「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2007/10/28 (Sun) 天国から来たチャンピオンのパクリ?

読売で土曜日の21時からやっているドラマ「ドリーム・アゲイン」は昔の映画「天国から来たチャンピオン」のパクリですね。

この映画は小さい頃にたまたまテレビの洋画劇場で見て(当時吹き替え版)、すごく心に残っている映画です。
ずっと気になっていたので、昨日、日本シリーズが終わった後にチャンネル合わせて初めてドラマを見たのですが、な?んかガッカリでした。
試合が最高だったから余計ガッカリしてしまったのかな?(笑)

映画ならではのスピーディーさがなくなって、死んだ(ことになってる)選手と天使長との軽妙なやりとりもイマイチだし、反町の演技がわざとらしいのも鼻につく。また原作にはない要素を盛り込んだために、切ないラブロマンスの部分が薄れてしまってる気がする。
リメイクが原作をしのぐことは滅多にないけれど、まさそくそうでした。
しかし、この映画自体が「幽霊紐育を歩く」という映画のリメイクだったのね。今ネットサーフィンして知りました。てことは……、それ以上は考えないでおこう(笑)


<コメント>

投稿者:わっちゃん。

2007/11/19 0:38
「天国から来たチャンピオン」は、貴方の選ぶベスト10を100回やったとしても必ず入るぐらい好きな映画です。

コレをプチパクリしているドラマは数知れず。ていうか、ストーリーを読んだだけで見る気はしないね。

元ネタがあったとしても、良くできた映画は時々あるよ。テレビのほうが良いっていうのは1万分の1ぐらいかも。


投稿者:つき

2007/11/23 12:11
>コレをプチパクリしているドラマは数知れず。

そうなんや。知らんかったわ?。
この時見て以来、ドラマはまったく見てない。。ストーリーもやけどキャストも問題ありやね。

スポンサーサイト

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/27 (Sat) 永ちゃん信者の運転手

昨日乗ったタクシーの運転手が永ちゃんファンでした。
2台後ろに待機していたタクシーの運転手が外に出て尺八の練習をしているところから話しが始まり、カラオケの話になり、そうこうしているうちに運転手が「音楽と名のつくものはサッパリやねぇ、永ちゃんのコンサートに行くくらいかな……」

若いころに”ヤンチャ”していた面影はまったくない運転手さんが、永ちゃんのコンサートに行くと16、17の頃に戻れるんだとか。
今でも昔の友達10人くらいで、毎年永ちゃんが神戸でコンサートをするときに全国に散らばっている仲間が集まるのだとか。
今年は12月の初めに神戸国際会館でコンサートがあって、それが楽しみだと、本当にうれしそうに話してはりました。

コンサートを口実に毎年1回、今でも昔の仲間がブイブイいわしてるなんて、いいな。
タオルも毎回2枚ずつ買っていて、1枚は保存用で袋からも出さずに大切にしまってるんだそうです。
運転手さんはもうかなりいい年頃に見えたけど、「やっぱり僕らにとっては、永ちゃんは神様やからねー」と、話すのを聞いて、微笑ましい気持ちになりました。

ずっと同じスタイル(もちろん変化もあるでしょうが)を貫いて、音楽活動を続けている永ちゃんと、それをとりまくファンの心温まる関わりを思うと、アーティストってすごいなぁと改めて思いました。

米は、どうだろう……? と考えながら車を降りて家に帰ると、たまたまテレビに米米が出てました。石井氏の横に、ボンではなく得ちゃんが座っていたので、おお?っと思った。豆男、ただいま売り出し中ですね(笑)
ロン毛の石井氏はなるべく見ないようにしましたね。

ソロとバンドの違いを感じる。永ちゃんもかつてはキャロルというバンドをやっていたけど、ソロになって今の地位を築いてきた。米米は、ソロとしての活動に重きを置く石井氏を看板としている。
これだけ多くのメンバーがいるバンドが長く第一線で続けるのは限界があるわなぁ。
それが、解散を撤廃して同窓会的に活動を続けていけることになったのは、お互いにとって幸せなことかも知れない。
しかしそうなったらなったで、うまいことファンに夢を見させてもたいたいもんだわ。

テレビでは、当然ながらファンが望むコアな曲はなく、かつての大ヒット曲をやってましたが、その瞬間思わずチャンネルを変えてしまいました(笑)。
しばらくして再びチャンネルを戻すと、今度は浪漫飛行……すぐにチャンネルを変えようとしたけど、リモコンの手をストップして、メンバーの表情を見てました。
ミナコちゃん、ええ表情やなぁ?とか、マリちゃん、いつまでもきれいやなぁ……とか、またろう、スリムになったなぁとか、金ちゃん、渋みが増したなぁ……とか。
やっぱりセンターの人物はなるべく見ないようにしていた(爆)。だって、ソーりーでもない曲でヒゲとか描かれた日にゃぁもう……(笑)「アンタ、もう前に来んといて」だわさ。

かつてあんなに熱狂的だった米米、今ではテレビを見ても嬉しさ懐かしさと「うわぁ?えらいもん見てもうた」、という「引き」が同居する複雑な気持になってますな。
若かりし頃はその胡散臭さがよかったけれど、不意打ちであの画面見せられると、思わずチャンネル換えそうになる。
石井発言が引っ掛かって何をやっても気に入らないのかも知れないけど、永ちゃん信者の運転手さんのようなわけには行かないのがちょっぴり残念?。


<コメント>

投稿者:わっちゃん。

2007/11/1 13:03
エーちゃん・Aちゃん
やっぱ永ちゃんと書かないと、別人のようだわ。
7年位前に長野で見たとき、前の方やってんけど「タオル投げの曲」で後ろ?2階を振り返ってみたら、最高にオモロかったで。
みんな投げよるんよ、タオル
2千人以上の永ちゃんがニッコニッコしてた。
そして、終演後のエントランスはまるでソックリさん大会!!!

良いもの見せていただきました(苦笑)

米のテレビはまったく知らんかったわ。
ライブに後に出てたのか?
ま、知ってても見ない可能盛大だけども・・・

最近見てるの舞台中継と野球とサッカーぐらいやわ。偏ってんなぁ??


投稿者:つき

2007/11/2 22:19
へえ??2000人のタオル投げ、壮観やろな?(^O^)

永ちゃんファンのオトコってカワイイ(笑)


テレビは中川祥子と対談してたよ。
でも歌ったのは多分米だけ。
対談の内容、細かいことは忘れたけど、石が米を語ると素直には聞けなかったわ?。


過剰反応しとるかな。
でも、むかつくもんはしょうがないのだ。
そして反応する自分にも腹が立つ(笑)。

4米俵 | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/27 (Sat) いじめ体質

ボクシング界を騒がせた亀田家の騒動は長男興毅の謝罪会見で、収束しそうだ。
しかし、ボクシングファンは怒るかも知れないけど、騒ぎすぎのような気がしてならない。

やれ、謝れだの、謝り方が悪いだの、もう一度謝れだの、マスコミの報道の仕方を見てるといじめに見えてしょうがない。

私は亀田家は大嫌いで、毎回不愉快な思いで見ているし、反則して負けて非難されていることに何の同情もしないけれど、今まで持ち上げるだけ持ち上げておいて、手のひらを返したようなマスコミの取り扱いにも腹が立つ。

結局日本は陰険ないじめ体質の国なんだなぁと思う。
大人の社会がこうなんだから、学校からいじめがなくならないのは仕方がない。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/24 (Wed) 神戸での大会

地元神戸で行われた神戸女子選抜長距離大会(10/13sat.)に、うちのチームから3名の選手が出場しました。
兵庫リレーカーニバルも行われる、ユニバー記念競技場が会場で、すぐとなりにはオリックスの2つある本拠地のうちの1つ、スカイマークスタジアムがあります。

土曜日の夕食時ということで、どれだけ応援に来てくれるか心配していましたが、いつもの常連+αで応援することができました。

サブグラウンドに着くと、ワコールの福士加代子選手や、ノーリツの小崎まり選手など大物選手がいてテレビカメラが選手たちを追っている。
さらに、もくもくとアップする仙台育英の絹川愛選手も初めて生で見ました。

うちの選手たちもサブグラウンドでアップをしていたので、その様子を追っていた。
しばらく走ったあと、コーチのところへ駆け寄って、「すいません、勝手にアップ始めました」とペコリと頭を下げる選手たち。
アップくらいは自分たちで始めたって別に構わないだろうと、私なんかは思うのですが、それを丁寧に謝る選手の姿がとても初々しかった。
選手たちの礼儀、マナーというのは本当にすがすがしくて、グラウンドに入る時に一礼を欠かさないし、挨拶の声も大きい。
そんな様子を見ると、一般の職場ではできてないことが多いなぁと思う。

17:00頃にスタンドへ移動。すごく寒い。
5000m4組では仙台育英の絹川選手が足首を痛めて転倒し、びっくりしました。
日本選手権、国体と主要な大会に出続けてきただけに疲れがあったのだろうか。
高校生記録を狙ってのレースだったのですが、残念でした。

うちのチームは3名とも自己新記録を達成し、寒さも吹き飛びました。
10000mでは31秒台の好記録で、駆け付けた親御さんも喜ばれていました。
最後は、人気のいなくなった競技場メインスタンドで記念撮影をして帰ってきました。
実業団の応援はウィンドブレーカーなど統一して統制のとれた応援をするのが多いのですが、思い思いに自由に応援している雰囲気の方が好感が持てると思うのは手前味噌かな??

この大会、14:00にスタートして終わるのは19:30頃になるのだけど、競技場が山間にあり、10月半ばともなれば日が落ちるとその寒さたるや相当なものになります。
せめて、午前中に初めて16:00頃に終わるようにすればみんな足を運びやすいのにな。。

帰りに監督に挨拶するため、1Fの関係者用の控え室へ向かう時、ABCの清水次郎アナウンサーとすれ違った。
スカイAスポーツ+で放送するらしいから、実況に来ていたようです。
この日、セリーグのクライマックスシリーズが行われていたのですが(虎は大敗)、てっきりそっちの放送をしているのかと思ってました。
大先輩の道上アナが息子のように話している次郎ちゃん、近くでみたら男前でした(笑)。
彼も筋金入りの虎キチなので、内心ナゴヤドームの経過が気になっていただろうな。

ともあれ、陸上の方は好結果でよかった。

2スポーツ | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/21 (Sun) テンション上ってます

東京国際女子マラソン(11月18日)まで一か月弱。
決戦の時が近づき、何かと慌ただしい。

先日、陸上部事務所へ行ってきて、応援場所などの打ち合わせをしてきた。
応援計画も二転三転、バスツアーが取りやめになり、旅費の会社補助がカットされたと思ったら今度は往復会社持ちということになったり……なんせ初めてなのでどういう規模で応援していいものか、まったくわからず右往左往している状態。

応援用のユニフォームと帽子、旗などは何とか間に合いそう。
サンプルを試着したりしているうちに、心はすっかり東京国際女子マラソンに向かっている。
ブルー基調で虎の天敵、ドラゴンズのカラーに近いのが悩みの種だったけど、そこに黄色を入れることでドラゴンズ的になるのを回避した(笑)。
完全に私の趣味ですな……(苦笑)

さて、明日からまた東京国際へ向けた戦いが始まる。


<コメント>
投稿者:ブルーベリー

2007/10/22 13:49
お久しぶりでした。
直メで東京国際女子マラソンの日程を
お聞きしようと思っておりました!

お仕事ということでいろいろと大変でしょうが?もしお会いできるようでしたら?
私も応援に参上したいです!!!
ちょうど予定も入っていないので?
生お月様にオメモジできましたら?いいな♪

また連絡しますね。

PS
いっぱいの日記の更新ありがとうね。
私もソロソロ日記また公開しようかなぁ?笑
名古屋の友人さんは私もお会いしたことが
ある方でしょうか?
お元気でいらっしゃることと思います。
生田神社・・・にそうかなぁ?と。



投稿者:つき

2007/10/23 0:04
応援来てくれるの? それはとっても嬉しいわ。
でも、私は当日どうなるかまったくわからないんよ。おそらく会えないと思う。
何となく、国立競技場に張り付いて、社長はじめ役員のお世話係になりそうな予感……
本当は沿道、それも39キロ?40キロ地点の応援をしたいんだけどなぁ。。。

名古屋の友ですが、なかなか鋭いですね。
はい、ご想像の方です。

2スポーツ | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/08 (Mon) 再々感激祭 大阪2日目(米米CLUB)

友人に誘われて、大阪2日目に参加。
テンション下がり切ってることもあって、当初は私が隣になるのは友人に申し訳なく断っていたけど、熱心に誘ってくれるので「それじゃあ」とチケットを頼むことに。

コンサート直前になって仕事が忙しくなり、参加が危ぶまれまたけど何とか回避。
しかし、当日は打ち合わせで遅刻し、3曲遅れで会場に辿り着いた。

コンサートが近づいても相変わらずの発言は続いていて、石井氏に対する嫌悪感は絶好調に達している私は、まず、彼の髪型に軽いめまい……(笑)。
ツンツン髪が好きな友人にもさぞや不評だろうと思いきや、これが以外とOKだった。ピシっと横をまとめているのと、髭がないからいいのだという。

コンサートは2部構成で、1部はコントも交えた変態オカマショー形式で、2部はオーソドックスな米米のステージだった。1部と2部の間には約15分の休憩があるのが笑える。しかも、演奏がプツっと切れて、「……じゃ、今から休憩」てな感じで唐突に一部が終わるのも”らしい”演出でやね。

あれほど好きだった石井氏の独り芝居のコーナー。
今回はバグスを相手に、下ネタ炸裂の内容だったけど、一旦石井氏にさめてしまうと、これが笑えねーー(爆)。バグスがなぜ参加しているのかも分らねー。
出っ歯の被り物に品の悪いギャグ、間延びしたセリフ、くどい演出と見てるのがしんどい内容だった。
下ネタほど品性が必要だと思う。下世話な中にも単なるお下劣な変態ショーになり下がらない、ギリギリのところで踏みとどまる微妙なバランス感覚が必要だと。風刺やその時々の社会問題やペーソスや粋とでも言おうか……。
でも、今回、私にはそれが感じられなかった。愛がなくなったからそう感じただけなのかも知れないけれど。
あとは、テンポが悪かった。オチもイマイチだったし、大阪だから吉本並に、石井がバグスに突き飛ばされたりしてもよかったかも知れない。

それはさて置き、一部で小野ちゃんがJUNKOママとして登場したもんだから、こんがらかってしまった(笑)。
昨年の再開感激祭から感じていたけど小野ちゃんすごくよくなったね。JUNKOママには己を捨て切った迫力を感じた(笑)。

私が一番うれしかったのは2部の小野ちゃん登場のシーンから。
その前に、得ちゃんがさんざん「豆」といじられてたのもよかった。
小野ちゃんの威風堂々たる登場シーンには「微熱少年」がよく似合う。
今回もイントロに狂喜?。ただ、フルではなかったのがちょっと残念。
さらに「かっちょいい!」のイントロに発狂したら、これも肩透かし……チクショー(笑)。
それでも、小野ちゃんとメンバーが入り乱れるFUNKチューンはお米でしか味わえないもんね。音を楽しむと書いて音楽と言うけれど、米米のメンバーの本当に楽しそうな様子に人柄までにじみ出て、宝物だなと思えた。
演奏していた「セックスマシーン」は、恥ずかしながら本家本元のジェームス・ブラウンなのかパロディなのかよく分らなかったけどすごくよかった。
「この宇宙で」も小野ちゃんらしい。スケールの大きさと小ささが同居しているところがたまりませんな。

それと、後半だったろうか、マタロウ師匠とマリちゃんのパーカッション共演が見れたり、リョーちゃんとマタロウの乱れ打ちも良かった。

石井氏のバラード「ひとりじゃないだろう」は素晴らしい曲だった。
自分への応援歌でもあるだろし、仲間への思いを込めたのかも知れない。
ネット上での発言と重ね合わせても、ちょっと意味深長だった。


全体を通してみると、どういう経緯で企画されたのかわからないけど、昨年のマエ編、アト編と比べるとコンセプトがはっきりせず、なぜ「ホントの祭り」なんだか良くわからなかったのはちょっと残念。
ただ、もともと多くを期待せずに臨んだコンサートで、1年ぶりにまた大騒ぎできたことが何より楽しかった。まさか、再結成して一年後にまたコンサートが実現するとは思わなかったもんね。
コンサートが終わってから、アルバムを聴いたけど、米っていいな?と思う。
石井発言のどこまでが本心でどこまでが強がりかわからないけれど、「米」では自分表現ができないというのは間違いじゃないのと言いたい。
異端児を許し包みこむ米の大らかさは凄いなと、改めて思った。


<コメント>

投稿者:わっちゃん。

2007/10/12 12:50
≫なぜ「ホントの祭り」なんだか

見終わって(代々木2日目)感じたこと。
「ホントの祭り」とは、去年みたいにデッカイスポンサーが居なかったことで、少なくともライブの宛名は見に来てくれていたファンになったかも、と思ったよ。
去年は久しぶりブリを除いても、誰の為にやってるんか解らんかったもん。

米はFUNKよのほぉーー
スッゴイ盛り上がったよ、小野ちゃんのコーナー。
ギャラのもらえないメンバー席だったんで、JOの後ろへ下がって両手でマイク持つカール君の姿がご馳走でしたわ。
「OPERA BLUE」の頃からのJOコーナーがシラケる感じが無くてホンマに良かったし、嬉しかった。
神棚に乗ったJOのご利益で、もう一歩ゴーファンク!になって欲しいもんだす。



投稿者:つき

2007/10/13 22:32
ふ?む、なるほど。
あたしゃ、付け焼刃で企画したコンサートのように思えたんやけど、スポンサーのことは全然気づかんかったわ。

>米はFUNKよのほぉーー
そう思っていいよねーー。あたしゃ体にしみついとったわ。
OH! MY GOT のメロディがかかっただけで、スイッチ入るしなー(笑)。

セックスマシーンは、ファンクの帝王ジェームスブラウンへの敬意の表れ、そして米米の原点がファンクなんだってことのメッセージだったのかしらん^^

>もう一歩ゴーファンク!
うん、うん、もう一歩でも二歩でも三歩でもええよん。
晴晴新人類とか大人物も聞きたいな^^

>ギャラのもらえないメンバー席
お!なんとオイシイ!




4米俵 | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/06 (Sat) やっと秋が

今日は高松へ行ってきた。四国電力記録会に3名の選手が出場。
今年入社してきた新人も半年たって顔つきが変わってきた感じ。

そんな様子を見ながら広報用の写真をとっていると、横には子供たちが暴れまわっていて長閑な光景やわ。
競技場横には彼岸花。ついこの間まで真夏のような暑さだったのに、ちょっと涼しくなるとちゃんと顔を出すのだから、えらいもやねえ。
子どもたちは、私の横へ嵐のような勢いでやってきて、つぼみの状態の彼岸花をあっというまにむしり取ってしまった(笑)。
あ?あ……(笑)

子供たちはまったく罪がない。怪獣のようなはしゃぎぶりだった。


higanbana.jpg

2スポーツ | trackback(0) | comment(0) |


2007/10/01 (Mon) 初めての一面!!

昨日、甲子園で生まれて初めて新聞社の取材を受けた。
シーズンオフに改装に入る甲子園球場。昨夜は改装前の甲子園の最後のゲームだった。
新しい内野シートの席が展示されてるコーナーで友人と遊んでいたところ、某四大紙の一つの若い記者から呼び止められた。
名前に住所に……とすらすら答えていて、年齢を聞かれた時に思わず「18歳」と言ったら、私よりはるかに若い記者が「それはちょっと言いすぎ」と非情に突っ込まれた(フンッ)

でも載らないだろうとたかをくくってたし、載ってもせいぜい地方のページだろうと思ったら、まさかの一面だったのでビックリ!

日曜日の朝刊で、親戚から電話はくるわ、知り合いからメールはくるわ。
「一面なんてよっぽどいいことか悪いことしないとあり得ないね」と、ちょっとした事件だった^^

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。