昔NHKで放送された音楽達人倶楽部を思い出させるものがあったな。ただセリフが少しくどい気がした。もう少しこなれてきたら良くなるかも知れない。
個人的には小野ちゃんが虎キチ親爺の設定でタイガースのハッピにメガホンという格好で「今年のプロ野球は全然だったなぁ?」などとぼやくのがツボだった。各地で球団を代えてるのだろうか??


いみじくも君は遠い彼方 海よりも深い恋なの
ショック ショック 大ショック
中央分離帯


着替えを済ませて銀色の円盤を思わせるような衣装になってシューク登場。
宇宙人のように「ワタシタチハ シュークリームシュ デス」と挨拶。
「いみじくも──」は選曲としてはどうなんだろう……。続いて解散コンサートで発表した「ショクショック大ショック」をコケティッシュに歌ったあと、再びミナコちゃんのソロで中央分離帯。横手に中央分離帯のミニセットが出てきて、得ちゃん(?)が中央分離帯に立つ男を演じていた(笑)。


BLUE EARTH MEDLEY
STAY/Child's days memory/Troubled Fish/sure dance/KISSING BLUE/STYLISH WOMAN


ミナコちゃんに代わってCS石井氏登場。
ここから懐かしい米米のメドレー。曲目はどれも私の大好きなものばかりで嬉しかった!
「STAY」はANTIツアー以来かな? 懐かし?。
盛り上がり系というよりはアダルトな雰囲気の曲を集めたお洒落なメドレーやったね。欲を言えば「SO COOL」も欲しかったか?


SUNRICE
かっちょいい!
Primitive Love
スゴクおいしい
嫁津波


JO登場は意外とあっさりな気がした。もう少し引っ張ってもよかったのでは?
しかし、ツアータイトルにもなっている「SUNRICE」はいい!すごくいい! アルバム聞いた時もこの曲がダントツだった。JOのファンク系ナンバーの中でも相当いいんじゃないの? 歌詞が直接過ぎるところだけがどうかと思うけど、底からわきあがってくるような力強さや男性コーラス、姿はないけどホーンセクションがしっかりと効いていて大好きな曲ですわ?。
「嫁津波」でハンカチ登場。これもグッズに入っていたと思われる。買ってなかった私はタオルハンカチで応戦?(笑)

ここからは怒涛のファンクナンバー。「かっちょいい!」もフルコーラス。さらに嬉しかったのは「Primitive Love」これもええ曲やねぇ(嬉涙)。
そしてライブでは初めて聴いたのではないかと思う「スゴクおいしい」。改めて聞くとええやん! 途中で調子が変わって石井さんの歌になるところもいいし、……あとは歌詞さえアレでなければねぇ?(笑)。
友人がこのライブを評価した理由は、小野ちゃんの見せ場がきちんと確立されていたことやったけどツインを織り交ぜこんなに長く小野ちゃんナンバーが続いたのはそうないんじゃない?


MATA(C)TANA
なんですかこれは
Shake Hip!


「MATA(C)TANA」も傑作だと思う。ソロではあり得ない曲でしょうな。
ライブで使う小道具をことごとくグッズにするという商売上手さがニクイ。当然持ってなかったので先ほどのタオルハンカチで代用した。
その熱狂が冷めやらぬ中、金ちゃんが「ワレコカスデンナー」
ずっとキーボードだったのであまり存在感がなかったけど、ここは美味しかった。
「なんでメドレー」かと思いきや「なんですかこれは」のフルコーラス!久しぶり!
メンバーが手に持っていた小道具はインド料理の「ナン」で「ナンですか?これは?」というオチらしい(爆)。ライブ中あちこちでこの小道具が出てきたんやけど、席が遠かったので何を持っているのか分らなかった?。
そしてとどめは「Shake Hip!」と来た?!
JO登場からの展開はお見事?。ボーナスショータイムに期待が高まる……。


(ENCORE)
愛してる


ところが、ボーナスショータイムはなくて通常のアンコールだった。
曲目も「愛してる」ということで、座って休憩していたら、え?……終わり?!?
最初、みんな冗談かと思っていた。ラインナップで挨拶している途中で緞帳が下りてきても大笑いしていたというのに、その後メンバーが幕前に出てきて生声で「どうもありがとう!」と叫んだあたりから、「え! マジで?!」

ということで二日目があるということでセーブされた感は否めない。メンバーの体力も落ちてるしな?(笑)。

ライブの終わり方というのはとっても重要やね。これが不完全だとライブ全体の印象が「イマイチ」ということになってしまう。せめて最後は盛り上がる曲を持ってきて欲しかったな。本編後半の盛り上がりがよかっただけに勿体なかった。

今回は米米にしては珍しくアルバムタイトルとツアータイトルを合わせてきた。
それでアルバムの曲が多く演奏されるのかと思って予習していったけど、ぜんぜんだったので拍子ぬけしてしまった。反面アルバムには満足していなかったからいい意味で裏切られた感じ。

ツアータイトルは「3粒の米」という意味だけど、なぜに「3」だったんだろう?「SUN」だから太陽の意味みもある?
3部構成でもなかったし、何か意味が隠されているのだろうか?
残念ながら未だ分らず……。


4米俵 | trackback(0) | comment(0) |


2009/11/05 (Thu) 【Set List】11/4 米米CLUB SUNRICEツアー(宇宙からの地球編)

a K2C ENTRTTAINMENT 2009
KOME KOME CLUB 米米米 -SUNRICE- 
<宇宙からの地球編>
2009年11月4日(水) 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール


浪漫飛行?嗚呼!浪漫飛行
We Are Music
MY LOVE

MC

Simple Mind
抱きしめたい

一人芝居
西宮 Bay Side Club(東京 Bay Side Club)
ふりむかないで

演劇 by劇団ふたり

いみじくも君は遠い彼方 海よりも深い恋なの
ショック ショック 大ショック
中央分離帯

BLUE EARTH MEDLEY
STAY/Child's days memory/Troubled Fish/sure dance/KISSING BLUE/STYLISH WOMAN

SUNRICE
かっちょいい!
Primitive Love
スゴクおいしい
嫁津波

MATA(C)TANA
なんですかこれは
Shake Hip!

(ENCORE)
愛してる

4米俵 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。