「よもやま日記」//身の回り出来事や心に浮かんだ独り言、お気に入りのもの、日常の風景を切り取った写真などなど、思いつくままに書いてます。

--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/07/17 (Mon) プロ野球が正念場に差し掛かってきた

阪神対中日の首位攻防戦は、タイガースの2勝1負。
昨夜は悔しい負けでした。しかし、川上憲伸と山本昌から白星を勝ち取ったのは大きい。
あとはここまで全く勝ててない中田だけ。
ここを打ち崩せないと後半戦の展望が見えてきませんがな。
あと一歩やったんや??、くぅぅぅ。

2月のキャンプインから、オープン戦突入そしてペナントレース開幕、交流戦とあっという間に折り返し地点に到達して、いよいよ厳しい正念場。
ただでさえ月日のたつのが早いと思ってるのに、野球が始まるとホンマに早い?。あっという間に9月になりそうや。
ここまで、苦しい戦力で何とか優勝戦線に残っているタイガース、一方のドラゴンズは本当に強敵。これから胃がキリキリするゲームの連続になるんだろうな?。

そして、今日からジャイアンツ戦。
オールスター前の9連戦の最後は、伝統の一戦締めか。
劇的なゲームで連勝しているジャイアンツに対して、ドラ戦でヘトヘトに疲れているであろうタイガースがどこまで自分たちの戦いが出来るか。。

今日は朝から梅雨末期を思わせる雨が降り続いている。
果たして、ゲームが出来るかどうか……? 先発福原だからどうしてもやりたいところなんやけどな。
でも、たとえ中止だったとしてもこの雨が昨日の負けを洗い流してくれるといいな。

スポンサーサイト

2スポーツ | trackback(0) | comment(0) |


2006/07/16 (Sun) ウソのようなホントの話

うちの会社の社員で実際にやっちゃった話……。
同期入社同士で結婚したO田くんとH田さん(仮名)、結婚届だすときに間違って、花婿の姓を花嫁の姓に変えてしまった!

こんな話聞いたことないよ?。

花婿のO田君は寮に入ってたんやけど、その時結婚の準備のため賃貸を契約中だった。
ところが、住民票を出そうと思ったら、花嫁の姓になっているから受け付けてもらえない(爆)。
どんなに事情を説明しても、元の名前に変えてからでないと受け付けられない……ということで、断られてしまう。そら、不動産会社の人も怪しんだんやろう(笑)

で、このまま寮に住まわせて欲しいとお願いしてきたことでコトが発覚(笑)。

折りしも年末調整の時期で、会社で登録している名前を変えないと、年末調整の書類が作成できないとうことで、O田くんは一瞬だけH田さんになり、また数週間後にO田くんに戻る……ということになった。

年が明け、家庭裁判所でやっとO田君に戻ることが認められ、晴れて本来の名前に戻ることができたO田君だったが……

そして1ヶ月たった。仕事がきつくて、残業続き。このままでは持たないということで退職を願い出ることになった。
上司にも話をし、部長まで話が通り、受理され、同期のみんなに退職の挨拶メールを送った30分後に、奥さんのオメデタがわかる。

ガビーーーン、それじゃ子供のためにプー太郎なんかできへんやん!(爆)
ということで、慌てて退職願を取り下げ……。
かなり激動の1年間を送ったらしい。

先日、残業しながら、彼の話題になり、夜中だということと疲れていたということで大いに盛り上がりました。


籍を入れようとされてるみなさん、どうかお気をつけて(爆)

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


2006/07/02 (Sun) 悲しい知らせ

一緒に苦楽を共にして仕事した仲間、O君が、今、塩尻(長野県)にいる。
私より2つ下で奥さんは私と同い年。
とてもステキな奥さんで、私たちがキャンプに行くときには、いつも奥さんが手作りのおにぎりを人数分作ってくれた。
一緒にバーベキューに行ったこともあって、気さくで飾り気のない、人を包み込む温かさのある人だった。

その奥さんが、突然亡くなられた。
悲報が飛び込んできたのは28日。友達と一緒にいるときに具合が悪くなり病院へ運ばれそのまま息を引き取られたとのこと。

福利厚生担当のため、仕事とプライベートでその日はバタバタだった。

夫婦ともに、大阪出身。すごく仲がよかった。
食べることが大好きで、お酒も大好きで、仲のいい友達みたいな夫婦だっただけに、O君がどれほど辛いことか……。

昨日、少し落ち着いた頃かな?と思って電話してみた。
感情をグッと堪えてしっかりとした声。
逆に私の方が涙声になってしまいましたわ。

私が「奥さんはきっと、幸せだったと思うよ。」と言うと、
「友達もみんなそう言ってくれるんよ。僕もそう思ってるしそれだけは自信がある。」
なかなか言えない言葉やな。
奥さんは身体が弱いところがあって、そのためかどうか分らないけど、二人の時間をしっかり大切にしていたO君夫婦。O君の言葉を聞いて、逆に私が救われたよう気がした。

1日記 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

ブログ内検索

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

つき

Author:つき
普段は虎を肴に大好きなお酒を楽しむオヤジ系。かつては米(米米CLUB)を追いかけ、今でもコンサートには顔を出す。さらに歌舞伎や時代劇を愛し、手ぬぐいをコレクションし、和菓子屋やスイーツにも目がない。茶道をちょっとだけかじり、日本文化のキーワードには反応してしまう。身体を動かすことは得意でないけど、タイガースと職場の陸上チームを応援してます。

FC2カウンター

お断り

ブログ内容にそぐわないコメント、トラックバックについて管理者独自の判断で削除させていただく場合がございます。またその場合予告や説明等は行いませんのでご了承下さい。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。