「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/02/21 (Sat) お酒の失敗

これ以上の失敗はないんじゃないか?! というような大きな失敗やったなあ。

わたしの最大の失敗は、部長の家に泊まった事件。そんなん可愛いもんやわ(笑)。

しかし、不思議でならないのはそれだけ泥酔している大臣を、なぜ記者会見の場に出したのか、なぜ誰もストップをかけなかったのか、……。
私にはそっちの方がおかしいと思うわ。
職務怠慢かはたまた陰謀か、……勘ぐればキリがないけれど。。

するとタイミングよく関テレ「ぶったま!」で青山繁春さんがそのことを話題にしてくれた。
フムフム、納得?。
政治記者をしていた青山氏は、偶然の成り行きで大臣が特定の記者と昼食を摂るなんてことはあり得ない。今回の中川さんのスケジュールはすべて財務省から同行した役人が仕切っていた。
役人の重要な任務に大臣の接待があるらしい。
ワインに観光……今回に限ったことではない。
ある国際会議に青山さんが招待され、日本の政治家も一緒に参加。そこで、クリントン元大統領が急きょ参加することになり、青山さんが仲介して政治家とあってもらうべくセッティングしたら、領事館役人が「これから観光があるから」と割って入って、政治家を観光へ連れて行ってしまったという信じられないような話をしていた。そこまで腐ってるんかいな。
財務省を批判する報道がないのは、放送機関も官僚への恐れがあるんだとか。
ため息が出るような情けない話やなぁ。

スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2009/02/12 (Thu) 本命? 逆、義理? いえいえ自分(笑)

年に一度のチョコレート狂想曲。♪明日はワクワク、スペシャルデー 一年一度のチャンス OH darling……♪ 古いアイドル曲を思わず口ずさみなたくなるこの頃。
今年のバレンタインは、「逆チョコ」なる禁じ手(?)を繰り出してきたチョコレート業界。
あの手この手の戦略に、まんまと乗せられて、デパートの特設チョコレート売り場へ今年も出かけていった……。ああ、やっぱり目にしたら買ってしまうわ(笑)。

choco2009 01


今年はバレンタインデーが土曜日ということで、わが職場ではチョコレートを取りやめた。
でも何もないのも味気ないので近所のスーパーで評判の袋入りチョコを大量買いして、ボールに入れてみんなで摘むことにした。近所のおばちゃんが絶賛していたので自信満々で買ってきたんやけど、一口つまんだ某課長が「ん?」という顔をする……。あれ? もしかしてハズレ?

それでも自分用にはちゃっかり美味しいトリュフや生チョコを仕入れてるんやからなー。ま、ダイエットは出来んわ(笑)。

お世話になった人に贈ったのは、レーヴ・ドゥ・ビジューの「王様のチョコレート」
以前にも書いたと思うけど、毎年この時期だけに関西では大丸3店舗でのみ売られるチョコで毎年ここのチョコを買っている。
その中でも一番人気はこの「王様のチョコレート」。現ベルギー国王 アルベルト2世の即位式で、ショコラティエ&パティシエに任命されたヤン・アンデリースとのコラボで、戴冠式で出されたチョコを再現したもの。

choco 2009 04  choco 2009 06 
▲レーヴ・ドゥ・ビジュー「王様のチョコレート」

今年、神戸初登場だというチョコにも手をだした。
ベルギーチョコの「ダスカリデス」。試食したトリュフが何とも言えず爽やかな風味だった。これは女性社員だけで3時に食べよう(笑)。

choco 2009 12  choco 2009 14  
▲ダスカリデスのガナッシュチョコ

今年初めて買ったヴィタメール
右がショコラ・ド・ヴィタメールで左は生チョコタイプの純生ショコラ(ナチュレ・アールグレイの2種類)

choco 2009 08
▲ヴィタメール 「純生ショコラ」「ショコラ・ド・ヴィタメール」

缶の可愛さに手を伸ばしたのはピエールマルコリーニのハートのチョコ。
一昨年は真赤の缶だったけど、今年は淡いピンク。甘酸っぱいフランボワーズ風味のチョコをホワイトチョコでコーティングしハート型に成形したとても可愛らしいチョコだけど、高い……。7個でほぼ3000円とはどうよ(笑)。それでも手を伸ばすとは、すっかりチョコレート屋さんの思うつぼにはまっているな……(苦笑)。

choco 2009 15  choco 2009 16
▲ピエールマルコリーニ「クール フランボワーズ」

しかし、……これだけ買うと写真を撮っただけでもうお腹いっぱいって感じやわ(笑)。




1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2009/02/09 (Mon) カッコいい爺様 白洲次郎

shirasu ticket

週末に大丸神戸店で開催されている「白洲次郎と白洲正子展」を見に行ってきた。それにしても、人の多さにビックリだった。鈴なりというか人が多くて進めないこと(笑)。
白洲次郎は芦屋で生まれたこともあって、人々の関心が深いのかな?
職場でその話をしたら、ご主人が白洲次郎の大ファンという人もいた……。

男前で長伸で英語を自由に操り、言うべきことを堂々と言える……日本国憲法制定に力を尽くした人物。自動車を愛し、ゴルフを愛し、80歳にしてポルシェを乗り回したオイリーボーイ。
私自身、最初は妻の正子さんの方に興味があったんだけど、白洲次郎の人となりを知るほどに、そのカッコいい生き方にすっかり魅せられてしまった。

白洲次郎といえば、吉田茂首相の側近としてGHQと渡り合い、敗戦後の日本でただ一人、NOと言える日本人ということで知られている。
どうやら2月中にNHKでドラマ化されるらしいけど、……毒入りギョーザに油田開発、北朝鮮問題と、首相も外務省もへな猪口外交を繰り返している中で、今なぜ白洲次郎なのか、分かるような気がする。
地位が上がる程に、周囲に気遣いを見せ、公使にきっちりと線を引き、権力に固執せずあっさり表舞台から身を引いた。さらにどんなに地位のある人に対しても、ルール違反を許さない毅然たる態度など、本当にカッコいい人だったんやなぁ。

遺言がまた、彼らしい……。
たった2行、「葬式不要 戒名不用」
今、天国から今の日本をどう見ているのかな?

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2009/02/07 (Sat) 白州正子が愛した 龍屋の「香風」??

石井竜也ファンなら誰でも知ってる、かつて彼が(正確には昔の奥さんが)経営していた和菓子屋 龍屋。(屋号はもちろん、石井竜也の「たつや」から来ている。)そこで販売されていた商品の中に「龍屋の香風」というお香があった。香木の種類は「伽羅」で後に「3種類の香りが入ったものも加わっていたっけ。自然な香りが大変上品で結構いいお値段していた記憶がある……。

kyara.jpg
▲龍屋の香風(伽羅)

それを意外なところで見つけてビックリ。
それは神戸大丸でやっていた「白州次郎と白州正子展」の販売コーナー。
白州正子が愛した滋賀 みのり苑の「香風」というお香。「伽羅(きゃら)」「沈香(じんこう)」「白檀」と3種類の香りとこの3つがセットになったものの合計4種類があった。パッケージも龍屋のものとまったく同じ……。

「香風」というのが元々の商品名で、龍屋のそれは、頭に龍屋をつけ「龍屋の香風」としているようだった。
懐かしさも相まって、持っていなかった「沈香」を購入?。伽羅とは多少違うけど、似ているとも言える(笑)。とても品のいい高貴な香りだった。

jinko.jpg
▲「白洲次郎と白洲正子展」で購入したみのり苑の「香風」(じんこう)

白州正子は執筆の前にお香を焚いていたらしい。
ということで、白州正子を気取って、久々に「伽羅」を焚きながら、これを書いてます(笑)。

4米俵 | trackback(0) | comment(4) |


2009/02/06 (Fri) いよいよデビューか?

朝からお鼻がムズムズ。くしゃみをしたくてたまらない。

もしかして、これはやはり……。

いやそれを言うなら、昨年既にデビューを果たしていたかも知れない。
昨年は風邪からそのままくしゃみが止まらなくなり、その後目が痒くなった。
でも認めたくなくて、風邪だと思いこもうとしてたのだけど。

今年の関西地方の花粉はかなり多いというし、罹ってしまったとしたら嫌やなあ。

でも、これでようやく私も文明人の仲間入りが出来たってことかな…?

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。